哀しき嘘つき女の涙~米子市・新生児誘拐事件~

市役所にて

とある私立保育園からの問い合わせを受け、境港市役所の健康推進課は騒然としていた。
「母子手帳?そんなの交付してないよ。申請すらない……
問い合わせの内容は、その私立保育園に子供を預けてけている母親が赤ちゃんを産んだという話だった。しかし、まったくその気配も体形の変化もなかったことから、私立保育園側が不審に思っての問い合わせだった。

世の中には妊娠しても出産するまで母子手帳交付を受けない妊婦もいるし、とんでもないプライバシーの問題でもある。
しかし、境港市役所はそんなことを言ってはいられなかった。

つい先日、米子市内の病院から、生まれたばかりの赤ちゃんが連れ去られていていまだ行方不明になっていたのだ。

事件概要

平成1318日、米子市の博愛病院から、生後間もない女の赤ちゃんがいなくなった。
いなくなったのは、米子市在住の国家公務員、松岡祐一さん(仮名/当時37歳)と、浩子さん(仮名/当時31歳)の間にその日生まれたばかりの長女だった。

午後420分ころには新生児が全員そろっていることが確認されていて、事件発覚が午後620分ということから、この2時間の間に連れ去られたとみられた。
しかしその後の調べで、別の母親が午後6時に全員を確認していたことが判明、実質的に20分の間の犯行だった。

警察では未成年者略取誘拐事件と断定し、すぐさま捜査にあたったが、事件から3日経っても何の動きもなかった。
事件から5日が経過した時点で、県警捜査本部は異例の対応をとる。県警のHP上で、連れ去った犯人に向けて「新生児の世話」に関する事柄を掲載したのだ。
加えて、一刻も早く両親の元へ帰すよう訴えた。

身代金要求がない時点で、警察では金目当てではなく、子供そのものが狙いだったとみていた。過去には出生届を偽造して受理までされていた事件もあり、県内に限らず近隣の県や市町村に対し、不自然な出生届を見逃さないよう協力を要請も行った。

その裏で、実は冒頭のように、市民レベルの通報が行われていた。

県警捜査本部は、114日、境港市内に住む29歳の女の家の家宅捜索令状を取り、女が暮らす県営住宅へ踏み込んだ。
そこには、すやすやと眠る女児の姿があった。

女は当初、自分が米子駅前の病院で産んだ子で、まだ出生届は出していないなどと誘拐を否定していた。女児が着せられていた産着も、病院で来ていたものとは違っていたが、その後の捜索でもともと来ていた産着が発見され、さらには病院へ運ばれた女児の血液型が女からは生まれない血液型だったことを捜査員から告げられると、女は正座して涙を流しながら、「自分がやった」と告白した。

女の自宅には、60代くらいの両親のほか、弟と妹、甥っ子、さらには女の実子である6歳の男児がいた。

女の素性

未成年者略取の疑いで逮捕されたのは、境港市の鴨田竜代(当時29歳)。
後に公開された写真を見る限り、非常に地味な印象だった。

竜代は米子市内の高校を中退後、境港市内の電気機器製造会社に就職、平成7年に寿退社したという。
直後に妊娠、近隣の人にもそれを嬉しそうに話していたというが、結婚生活はやがて破綻した。
子どもを連れて、竜代は境港市内の県営団地へと引っ越した。そこで、父親、父親の後妻、妹と妹の二人の子供、腹違いの弟らと同居し始める。

団地での竜代の評判は悪くはない。会えばにこっとあいさつもするし、何より子供をかわいがっていたという。
しかし一方で、金にまつわるトラブルも聞こえてきた。
同じ団地に暮らす人によれば、久しぶりに顔を見たと思ったらその直後に家まで訪ねてきて、金の無心をされたことがあるという。
さらに、地元では竜代に関するあるうわさが飛び交っていた。
「昔の同級生に手当たり次第に借金を申し込んでくる女が団地にいる」
竜代は当時、団地の知人だけでなく、何年も連絡を取っていない小中の同級生らに片っ端から借金を申し込んでいた。
中には、中学時代一度も話したことなどないのに声をかけられたり、まったく竜代とは面識のない同級生の家族が借金の申し込みをされたこともあった。
それ以外にも、「財布を忘れたので取りに帰る」といって美容室の料金を踏み倒したり、寸借詐欺のようなこともしていた。
竜代とて、働いていなかったわけではない。が、どれも長続きせず、日々の生活に苦しんでいたようだった。
就職した建設会社では作業着まで支給されたのに一日も出社せず、スーパーに就職した際も遅刻や無断欠勤の常習だった。

DKの県営団地で8人暮らしというのは、同じタイプの県営団地暮らしの経験がある私でも聞いたことがない。お化け屋敷的な意味で、ぜひ見てみたいものだが、当然そんな状態の実家に頼ることなどもできなかった。

竜代自身にだらしなさがあるとして、なぜそれが新生児誘拐につながるのか。
身代金なども一切要求していないし、警察も金目当ての犯行ではないと早い段階で睨んでいた。

竜代のこの行動の意味するものは何なのか。
そこには、哀しい女の事情があった。

イタい女のお手本

竜代は正直言って美人とは言えない。ぼってりとした鼻に泣き腫らしたような瞼、ネット上では作家の林真理子氏に似ているとも言われているが、林真理子氏はある種の自信と輝きに満ちていると個人的には、個人的には思っている。

そんな感じならばさぞ、子供時代も虐められたりしたかもしれないのではとも思ったが、実際の竜代はおとなしい一方で、異性に対しては積極的だったという。

小学校から好きな男児には猪突猛進、手紙を書いたりバレンタインや誕生日に贈り物も欠かさなかった。
しかも、学年で12位を争うようなモテ男児ばかりを追いかけていたという。花輪君に入れあげるみぎわさんという感じだろうか。

そんな竜代は、中学2年の時に両親が離婚したことで生まれ育った境港を離れた。

米子市内の高校へ入学した竜代は、その女子力に磨きがかかったという。
偶然電車で出くわした元同級生によれば、高校生なのに茶髪でパーマをあて、制服も着崩していた。
懐かしい友達に駆け寄った竜代は、電車の中でひたすら「彼氏」の話を大声でし続けた。
それはモテる女、というより、モテる女になりたい女の哀しい叫びに聞こえたという。

高校を中退した後結婚し、出産後離婚になった際のエピソードも強烈だ。
当時不倫相手がいたという竜代は、出産した子供を「不倫相手が父親だ」と夫に言い放って離婚したという。
以降、竜代の周りには複数の男性の姿が常に付きまとうようになっていく。

中年男性への執着

竜代が好んだのは、父親ほど年の離れた男性ばかりだった。
結婚していた時の不倫相手も中年男性で、この新生児連れ去り事件を起こした時の交際相手も、52歳の既婚男性だった。
そして、この男性への執着ともいえる感情が、実は新生児誘拐を引き起こしていたのだ。

仮にこの男性をAさんとする。Aさんとの交際は平成123月頃から始まった。当時からAさんは既婚者であり、ふたりの関係は不倫だった。
竜代ののめりこみは相当なものだったといい、出会ってからは男性宅(妻がどこに住んでいたのかは不明)に入り浸り、子供は実家に預けっぱなしだった。
実家の家族もそんな竜代を苦々しく思っていたようで、親の車を勝手に乗り回す竜代に対し、「出ていけ」と業を煮やしていたようだった。

Aさんはそんな竜代をどう思っていたのか。
これが結構読めない部分があるのだが、事実だけを見ていくと、Aさんにとって竜代は体と金を提供してくれる都合のいい女、にしか見えない。
竜代が誰彼構わず借金を申し込んでいたのは、実はこのAさんに渡す金を捻出するためだった。

とはいえ、Aさんがそれを認めるわけはなく、裁判で証人として出廷した際も、「金は受け取ったがそれは竜代が自発的に渡してきた」と主張している。
Aさんは、パチンコや飲み代などにそれらを充てていたといい、竜代もそれを断らないことからいつしかそれは「習慣」のようになっていた。

しかし竜代にとっては、このAさんは絶対に手放したくない人だったようだ。
嫌われたくない、その一心で、竜代はAさんに金を渡し続けていた。竜代には、金を渡す以外にAさんをつなぎとめる手段がなかったのだ。

が、事態が急変したのは平成124月のこと。

竜代は妊娠した。

重ねられる嘘

正確には、妊娠検査薬で陽性反応が出たのだ。
ただこれはのちに誤判定だったことが判明するのだが、舞い上がった竜代はすぐさまAさんに妊娠の報告をしてしまった。
妊娠という最強の装備を手に入れたかに思えた竜代は、誤判定が分かった後もその事実をAさんに伝えることがどうしてもできなかった。
不倫関係である以上、Aさんの反応は予想がつきそうなものだったが、その予想は裏切られる。
9月、竜代が「おなかの子は女の子だった」というと、男の子どもしかいないAさんは喜んだという。さらAさんは、赤ちゃんの名前まで考えていた。

おなかを大きく見せるために腹帯を巻き、秋ごろには周囲の人にそれとなく妊娠をにおわせた。
また、境港の連合母子会にも出向き、わざわざ「不倫相手の子供を妊娠していて、生活が不安」などと相談までして、母子家庭用小口貸し付けを申し込んだ。

借金の申し込みが加速したのもこの頃だった。
その際、妊娠していて思うように働けない、などと、借金する理由にもその嘘の妊娠を使っていた。
「不倫相手との子供ができたが、家族は反対している。中絶できない時期まで逃げて産むんだ」
知人にはそう説明していた。おなかを撫でさせられたという人もいた。

が、多くの人は首をかしげた。
「全然おなかが大きくない……
周囲の人々は妊娠が嘘、なのではなく、もうすでに産んでるのではないか?という話もしていたという。
この頃、県内で新生児が生み捨てられた事件が未解決となっていたこともあり、その母親が竜代ではないのか、といううわさもまことしやかに囁かれていた。

竜代はこの嘘話の結末をどうするのか、いつから考えていたのだろうか。
Aさんには出産予定日は来年の15日だと伝えてあった。そして、その日が迫っていた。

巻き添えの女

実はこの事件には、もう一人登場人物がいた。
事件後、幇助の容疑で書類送検されたBさん(当時75歳)だ。
Bさんは、竜代が高校生の頃近所に住んでおり、その頃から竜代に1,000円、2,000円と金の無心をされていた。
どういった関係性だったのか、後にBさんは竜代の借金の連帯保証人にされたり、竜代から金づるのような扱いを受けていたものの、竜代が訪ねてくれば応じる、そんな関係だった。

事件に巻き込まれたのは、平成12年の暮れ、「金を返す」と竜代に呼び出されたのがきっかけだった。
しかし落ち合った竜代から、家族に「しばらく帰らない」と電話させられ、それから二週間にわたって行動を共にさせられる羽目になる。
現場となった博愛病院にも数回同行した。意味も分からず連れていかれ、待合の長椅子に座っていると竜代に呼ばれ、新生児室の前を行ったり来たりしたという。
そして犯行当日、博愛病院の駐車場の車の中でなぜかBさんの洋服を自分のものと取り換え、竜代は病院内へ消えた。
30分後に出てきた時には、「彼氏との子供」を腕に抱いていた。

Bさんは昨年の秋ごろから、竜代に15日が出産予定日だと聞いていた。Bさんが出産経験がなかったのか、その子供は竜代が生んだと思い込んだという。
「最近は子供を産んでも、すぐ運転できるんだなぁ」
と思ったというが、突っ込むのは止そう。頭痛い。

結局、返してもらうはずの金も返してもらえず、翌日竜代と別れた。
後に報道で事件を知り、もしかして、とは思ったというが、通報はためらってしまった。

Bさんは126日、未成年者略取幇助の容疑で書類送検となった。後の調べで、Bさん自身、竜代が妊娠していないとうすうす気づいていたこと、竜代が逃走する際に車内で赤ちゃんを抱くなどしていたことから幇助にあたるとされたが、それ以上の事情は知らなかったとして、捜査本部はBさんの逮捕は見送った。

幸せの結末

竜代がその日犯行に及んだのは「たまたま」だった。当然、松岡さん夫妻の子供を狙ったわけでもない。その日その病院で生まれた女の赤ちゃんならば、どの子でもよかったのだ。

博愛病院を狙ったのは、理由があった。米子、境港両市には複数の産婦人科医院、あるいは産科を擁する総合病院があり、当初竜代は、Aさんに対して米子駅前の総合病院で出産すると告げていた。そこは、6年前に長男を出産した病院だった。
しかし、そこで赤ちゃんをさらうと怪しまれると思い、過去に自身の通院や知人の見舞いなどで訪れて勝手を知っていた博愛病院に目を付けた。
個人の産院は監視の目が行き届いているだろうという理由もあった。

犯行当日の昼、Aさんから金の無心をされた竜代は、金を準備できないことから咄嗟に、
「陣痛が始まった」
と告げてしまう。もうどうにもならなかった。
博愛病院へBさんを伴ってやってきた竜代は、職員通用口から侵入、三階の新生児室の鍵が開いていることを確認すると、そこから赤ちゃんを攫った。
実はこの日、竜代は3回にわたって新生児室の付近で機会をうかがっていた。
通常、新生児室は鍵がかかっていたが、犯行に及んだ午後6時ころは、ちょうど夕食の時間でもあり看護師らは出払っていた。
この日、直前に授乳しに訪れた母親を担当した看護師が、本来靴脱ぎ場から母親を通すべきところをマニュアルとは違う廊下側から母親を新生児室へ通していたことが判明。その後は、マニュアル通りの靴脱ぎ場から母親が退出したため、廊下側の鍵は施錠されていなかった。しかも、鍵は鍵穴にささったままだったという。新生児室にモニターはあったが、誰も見ておらず録画機能もついていなかった。

しかしこれを竜代が知っていたわけではない。病院側のふとした気の緩みと、竜代の悪意が偶然にも一致してしまったのだ。

竜代は赤ちゃんを連れ、一時は知人宅に身を寄せていたが、その後何食わぬ顔で赤ちゃんを連れ実家である県営団地へ戻った。家族も事前に妊娠していると思い込まされていたことから、疑わなかったという。

竜代はどの時点で犯行を企てたのか。
裁判では弁護側が、思いつき、咄嗟の犯行と主張したが、一方で事前にベビー服を購入するなど、計画的な面もあった。
「バレなかったら、自分の子として育てるつもりだった。」
法廷で竜代はそう言って涙を流した。

Aさんは道義的責任を感じたのか、法廷に立った。
金の要求こそ否定したが、竜代の妊娠は喜んでおり、出産後は養育費を支払うつもりだったと述べた。そして、
「自分の行動が間接的にでも、竜代の犯行の原因になったと思っている」
と苦しい胸の内を吐露した。

哀しき女

竜代は哀しすぎる女だった。
自分自身に外見的な意味で魅力がないとわかると、内面を磨いたりという努力はせず、ひたすら武器に頼った。
その武器とは、妊娠だった。
「子どもができた。あんたの子や。責任取って結婚して。」
最初の結婚の時も、実は妊娠を盾に結婚を迫った。男性はそれを受け入れ結婚したが、今度は不倫相手の子供なのだと言い出して離婚したのは先に述べたとおりだ。

竜代は、味を占めていた。

いざとなったら妊娠は武器になると思っていた。金でつなぎとめていたはずのAさんとの仲も、さほどうまくは行っていなかった。金ですら、繋ぎ止めるには心許なくなっていた。しかし、妊娠をAさんは喜んでくれた。
竜代にとって、転がり落ちるような不安の中でも縋らざるを得ない、絶対に離したくない男だった。

「結婚を迫る気はなかった。今の関係が続きさえすえばよかった……

発見当時、赤ちゃんは片付いた部屋で毛布を掛けられ、大切にされていた。
しかしそれもすべて、竜代にとっての「武器」だったからだ。赤ちゃんそのものに愛情があったわけではない。

平成13919日、鳥取地裁米子支部の足立哲裁判長は、身勝手極まりないと断罪し、事件の背後関係にある自堕落な生活態度にも言及した。
一時的とはいえ、生まれたばかりの我が子を攫われた松岡さん夫妻の心の傷にも触れ、その心痛は想像を絶するとし、厳罰を求める被害者家族の心に理解を示した。

その上で、竜代が反省していることを酌量し、懲役3年の実刑判決を下した。

竜代は松岡さんに謝罪の手紙を書いたといい、「今ならばもし自分の子供が攫われたら気が狂うほど苦しむと思う。自分がしたことは赤ちゃんを虐待したようなものでした。」と、自身の愚行を詫びた。

当然ながら被害者遺族の傷が癒えるわけはなく、松岡夫妻は竜代の謝罪にはその時点では応じていない。
裁判で明かされた身勝手極まりない動機を聞けば、許す気も失せるだろう。

それでも、出所した今、どこかで自分を大切にしながらもう一度、竜代という人生をしっかり生きていてほしいと思う。
たとえ許されないとしても。

********************
参考文献
赤ん坊を盗んだ女 鴨田竜代の寂しい人生 (新春ワイド 驚愕!仰天!おおわらわ!!)
週刊文春 2001.1.25 p.2930

赤ん坊誘拐「鴨田竜代」と交際していた男 (発掘特集 主役追跡)
週刊文春 2001.4.19 p.3637

「哀しき嘘つき女の涙~米子市・新生児誘拐事件~」への2件のフィードバック

  1. もし間違ってたらごめんなさい

    >高校を中退した後結婚し、出産後離婚
    >高校を卒業後、境港市内の電気機器製造会社に就職、平成7年に寿退社

    10代のときと23歳のとき、2回結婚したということですよね?
    29歳(逮捕時)のときに6歳息子がいるので、2回目の結婚のときの子供でしょう
    1回目の結婚のときの子供はどうしたのかしら…
    気になりますね

    1. 匿名 さま

      コメント、ご指摘ありがとうございます!
      大変申し訳ございません、当方の間違いです…
      今資料を確認したところ、「2年次に中退」が正しいです。
      卒業というのはこちらの間違いでした。直ちに訂正致します。
      よって、結婚は1度、生まれた子供も事件当時は1人です。
      ご指摘、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です