🔓こいつらのやったこと~福岡・少女監禁虐待暴行事件

今からを生きる

「もっとひどい暴力を振るわれると思うと、耐えるしかなかった」

平成29年1月、福岡地裁でとある事件の一審判決が下された。その一週間後、被害者の少女が代理人弁護士を通じて、その心境を告白した。

「誰かに助けを求めたり、家から逃げたりすれば、仕返しをされて、もっとひどい暴力を振るわれるのではないかと思うと怖くてたまらず、じっと耐えるしかありませんでした。」

少女は、逃げ出すという気持ちすら、その考えすら浮かばないほど、追い詰められ日々壮絶な虐待を受け続けていた。

判決は、主犯の男に懲役10年。男はその後控訴し、最高裁に上告までしたが、いずれも棄却。
平成29年9月14日に、その刑は確定した。

しかしこの事件のその本当の内容を知れば、この懲役10年がいかに軽く短いものか、わかるだろう。

以下、その記録である。

【有料部分 目次】
発覚
報道
それまで
体重管理と食事制限
逮捕監禁
あの話
嘔吐物の処理
「その行為」
これから
※この記事の内容の無断転載、引用を固く禁じます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です