🔓小心者~三島市・短大生暴行焼殺事件②~

逮捕

警察では犯行現場から、「土地勘のある人間の犯行」とみて聞き込みに力を入れていた。
そんな中、不審者、夜間徘徊者リストに名前があった服部の、当夜の目撃情報に目を付けた。
事件後には三月と六月の二度、大規模な検問なども実施されていたが、この時に服部の事件関与は全く浮かんでいなかった。
というのも、服部は事件の直後にひき逃げ事件を起こしており、二月末に出頭して逮捕されていたのだ。

警察では住民らの協力の下、不審者リストを作り上げ、現場の地理に詳しいもの、住民目線で見て不審者、あるいは犯罪の臭いがする人物などを調べていった。
その一人一人のアリバイ、素行調査、証拠資料との照合などを地道に行う日々が続く中、不審者リストにある服部のDNAと、現場に残されたDNAが一致したのだ。
もし、住民らの協力がなかったら、おそらく服部は重要人物とみなされなかった。しかも本人は別の事件ではあるものの、自ら出頭して罪を認め、実刑判決を受けていたのだから。

DNAというゆるぎない証拠があったものの、当初服部は全面否認だった。
「コンビニでナンパしたが、家に帰した」
服部の当初の供述はこうだった。
警察も、DNAが現場にあったということから、佐知子さんと最後に接触した人物の可能性が強い、ということは言えても、殺人を犯した張本人とは言い切れなかった。
とりあえず逮捕監禁と強盗の罪で逮捕したものの、本人の口から供述を得られたのは逮捕から一週間後、佐知子さんの自転車を遺棄した場所を自白し、その後殺害を認めることとなった。

【有料部分 目次】
無期は嫌
死刑になると思ってなかった弁護人
ふてぶてしさの反面
小心者

「🔓小心者~三島市・短大生暴行焼殺事件②~」への2件のフィードバック

  1. 生きたまま灯油やガソリンをかけて放火したのは
    この事件と、あとは川村幸也・旧姓野村哲也の事件くらいしか
    すぐには出てこないのですが、とにかくひどいとしか…

    1. oko_kさま
      ご購入いただきありがとうございます。

      そうですね、有名な事件で言うと、その2件でしょうか…家に放火したとか、そういうことではなく「殺害の手段」がこれですからね。
      この事件が、判例として「殺害方法が殊更残虐」ということで死刑になりうるとした例かな、と思います。それについては、文中にある通り、一審の福島弁護士も言及されてますね

      細かく見れば、死刑案件ではなくても殺害方法としての「焼殺」は沢山あるんです。
      「一人で死ねは暴言か」の記事でも取り上げてるのですが、群馬で起きた女性殺害事件、三島の事件のように被害者一人、殺害方法はガソリンをかけた上での生きたまま、意識のある状態での焼殺でした。
      しかしこちらは懲役10年。加害者も大やけどを負っていたことや、一応無理心中図ったっぽい、あと、遺族と和解してるということでこうなったようですが、三島の事件より前なので、今後は焼殺という殺害方法は死刑になりうる行為だと言えます。

      もしそうなっていくなら、服部純也の死刑には大きな意味があったと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です