あなたと、地獄の果てまでも~大和市・連続主婦強盗殺害事件②~

庄子のそれまで

庄子幸一は昭和二九年一〇月に生まれ、両親と弟と四人で川崎市を中心に生活してきた。
父親は感情の起伏が激しく、家族は父親の顔色をうかがいながらの緊張した中で生活し、庄子も時に暴力を振るわれるなどして育った。中学二年の時に両親は離婚。母親に引き取られたものの、中途半端な時期の転校となったこともあり、中学へはほとんど通わなかった。この頃は附田(つくだ)姓であった。
中学を卒業した後、電気店などに就職はしたものの長くは続かず、怠惰な日々を送っていた。そんな中、庄子は次第に犯罪に手を染め始める。

最初は窃盗だった。しかし犯罪行為はエスカレートの一途をたどり、放火事件を起こして中等少年院へ。退院後も素行が改まることはなく、昭和五〇年に懲役五年の実刑を受ける。
その後、三年足らずで仮釈放となったものの、住居侵入、窃盗、強盗、強姦などの重罪を積み重ね、仮出所から一年もたたない昭和五三年一一月、懲役八年の実刑となった。
昭和六一年の暮れ、出所した庄子は母親のもとに身を寄せた。その際、離婚した父親が「庄子」の姓を継がせたいと希望していたことなどから庄子幸一に戻った。

昭和六二年の秋、母親とその内縁の夫、そしてその二人の間にできていた子供と埼玉県春日部市に引っ越し、きちんとした会社に一旦は就職した。
しかし半年で辞め、またもや以前のような無為徒食の日々を送るようになる。その後、母親らが川崎市へ戻ってからはひとり春日部市内に残ったものの、出所後間もなくから犯した罪(強盗強姦未遂、窃盗、強盗致傷など)で逮捕され、懲役九年の判決を受けた。
次に出所したのは平成一〇年七月のことである。

このように、庄子の人生は、少年院なども含めるとこの時点で人生の多くの時間を塀の中で暮らしていたことになる。
殺人こそ犯していないとはいえ、同じような犯罪を何度も繰り返すあたり、刑罰をもってしても矯正、更生には程遠いと言わざるを得ない男だった。

平成一〇年に出所した後は、東京都内で経理関係の仕事に就きはしたがここもすぐ辞め、当時横浜市瀬谷区に住んでいた母親の近くに住居を構えていた。
時折、近隣の県へ働きに行くなどしたともいうが、横浜市瀬谷区内のアパートを母親に借りさせ、生活費なども頼りながら怠惰なその日ぐらしが主であった。

そして平成一二年四月、大和市鶴間のスナックに行った際、ホステスをしていた章代と出会うこととなる。
(残り文字数:15,812文字)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です