殺人の家~柏市・一家4人撲殺事件~

ネギ畑とナシ園が広がるのどかな郊外。
神社の周辺には公園があり、散歩する高齢者や畑仕事に精を出す人々の平和な日常があった。

その一帯の中で、異様な一角があった。
ぱっと見でも、大きく立派な家屋がそこにはあったことがわかる。しかし今、その家屋は焼け落ち、かつてここで暮らした人々も、たった一人を除いてこの世に存在していない。

ここには、つい先日まで一家5人が仲良く暮らしていた、と思われていた。
互いの名を呼ばずとも通じ合える老夫婦、中学教師と看護師という、申し分のない長男夫婦。そして、おじいちゃんのことが大好きな幼稚園に通うかわいらしい娘……

平成20年6月24日朝、家族の幸せな日常は突然終わりを告げる。

その一家を葬ったのは、家族の中の一人だった。

その朝

いつもと変わらない朝だった。台所では妻が朝餉の支度をし、離れの2階ではそろそろ息子夫婦が起きだしてくるころだ。
台所を通り過ぎようとした時、妻が気配に気づいたのか、したくする手をいったん止めた。「おはよう」の声を期待した男だったが、妻は男の気配を認めると、そのまま何も言わずに朝餉の支度を再開した。

男はいったん台所を通り過ぎ、家の外の物置に入って再び戻ってきた。
その手には、全長80センチ、重さ3キロの大ハンマーが握られていた。

****

「おい、起きろ、ばあさんが倒れた。」

寝ぼけ眼の長男夫婦は、父の言葉で起きだした。
「なに、どういうこと、母さん大丈夫なの?」
慌てて長男が階段を降り、母親のいる台所へと向かう。たしかにそこには、母親が倒れている姿があった。
駆け寄る長男の背後に、男は静かに立った。

「お義父さん、どうしたの?パパは?」

長男に続いて、心配した長男の妻も二階から降りてきた。
「パパの様子が変なんだ」

「何か大きな音しなかった?」
訝る長男の妻は、視線の先に倒れている「誰か」を認めた。
そこでどんな会話があったのか。
そして長男の妻は崩れ落ちるように、夫の足元に倒れこんだ。

男は最後の仕上げに取り掛からなくてはならなかった。
幼稚園に通うかわいい孫娘。その孫娘の成長を楽しみにもしていた。
しかし、この「殺人の家」で孫娘を一人残すわけには、いかなかった。

愛くるしい顔ですやすやと眠る孫娘に、男は躊躇った。
ゴツッという手ごたえはあったが、躊躇いからなかなか成し遂げられなかった。

男はその後、妻と長男夫婦の元へ戻り、とどめを刺した。
家族の顔は、もう原形をとどめてはいなかった。

事件

平成21年6月24日、千葉県柏市鷲野谷の無職男性方から、「人を殺しちゃったんだよ。家族全員。4かな。5人かな。」「原因は分かんないぞ」という通報があった。
署員が駆け付けると、民家の中で成人の男女3人の遺体が発見された。そして、離れの2階からは、まだ幼い女児と思われる遺体も発見された。

いずれの遺体も、頭部が激しく損傷しており、顔面は判別不能の状態。

そしてもう一人、高齢の男性が家の中から発見されたが、意識がもうろうとした状態にあったことから救急搬送される。
この家でいったい何が起きたのか。唯一生存している男性の回復が待たれた。

そして数時間後、病院で意識を取り戻した男性の口から、
「死にたかったのに死にはぐった(死にそびれた)」
という言葉が出たことで、この男性が家族らを殺害したと断定、逮捕となった。

逮捕されたのはこの民家の主で無職の木内芳雄(当時77歳)。殺害されていたのは、芳雄の妻で無職のとき子さん(当時75歳)、芳雄ととき子さんの長男で中学教師の茂さん(当時49歳)、茂さんの妻で看護師のみゆきさん(当時44歳)、そして茂さん夫婦の一人娘で幼稚園児の麻奈美ちゃん(当時4歳)と判明。
4人の死因は、とき子さんが脳損傷、残る3人は脳挫滅だった。

芳雄の供述から、まず朝餉の支度をしていたとき子さんを立った状態のままでハンマーで殴りつけ、長男夫婦はそれぞれ背後から、そして麻奈美ちゃんは前頭部を拭く数回殴ったとわかった。傷の状況とも一致していた。

近隣の人々からは信じられないと言った話ばかりで、3世代同居の何の問題もない家族であると誰もが口を揃えた。
木内家は芳雄をはじめ公務員の家庭であり、また土地持ちとしても知られていた。そのため、経済的には余裕のある家庭だったという。
加えて、長男夫婦が敷地内で同居しており、嫁姑の仲も嫁のみゆきさんが外に仕事を持っていることで顔を突き合わせる必要もなく、悪くなりようもなかった。

芳雄は散歩の途中で近所の人らに大きな声で挨拶するような気さくな人柄で、農作業を妻のとき子さんとともに励み、芳雄の運転で夫婦がドライブに出かける様子も見られていた。誰が見ても、定年後の悠々自適とも言える生活を謳歌していたようだったという。
家族の中では孫娘の麻奈美ちゃんをことのほか可愛がり、麻奈美ちゃんもこの「じいじ」の部屋に頻繁に遊びに行くなど、慕っている様子だったという。

長男の茂さん夫婦も、娘の幼稚園の行事には欠かさず夫婦で訪れ、時には芳雄やとき子さんも同行するなど、家族全体を見てもトラブルや諍いの影は周囲には全くわからなかったようだ。

しかし現実には、事件は起きた。
それも、大きなハンマーで頭部を何度も殴りつけるという、確固たる殺意と怒りのようなものが見えた。
芳雄は逮捕後の調べで、「これまでに3度、殺意を覚えた」と話していた。
幼い孫までも殺さなければならなかったほどの芳雄の殺意と怒りはなんだったのか。

家族のそれまでと実情

実際に木内家は特に大きな問題があったわけではなかった。
周囲の人が言う通り、仲の良い三世代同居の、地方都市のモデルケースとも言えるような家族だった。

大きな昔ながらの家と、廊下で繋がれた離れ。完全同居ではなく、若夫婦にも配慮したイマドキの田舎の二世帯住宅。
広い庭先には、老夫婦の趣味でもある野菜畑。家庭菜園よりは立派な、近所の人に分けるほどの収穫が見込める畑だった。
事件の数日前にも、とき子さんはいんげん豆を収穫して近所に分けていたという。

芳雄は昭和6年の生まれ。実家は造り酒屋だったという。昭和30年にとき子さんと見合い結婚し、一男一女に恵まれた。
働き者だった芳雄は、農業を手伝う傍ら、進駐軍の雑役をこなし、市役所の臨時職員を経て区役所の正規職員となる。その後は定年まで区役所職員を勤め上げた。
定年後も公園課で再雇用となったようで、散水車の運転手や清掃などをしていたという。

息子の茂さんも中学の教師であり、妻のみゆきさんも看護師として勤務しており、経済的な意味では非常に余裕があったと見られる。

娘の麻奈美ちゃんは幼稚園に通いながらバレエにも通っており、そのあたりからもこの家庭の余裕も感じられる。

もちろん、全てがうまく行く家庭は少ないわけで、この木内家にもいくつかの悲しみや心配な出来事は起きている。
詳細は不明ながら、芳雄の長女がすでに亡くなっていた。資料によれば夫がいたと言うから、成人したのちのことだろうと思われるが、兄弟である茂さんの年齢を考えれば、若くして亡くなったと考えて良いだろう。

また、茂さん自身にも一つ心配事はあった。
中学の教師だった茂さんだが、実は事件が起こる1ヶ月ほど前から休職していたのだ。
関係者によれば体調不良ということだったが、頭痛に悩まされていたようだ。
それでも学校では生徒らが慕う良き教師として知られ、休職中も生徒らが林間学校の土産を渡したいと手紙を書くなどしていたという。

とき子さんは元気に日々過ごしていたが、夫の芳雄の体調が気になっていた。
芳雄は事件の10年ほど前に狭心症と診断されており、平成18年には冠動脈バイパス手術も受けていた。その後、平成20年の5月初旬まで1〜2ヶ月に1度のペースで通院、投薬治療を受けていたという。
年齢を考えれば珍しいとは言えないし、手術は成功していて通院の頻度もさほど大変、とも言えない。このような病気や手術をしても溌剌と生活している高齢者はたくさんいるわけだが、芳雄は事件が起こる前年からその手術痕が痛むと訴えていた。
加えて、年齢から来る膝や関節の衰え、痛みが気になり散歩や農作業が大変になってきていた。
そのため、家で寛ぐことが多くなったというが、これらの症状のほかに食欲不振、不眠、疲れやすいといった症状に悩まされ始め、睡眠導入剤を処方してもらうようになった。

当時70代後半に差し掛かっていたわけで、いずれの症状を見ても芳雄でなくとも多くの人が経験するものとも言え、食欲不振にしてもそれまで畑仕事に精を出していた人間が家の中でいるようになれば以前までの食欲とは違うこともあるだろう。
それらをいちいち気にすることで、夜寝られないと言ったことにつながったとも考えられる。

散歩に出なくなったことで近所の人らとの会話もできず、芳雄は家族しか話し相手がいない状況になっていた。

ところが、その家族らは芳雄が思うような接し方をしてくれなかった。

家族

妻のとき子さんは、夫と長年連れ添っているわけで誰よりも芳雄の性格を知っていたと思われる。
普段から「おーい」と芳雄が呼べば「はいはい」と応じるようなとき子さん。心配していないはずがなかった。
ところが、芳雄はそんなとき子さんの対応が気に入らなかった。

とき子さんは家の中でうなだれるばかりの芳雄に対し、少しでも動いた方が良い、というアドバイスをした。ごく当たり前の、差し障りもないアドバイスであるが、芳雄からしてみれば思いやりがない、と言うふうに映っていた。
確かに芳雄は心臓に負担をかけてはいけなかったので、家の中でもゆっくり歩くなど、思うように動けなかったのは事実だ。
それを、ある時とき子さんが「邪魔だ」というようなことを言ったのだという。

芳雄は憤慨しつつも、その時は何も起こらなかった。

普段から心配していたのは茂さん夫婦も同じで、特に看護師のみゆきうさんからすれば、義父の様子は気になっただろう。
とき子さんからも相談されていた茂さん夫婦は、芳雄に内緒で医師に相談したことがあった。
元気がなく、食欲もなくなってきた父親を案じてのことだったが、これが裏目に出てしまう。
心臓は手術をして問題がないのだから、気持ちの問題が大きいと医者は伝え、一度診察してみようということになった。
ところがその伝え方がおそらくまずかった。

わかりやすく伝えようとしたのだと思われるが、
「心臓は大丈夫だから、それより頭の薬をもらった方がいい」
と話していた。
主に茂さんとみゆきさんが伝えたというが、その場にいたとき子さんもそれに同意した。
芳雄はこれに対し、「余計なことをして」と言う思いが強かったという。うるさい!と憤慨して、茂さんとみゆきさんを部屋から追い出してしまった。
とき子さんはその後も芳雄を宥め、息子たちの言うと折にした方がいいよ、と言ったが、芳雄は怒りが収まらなかった。そしておそらく、悲しかった。

定期的な通院がひかえていたが、もはやそれも行きたくないと思うようになっていた芳雄は、茂さん夫婦ともギクシャクするようになっていく。そしてそれは、可愛がっていた麻奈美ちゃんにも影響するようになる。

あるとき、幼稚園で麻奈美ちゃんの様子がおかしいことがあったという。
みゆきさんに報告したところ、みゆきさんは表情を曇らせ、
「おじいちゃんがちょっとね。麻奈美を叩くようになっちゃって…」
と話した。

麻奈美ちゃん自身、詳細は不明だがこの頃医療機関を何度も受診する状況下にあった。そして芳雄はそれを非常に気にしていたというが、事件直前には麻奈美ちゃんに対して上記の通り叩くと言う行為が出始め、みゆきさんらは芳雄の部屋に麻奈美ちゃんを行かさないようにしていた。

なぜ芳雄が麻奈美ちゃんにそのようなことをしたのかは不明だが、麻奈美ちゃんが芳雄と距離をとった(取らされた)こともまた、芳雄にとっては理不尽というか心のモヤモヤの一因だったのだろう。

加えて、芳雄は茂さん夫婦の生活態度にも実は苦々しい思いを抱いていた。
働き者のとき子さんは、木内家の家事をし、日々農作業にも精を出していた。にもかかわらず、芳雄の目にはそのとき子さんに対して若夫婦がなんの手伝いもしないことを以前から気になっていたのだと言う。
当時茂さんは休職中だったとはいえ、二人とも教師と看護師という激務である。確かに年老いた母に全てをと言うのはいささか厳しい面もありはするが、それでもとき子さんは元気だったし、どこの家庭でもこんなもんだろうと思うのが普通である。

しかし芳雄はその苛立ちを消化することもできず、自身の体力の衰えや体の不調その他諸々の不平不満を吐き出す場所もなく、しまいには唯一の居場所である家の中でも邪魔者扱いされているという思いに囚われていった。

そして6月24日の朝がきた。

ブチギレた老人

その朝は本当にいつもと同じ朝だった。おそらく芳雄にとっても普通の朝だった。
しかし、芳雄が台所前の廊下を通ったとき、妻のとき子さんは芳雄の存在に気付いていながら、無視した。

芳雄がブチギレたのはこれが理由だった。

無視されたという屈辱は、それまでの芳雄が溜め込んだ不満の詰まった箱を全開にしてしまう。もう、止められなかった。
芳雄はそのまま外の物置へ行くと、大ハンマーを手に台所へと戻る。
そして、背を向けていたとき子さんの頭部にそのハンマーを振り下ろした。倒れ込むとき子さんに、さらにもう一撃。
とき子さんはすぐに動かなくなった。

やってしまった。

とき子さんを殺害した以上、茂さんとみゆきさんも殺さなければならない。芳雄はもうそれ以外の考えはできなくなっていた。
そしてすでに述べたとおり、順番に若夫婦を呼ぶと、次々とその頭部目掛けてハンマーを振り下ろした。
茂さんは即死だった。

若夫婦には直接的な恨みや不満があったわけではなかった。確かに、日頃からとき子さんを手伝わないという不満はあったにせよ、それが直接的な殺意につながったわけではなかった。
それよりも、自分に黙って勝手に医者の判断をもらってきたその行動が許せなかった。恥をかかされた、そう言う思いもあった。
とき子さんがしつこく病院へ行けと言ったのも、元はと言えばこの息子夫婦が勝手なことをしたからだ。みんな同罪だ。
のちの取調べで芳雄はそう答えていた。

しかしだからといってここまでやるものだろうか。
自身の健康に不安があるのは分かる、それについて家族の心配がかえって煩わしいというのもわかる。
積もりに積もったとはいえ、一家皆殺しに発展するのはそもそも芳雄の元来の性格にも何かあったのだろうか。

家族がすべて死亡した今となっては、なかなか芳雄のそれまでを知ることはできなかったようだが、ひとつ今回の出来事に通じるようなエピソードがあった。

事件から十数年前、芳雄は自宅近くの神社の木が倒れる危険性があったため、神主の許可をもらったうえで切り倒したという。
ところが別の住人から、勝手に切ったというような言いがかりをつけられトラブルになったことがあった。
ここまでならありがちな話ではあるが、この時芳雄はその相手に対し、スコップを手に向かっていこうとしたというのだ。
多くの住人らは芳雄のことを「気さくなおじいさん」とみていたが、カッとなると見境がなくなるという一面を持っていた。
この点については芳雄自身も自覚があったという。

しかしただの一度のことをもって、芳雄の人格に大きな問題があるとか、反社会性があるとも言い難い。

芳雄と家族のそれまでと、芳雄が言う「きっかけ」と結果のあまりにかけ離れた現実を、裁判が始まっても理解することは難しいように思われた。

精神鑑定

あまりに残虐なその理解しがたい犯行は、当然精神鑑定が行われた。
それによれば、事件当時芳雄は抑うつ気分を伴う適応障害に罹患していたとされた。ただそれは、事件を起こす直接的な影響を与えるようなものではなく、善悪の判断能力等は完全に保たれているとした。

対する弁護人は、犯行当時大うつ病性障害に罹患していた可能性が高く、また、精神鑑定に芳雄が拒否感を示していたこ都などをあげ、精神鑑定には異論があると主張した。

結果から言うと、裁判所は弁護側の主張を退け、精神鑑定の結果を全面的に採用している。
弁護人が芳雄の状態が適応障害ではなくうつ病であるとしたのは、事件前「死にたい」と漏らしていたことを根拠にしていた。
希死念慮はうつ病の大きな特徴であるわけだが、精神鑑定を行った医師によれば、それは希死念慮というよりは胸の痛み(心臓の手術痕)から逃れたいという意味合いが強かったという。
事実、芳雄は死に体と口にはするものの、自殺の真似事すらしていなかったし、犯行後「死にはぐった」という割に自殺をはかった形跡もなかった。

長男茂さんの休職、孫の麻奈美ちゃんの通院などがストレス要因としてあったことは認められたが、うつ病で完全責任能力に問題があったという弁護人の主張は通らなかった。
検察は、「強い殺意に基づいた執拗で残忍な犯行」と厳しく批難し、信頼していた家族の無念を思えば極刑も考慮されるとしたものの、適応障害の影響もなかったとは言えないとして無期懲役を求刑した。

無期懲役

平成21年12月16日、千葉地方裁判所は芳雄に対し、求刑通りの無期懲役を言い渡した。
根本渉裁判長は、動機について「殺害という重大な結果を招来したことに均衡を欠く感があることは否めない」としながらも、とき子さんに無視されたと感じ、バカにされたという怒りを覚え、それまでの怒りが一気に爆発して殺害に及んだというものは了解可能、とした。

長男夫婦の殺害についても、とき子さん同様以前から不満や怒りを抱えており、加えて芳雄をとき子さんが精神障碍者扱いしたのはそもそも長男夫婦が勝手なことをしたからであり、3人は同罪だと考え殺害に及んだということ、そして麻奈美ちゃん殺害についても、自分が招いたことであるものの「殺人の家で一人生きていくよりも、天国でパパやママと一緒に暮らすほうが、麻奈美は幸せだ」と考えて殺害に及んだとの供述は捜査段階から一貫しており、身勝手ではあるがいずれも了解可能とした。

たしかに動機と結果に飛躍がある感は否めないし、芳雄は通報時に「殺せというあれが来て、殺しちゃったんだよ」という不可解な言葉を発していた。
弁護側はこの点をもって、被害妄想的な精神状態があったとしたが、鑑定医はその後の面談では一切妄想や幻覚の類が出ていないことから、その一度をもって妄想があったとは言えないとしていた。

ただ、芳雄がこのような怒りをため込み、暴発させたことについてすべてを芳雄の責とするのは酷である、とも述べた。
鑑定医も芳雄の抑うつ状態は「軽くはなかった」としていた。そして、明らかにはなっていないものの、裁判の過程では芳雄の病状や心について家族の理解が乏しかった点にも言及されたと思われ、量刑の理由では芳雄の曲解ではあったもののその心境に至るには一定の理解を示している。

芳雄は控訴せずそのまま確定となったと思われる。

境目

家族4人、そのうち一人は血縁ではない妻と長男の妻が含まれ、かつ4歳の幼い孫娘までを殺害するというケースは、たしかに極刑の可能性が高いケースと言える。
同じようなケースであれば、真っ先に思いつくのが中津川の一家5人殺害事件であるが、求刑は死刑だったものの結果は同じく無期懲役だった。
他方、家族3人を殺害した宮崎の事件は、中津川よりも被害者が少なかったが死刑が確定している。

人数が少ないにも関わらず宮崎の事件とどこで差がついたのか、と考えれば、中津川の場合は被害者がすべて血縁者だったことと、犯行後に犯人である男が首を刺して自殺をはかった点が挙げられる。宮崎の事件では義母と妻が犠牲になっていたことと、犯行後に隠蔽などを行い、かつ本人が自殺をはかっていない。

しかし、この柏の事件は血縁者でない被害者が宮崎と同じで二人おり、自ら通報はしているものの、無理心中案件とは到底言えなかった。
しかも被害者は4人である。にもかかわらず、求刑の時点で無期懲役だった。

被害者遺族の処罰感情も、みゆきさんの母親と弟は極刑を望んでいた。みゆきさんは母子家庭で育っており、娘と孫を一度に、しかも言葉にすらできないような残酷な方法で殺害され、死に顔をなでてやることすらできない状態にされた遺族の感情は想像すらできない。

このように、他人とは言えない家族を殺害するケースにおいては特に、杓子定規な判断もできず、かつ人数の問題でもないというのは当たり前のことかもしれないが、それでも釈然としない部分はいろいろとある。
芳雄の場合は犯行の残虐さよりも、本人の体調や年齢などに加え、反省と悔悟の気持ちが強かったことが大きかったのかもしれない。2000万円という慰謝料は関係したとは思いたくないが、それもあるのだろう。

公務員として立派に社会人として生き、妻と長男夫婦、孫との同居、経済的余裕も十分にあったまさに理想の老後を送るはずが、人生の終盤でなぜ男はもがき足搔いたのだろう。
それほどまでに、老年期の心の機微は危うく、時に破壊的な衝動に駆られるものなのだろうか。

事件発生から一か月後、住むものをすべて失った木内家は、突如焔に包まれた。なにもかも、すべてを葬り去るように、「殺人の家」は焼け落ちた。

************

参考文献

NHKニュース 平成20年6月24日、6月26日、7月20日、平成21年11月11日
読売新聞社 平成20年6月24日東京夕刊、6月25日東京朝刊
毎日新聞社 平成20年6月24日東京夕刊、6月25日大阪夕刊、平成21年11月11日東京夕刊
朝日新聞社 平成20年6月25日、6月26日、6月27日、平成21年11月14日東京地方版/千葉
四国新聞社 平成20年6月27日朝刊
静岡新聞社 平成20年7月21日朝刊
AERA 平成20年7月7日号(編集部 藤生明)

平成20年(わ)第2342号 殺人被告事件