破滅のロト6~舞鶴市・母親殺害幼児遺棄事件~

兄妹

平成17年3月29日午前9時50分、京都府福知山市。
その日、男性は仕事でダンプカーを運転し、曲がりくねった府道530号線を走行していた。
春の山里の景色が広がるその道は、普段あまり車の往来も地元民や工事関係者のみでさほど多くない。春先とはいえ、朝晩は気温が5度以下になるほど冷え込み、運転席の窓をすかすと気持ちの良い冷たい風が吹き込んできた。

ふと、道路沿いを流れる上三岳川が目に入った。
道路との高低差は5mほどあり、普段ならば気にも留めない小さな川だが、運転手は思わずダンプを停めた。

上三岳川の川岸に、なにか、いた。

運転手がガードレール越しにのぞき込むと、そこにはうつぶせで両足を川の水につけた状態の幼児が倒れていたのだ。

仰天した運転手は急いで川へと駆け降りると、その幼児の生死の確認をした。生きている。運転手は幼児を抱きかかえると急いで最寄りの民家へ駆け込み、119番通報した。

幼児は女の子で、救急隊員らの保温によって一命をとりとめたものの、上室性期外収縮、徐脈を伴う体温32.5度、直腸温度は34度の低体温となっており、凍死の一歩手前という重篤な状態にあった。

ただこの時点で、付近の住民はこの女の子を全く知らないといい、この年頃の女児の迷子、捜索願も出ていなかった。女の子も名前を話せなかったことから、その身元は分からなかった。

女児の保護から4日後の4月1日午後3時。
高知県吾川郡いの町長沢の国道で、幼い男の子がとぼとぼと歩いているのを住民が見つけ、110番通報した。
男児は4歳で、名前を話すことができた。そこで、署員らは驚愕する。
この男児は、3月31日に京都府警に捜索願が出されていた男の子だった。京都の男の子がなぜ、高知のしかも山奥に?

しかも、行方不明になっていたのはこの男の子だけではなかった。
男の子には2歳の妹がおり、さらには母親の所在も31日夜以降、わからなくなっていた。

その後、京都府警との連絡により、4日前に福知山市内で保護された女の子の兄と判明した。

母親の所在は依然わからずにいたが、警察では、もう一人所在のわかっていない男の存在を把握していた。

事件発覚

京都府警は、母親とその交際相手の男の行方を追っていた。
母親は、この幼い兄妹と京都府舞鶴市内で暮らしており、3月31日の夜に姿が見えないことから親族が捜索願を出していた。幼い兄妹は無事だったものの、依然として二人の行方がつかめずにいたが、いの町で兄が見つかったその日の午後7時、全国に手配されていた交際相手の男の車を愛媛県四国中央市で発見。
愛媛県警は男の身柄を確保し、福知山署に引き渡した。
しかし、母親の姿はなかった。

逮捕されたのは、舞鶴市の無職、西山信昭(当時31歳)。行方不明の母親と2年半前から交際していたという。
いので保護された兄も、調べに対し「車で連れてこられた」と話していたことから、幼い兄妹をそれぞれの場所に放置したのはこの西山で間違いはなく、西山本人も、「子供二人を車で連れまわし、置き去りにした」と認めていた。

が、母親の所在については、「子供らを連れだした時からいなかった」と話し、依然その行方も、いなくなった経緯もわかっていなかった。
警察の捜査で、母親の車は自宅から1キロ離れた舞鶴文化公園の駐車場に、ロックされた状態で発見された。車内には母親のものとみられるバッグが置かれたままで、付近の住人によると、2~3日前から同じ場所に停まったままだという。

母親はどこへ行ったのか。

しかし4月8日になって、「兄妹の母親の首を絞めた」と供述。接見した弁護人にもその旨を話した。
子どもたちを連れだしたのは、一緒に死ぬつもりだったという一方、母親の遺体を遺棄した現場については、よく覚えていないと話していた。

行方不明になったままの母親は、舞鶴市在住の豊岡真美子さん(仮名/当時25歳)。実家から1キロほど離れた場所で、ふたりの子供たちと暮らしていた。

4月14日午後2時55分、兵庫県篠山市本郷の鼓峠近くの県道わきの斜面で、毛布にくるまれた遺体が発見される。
そして、歯型からその遺体は真美子さんであると確認された。
遺体はピンクのパジャマ姿で、寝ているところを殺害された可能性が高く、殺害されたのも妹が発見された日の前夜とみられた。

京都府警は、未成年者略取で逮捕している西山を、殺人と死体遺棄の容疑で再逮捕した。

男のそれまで

西山は昭和48年に福知山市で生まれた。高校卒業後、一旦は大学へ進学するも中退、その後は愛知県内で就職していたが、平成9年に実家のある福知山へ帰郷した。
パチンコ店のアルバイトを経て、飲食店を経営する会社に正社員として就職、福知山市内にある焼き肉店の店長を任されるほどになった。

平成11年7月、自身が店長を務める焼き肉店でアルバイトをしていた女性と結婚、ふたりの子供にも恵まれ、順調な人生を送っているかに思えた。
しかし平成15年、思わぬ事態が発覚する。西山の借金と、女ぐせの悪さだった。
西山は独身時代から見栄っ張りなところがあったようで、店長として部下を連れて食事に行く際は、借金してでも奢るようなことが度々あったという。
加えて、妻もそうであったように、自分が店長という立場にある店で働く女性に手を出すことがあった。
結婚した後も、同じ店で働く女性と交際していたが、その女性が既婚者だったことで話が大きくなってしまった。

不倫も借金も、妻と会社の知るところとなり、借金については何とか返済のめどは立ったものの、勤務先は転属となった。

ところがその転属先でアルバイトをしていた女性に、また手を出してしまう。
それが、真美子さんだった。そして、真美子さんもまた、既婚者だった。

女のそれまで

真美子さんは昭和55年、舞鶴市内で誕生した。高校を卒業後はコンビニ等でアルバイトをし、平成12年にバイト先で知り合った男性と結婚、その後実家にほど近い場所に家を新築し、生まれた子供たちとともに4人で生活をしていた。
しかし、平成16年5月にその夫とは離婚となる。
原因は定かではないが、そこには真美子さんの不倫問題もあったようだ。
真美子さんは西山が店長を務める焼き肉店で、西山が転属されるよりも前から勤務していた。その後、西山が店長として配属されて3か月後には二人はW不倫関係となる。

先に離婚が成立したのは西山だった。
その後、真美子さんも夫と離婚。夫はその新築の家を出ていった。
しかし二か月後の7月には、西山がその家で暮らすようになったという。近所の人がどう見ていたかは知らないが、家族同然の暮らしぶりだった。

しかしこの生活は、いや、真美子さんと西山の関係は、愛情による男女関係だけで成り立っているものではなかった。

破滅へのロト6

西山は独身時代より、宝くじの購入が趣味の一つだった。その額は特段、多すぎるということもない月額にして数千円程度のものだったというが、平成16年7月、なんと高額当選を果たす。その額、1900万円。

西山はとりあえず勤務先など優先して返す必要があった借金550万円を返済。しかし、この時全ての借金は返済していなかった。
実は西山の「見栄っ張り」な性格は、真美子さんとの交際でも大きな役割を果たしていたのだ。

西山は、真美子さんと交際を続けるために付き合い始めた当初から借金を重ねてその費用を捻出していた。
ブランド品のプレゼントのみならず、コンパニオンの仕事もしていた真美子さんの頼みで、幼い子供らの子守も担っていたという。

真美子さんの離婚が成立し、同棲するようになってからもそれは変わらなかった。
ロト6で1900万円を得、1000万近くあった借金のうち550万のみ返済した後は、真美子さんに現金で400万円を贈与。さらに、真美子さん名義で購入していた車のローンも肩代わりした。そして、真美子さん宅にカーポートも建設したのだ。
もちろん、自分にも高級車を購入、真美子さんと旅行に行くなど、当選金は1か月で底をついた。

そうは言ってももともとなかった金で、借金もすべてではないものの、ある程度返済していたのだから、以降はまじめに勤務していればいいのではないか、とは思うが、真美子さんと交際していくうちに、西山は会社からの信頼を損ねていた。

西山は、真美子さんの頼みに応えるため、たびたび勤務先を抜け出しては子守をしていた。また、借金だけでなく、勤務先の焼き肉店の売上金を操作し、横領していたのだ。
ロト6の当選金が底をついたと同時に、西山は職も失った。

しかし西山は、まじめに働くことはせず、また宝くじを当てればいいと本気で考えたようで、それまで以上にロト6を買い込むようになる。その額、月額数十万に上ったという。
当然、その金の出どころはサラ金だった。

金の切れ目が縁の切れ目とはよく言ったもので、この頃から二人の間には険悪な空気が漂い始める。

傷害事件

9月に入り、真美子さんはコンパニオンとして働くことが増えていく。そして、家事や育児はもっぱら西山の担当となった。
無職なのだから当たり前と言えば当たり前だが、真美子さんは実際やり過ぎた。
自宅にいるときも、子供たちと遊んだり世話をすることもせず、雑誌を読んだりネットをするなど、自分勝手な行動が増えていった。

そのことで、西山は真美子さんに苦情を申し入れるなどし、そのたびにふたりは喧嘩になったという。
それは隣近所に響き渡るほどで、事件後もそのことは近所の人の口からも語られた。

11月、西山は真美子さんの子供たちに対する態度に業を煮やし、寝ていた真美子さんを起こすとそれを注意した。
寝ていたところを越されて不機嫌だった真美子さんは、思わずこう口走ってしまう。

「数か月しか一緒にいないのに、あんたなんかに何がわかるんや!」

西山はこの言葉に激高、真美子さんの首を絞めた。
真美子さんはこの事件で被害届を出し、警察は西山を逮捕した。

しかし、被害届を出したはずの真美子さんは、西山に対し寛大な処分をと申し出る。そのため、西山は起訴猶予処分となって釈放された。

その後、以前のように同居することはなくなったが、真美子さんから連絡がきたことから、ふたりはまた付き合うようになった。
西山は相変わらず真美子さんに対し高価なプレゼントを渡していたという。それらの金は、知人らに借りていた。
ただ、西山の真美子さんへの思いは、それまでとは変化していた。

西山は、真美子さんに利用されているだけではないか、と思い始めていたのだ。

限界

同棲を解消した後も、表面上は真美子さんと交際しながらも、西山の心はどす黒いものに覆われようとしていた。
平成17年3月には、西山の借金は1000万円を超えていた。もちろん、その全てが真美子さんへの貢ぎ物だったわけではなく、ほとんどは自己の生活費や借金返済のための自転車操業的なものだった。
それでも自身の養母に嘘をついて60万円を借り、真美子さんと子供らをディズニーランドに連れ出すなど、相変わらず金でつなぎとめる日々だった。

一方で、真美子さんの態度にイラつくことが増えていったのもこの頃だった。
自分が金策に苦労しているのも知らず、あれが欲しいこれが欲しいと口にする真美子さんに勝手に腹を立て、時には仕返しのつもりか、真美子さんにプレゼントしたブランド物のバッグなどを勝手に質入れして現金化していた。

真美子さんは頼んだわけでもないのに、勝手に貢いでくる西山の心など知る由もなく、つい、西山に対して軽口をたたくことがあった。

はたから見れば、幼い子供二人を抱える真美子さんのほうが大変に思えるし、実際周りもそう見ていたのだろう。真美子さんは西山に対し、こんなことを口にした。

「あんたはええなぁ、一人で好きなこと出来て。私も遊びに行きたいわ」「あんたは子供もおらんし、気楽でええわなぁ」「真美子は不幸や。子育てせなあかんし、金もかかるのに、真美子は金がないから不幸や」

さすがに、子供がおるから不幸、この言い草はないだろうと西山は怒り、ふたりは口論となってしまった。

その後、怒りが冷めやらない真美子さんから「一家心中する」という危ないメールが西山に届いたため、急いで西山は真美子さん宅へ向かったが、玄関のかぎを開けてもらえなかった。
仕方なく帰宅した西山だったがその後も電話で真美子さんが同様のことを口走ったため、次第に西山は心配が怒りへと変わっていった。

そもそも俺が借金地獄の陥ったのは誰のせいだ?お前は誰のおかげで遊べているんだ?誰が子供の子守をしていると思ってるんだ?

西山の心の身勝手な思いは膨れ上がり、もう破裂寸前だった。

目撃者

3月28日、西山はせっせと家電製品や金になりそうなものを売り払っていた。
加えて、真美子さんが自宅玄関のカギを閉め忘れることがあったのを思い出し、真美子さん宅へ侵入することを思いつく。

金を奪うことと、そして、真美子さんを殺害するためだった。

遺体を運ぶためのシーツなども車に積み込み、その夜西山は真美子さん宅へと向かう。
案の定、玄関のカギはかかっていなかった。実家も近いという安心感が、普段から真美子さんを不用心にさせていたのかもしれない。
侵入した西山は、1階の6畳まで寝ていた真美子さんのわきに手を入れ、引きずり出そうとしたが当然真美子さんは目を覚ました。

西山だという認識があったかどうかはわからないが、真美子さんは四つん這いで逃げようとした。西山は真美子さんを投げ飛ばし、うつぶせの真美子さんに馬乗りになって首を絞めた。あらかじめ用意していた紐で、さらに強く締め上げた。

ふと、視線を感じた。

そこには、真美子さんの4歳の息子の姿があった。暗闇の中、その幼い目は、しっかりとその光景を見つめていた。

真美子さんを殺害した後、真美子さんの遺体を真美子さんの車のトランクに乗せると、あらかじめ舞鶴文化公園の駐車場に停めておいた自分の車のところまで行き、自身の車に乗せ換えた。
その際、子供たちには「ちょっとおでかけするで」といい、母親の遺体が載せられている車に子供らを乗せ、子供らの目の前で遺体を積み替えるなどしていた。

午前3時、兵庫県篠山市の県道篠山三和線鼓峠まで行くと、その斜面に真美子さんの遺体を遺棄したのだった。

午前4時30分、冒頭の福知山市の府道530号線沿いの川に2歳の妹を遺棄、その後31日の午後10時ころに、高知県吾川郡いの町の道路上に兄を放置して逃走した。

殺意の形成

裁判では強盗殺人、殺人未遂、未成年者略取など合計8つの罪に問われた西山だったが、初公判でその罪を全面的に認めた。
一方で、長女を寒空の下に遺棄したことについて、確定的な殺意とはいえないまでも、「死ぬことが絶対にないとは思っていなかった」と、震える声で述べた。

検察側は真美子さんへの憎しみから殺意が芽生え、殺害行為を長男に見られたと思ったことから兄妹もろとも連れ去り、一家失踪をもくろんだと主張、弁護側は、妹への殺人未遂については、死亡する蓋然性は極めて低く、西山自身、妹が死亡するかもしれないと予見することは難しく、確定的殺意はなかったと主張した。

また、強盗殺人については弁護側も争わないとしていたが、西山自身が金をとること自体は殺害後に思いついたことであり、それが目的だったわけではないと話していたことも争点となった。

西山はこの日、所持金は5千円以下だった。逃走するには当然金が要り、その金は真美子さんから奪う、あるいはブランド品などを監禁して逃走資金に充てようと考えたといい、実際にいくつかの真美子さんの私物は即座に質入れされていた。

また、逃走中の赤穂市、松山市内で複数回にわたって真美子さん、娘名義のキャッシュカード、クレジットカードが使用された形跡があった。いずれも現金引き出しには失敗していたものの、西山によるものだということは疑いようのない事実だった。

これらをふまえ、裁判所は西山が金を奪うことを思いついたのは殺害前であると認定、強盗殺人の成立に疑いはないとした。

2歳の妹に対する殺害の意思についてはどうだったか。

現場は人通りも車通りもほとんどない山奥の県道沿いの川で、しかも遺棄された時間は狸も寝ている午前4時半ころである。
最寄りの民家とは250m離れており、たとえこの場所で幼児が泣いたとしても、それに気づいてもらえる可能性は低いといわざるを得ない環境だった。

さらに、道路と川とは5~6mの高低差があった。

事実、妹が発見されたのは、あの運転手が乗っていたのが「ダンプカー」だったことが大きかった。
警察の現場検証では、もしも普通乗用車で通りがかっていたら、その高低差に阻まれ妹の姿は見えなかったとされた。
ダンプカーという、特殊な高い位置に運転席があったことで、偶然運転手の視界に妹の姿が入ったのだ。

さらに、妹には喘息持病があり、西山もそれは知っていた。

喘息持ちの幼い子供を、寒空の下パジャマ姿で放置したらどうなるか。捜査段階において西山は、
「2歳のしかもぜんそくなどの持病を持った妹をこんな車も通らないような人里離れたところに投げ落とせばこのままきっと死ぬと思いました」
「私としては、『凍えて死ぬ』というよりは、3~4日程誰にも発見されずに体が弱って死んでくれるという殺し方を思ったのです。」
と話していて、裁判でも
「静かなとこやったし、田舎なのもわかっとったし、このまま誰も見つけてくれんかったら飢え死ぬという可能性はあると思ってました」とも話していた。

しかし、裁判所は「確定的な殺意」は認めなかった。

西山は、ガードレールから5~6m下の川に妹を遺棄したわけだが、もしも確定的な殺意があったならば、それこそ妹を投げ落としたり、首を絞めるなどして意識を失わせて川に投げ入れるなど、いくらでもやりようはあった。すでに真美子さんを殺害しているのだから、殺しは出来ない、ということでもなかろう。

だが西山は妹を抱き上げると、ガードレールの向こうの斜面に落す、という程度でそのまま立ち去った。

子供たちは西山に非常に懐いていたのだという。子供たちに対しては、死んでもしかたないと思う気持ちはあったとしても、確定的な殺意とは言えない、裁判所はそう判断した。

平成17年10月18日、京都地裁舞鶴支部の新井慶有裁判長は、被告人の犯情は極めて悪く、自己中心的で短絡的な犯行として、求刑通りの無期懲役を言い渡した。
西山は控訴したが、平成18年4月26日、大阪高裁は控訴を棄却し、確定した。

こんなに尽くしているのに

裁判では、犯行に至る過程での真美子さんの態度にもわずかではあるが言及している。
そもそも真美子さんはなぜ西山とずっと交際していたのか。

既婚者同士の不倫で始まった二人の交際だったが、それぞれが理由で離婚に至ったのかどうかは定かではない。
お互いの配偶者にも問題があった(西山の元妻は違うと思うが)可能性も否定はできない。
しかし、元夫が出ていって2か月後には西山が公然と真美子さん宅に出入りしているということは、やはり真美子さんにとって西山の存在はなんらかの価値があったはずだ。

それは、金だったようだ。

裁判所は、判決文の中で真美子さんが友人に対し、西山について「好きではないが金が助かる」といった話をしていることに言及。
また、日ごろから仕事のためとはいえ、西山に子供らの世話を任せ、自身が休みの日であっても自己のために時間を費やすなどしていた点などもにも触れている。

もちろん、金銭や高額なプレゼントはすべて西山が勝手にしたことである。というか、現金で400万も渡されたら持ってると思ったとしても不思議ではないし、だからこそ、カーポートの建設を相談もしたのだろうし、時には金銭的な援助を真美子さんが持ち掛けたとしても何ら落ち度とは言えない。そういう風に仕向けたのだから。

西山は金があるように装っていた。それは昔からそうだった。会社の部下に格好の悪いところは見せられない、と、金がなくても借金してでも気前の良さを見せ、自己満足に浸っていた。

いつからか、西山は金でしか、他人とつながれなくなっていたのではないか。

そこへ、降ってわいたのがロト6当選だった。

ではなぜ、そんな西山が真美子さんに憎しみを抱くようになったのか。

少なくとも、西山は真美子さんに純粋な愛情を持っていたと思われる。子供らの世話をしていたことや、なにより、幼い子供たちが西山になついていたことがその証拠だろう。

きっかけは、あの傷害事件だった。
真美子さんが被害届を出したことで西山は逮捕されたが、なぜか起訴猶予で釈放となった話はすでにした。
なぜ真美子さんは気が変わったのか?
実は取り調べの中で、西山は真美子さんに対し多額の金銭を渡していることを話していた。それに関連して、警察が真美子さんに対し、もし、西山から金を返して欲しいと言われたら、場合によっては返済の義務が生じる、という話をしたという。
すると真美子さんは突然態度を変え、西山に対して寛大な処分を、と言い出したというのだ。

これを西山は警察官から聞かされていた。

西山が、「真美子さんは自分を利用しているのでは?」と思ったのはここだった。

そのまま別れるでもなく、真美子さんから連絡がくる形で交際が再開されたのは、先に述べたとおりだ。

その後も西山は人から借金してまで真美子さんとの交際を続ける。そんな中で、真美子さんは友人に対しそのようなことを言っていたわけだ。
なにもなければ、そもそも友人がそんなことを聞くはずはあるまい。誰の目から見ても、「なんで付き合ってるの??」と思わざるを得ないような状態だったからこそ、そんな話題になったのだ。
実際、喧嘩が絶えないのは近所でも有名、友人らの間でも真美子さんから喧嘩したというメールが来るたび、「真美子また喧嘩したらしいよ」と友人間で伝言されるほどだった。

憎しみと愛は表裏一体とはよく言ったもので、西山の心は、愛しているがゆえにその憎しみも強かった。

こんなに尽くしてきたのに。お金もいっぱい使ったのに。

しかしそれは、哀しい一人よがりに過ぎなかった。

*****************

参考文献
産経新聞社 平成17年4月2日大阪朝刊、4月4日大阪夕刊、4月15日大阪朝刊
高知新聞社 平成17年4月2日朝刊
読売新聞社 平成17年4月10日大阪朝刊、4月19日大阪朝刊
中日新聞社 平成17年4月8日夕刊
毎日新聞社 平成17年4月15日大阪朝刊
四国新聞社 平成17年4月15日朝刊
朝日新聞社 平成17年7月6日大阪地方版

平成17年(わ)第28号 京都地方裁判所舞鶴支部
D1-Law.com 第一法規法情報総合データベース