🔓お前が殺した~鹿児島・知人女性強盗殺人事件~

平成23年12月12日、最高裁第一小法廷は、女に対して上告棄却の決定を言い渡した。
女は一審で起訴事実を認め、事件を主導した男と共に死刑判決を言い渡されていたが、控訴審では一転、男に苛烈な精神的肉体的暴力を受け続けた影響下にあり、心神喪失状態かつ、男に手足のように利用されており共同正犯とは言えず、主犯の男に間接正犯が成立すると主張していた。

控訴審ではその激しい支配の実態がさらに明かされ女は無期懲役に減刑となったが、男が間接正犯であるとの主張は認められず、共同正犯の認定は揺るがなかった。
犯罪史上、稀に見る凶悪事件としてその悪名を残した北九州監禁殺人事件の判決である。

ここで言われた、間接正犯とは。

これは、犯罪の故意がない、または善悪の判断がつかない他人(事情を知らないもの、幼児、心神喪失者など)を道具のように利用して犯罪をやらせる意思が認められる場合に成立する、とされているが、殺人などの重大事件で実際に成立したケースは多くない。
また、教唆との違いはそのケースによって違うためにわかりにくい。

昭和60年、鹿児島県の山中で見つかった遺体。それは数か月前から行方が分からなくなっていた一人暮らしの老女だった。
遺体には争った形跡もなく、農薬の瓶が転がっていたことからも自殺に思われたが……

額に汗することを嫌い、私利私欲のために独り暮らしの女性を騙し、あげく、その命を絶たせた許されざる男の事件。
自殺教唆か、それとも、殺人か。

鹿児島地裁にて

「本件は起訴状記載の公訴事実を強盗殺人の間接正犯の主張を前提として論告し、また裁判所も同様の理解のもとで裁判を進行させている。
しかし、公訴事実を素直に読めば、これは強盗殺人の直接正犯の主張と理解することが自然である。そうであるならば、被告人はそれを否定し、証拠も被告人の自白以外にないのだから被告人は無罪である。
さらに、直接正犯たる強盗殺人の訴因を間接正犯として認定するには訴因変更されるべきところ、それもされていないのだからいずれの面から見ても被告人は無罪とされるべきである。」

鹿児島地方裁判所に、弁護人の最終弁論が響いていた。
被告の男は、強盗殺人、恐喝未遂、暴行の罪で起訴され、検察官より無期懲役の求刑がなされていた。

対する弁護側は、この事件を「自殺教唆」であると主張。
被告の男も、自殺しようとした被害者に対しそばにいて止めなかったこと、それまでの経過の中で「いっそ死んでくれたら」と思ったことから被害者に自殺を提案したことなどは認めていたが、直接的に被害者を殺害したということに関しては否認していた。
加えて、担当の検事から極刑を求刑する旨を伝えられたことで動転し、検事の心証を良くしたいがあまりに虚偽の供述をした、とも主張していた。

男はいったい何をしたのか。

親切な大工さん

昭和59年、鹿児島。
国分市(現:霧島市)の山間に暮らす瀬戸口キミさん(当時66歳)の家に、顔見知りの大工が訪ねてきた。
その大工は、以前から近隣の集落を回ってアルミサッシの取り付けなどの大工仕事の注文を取っていた。
5月のその日、訪ねてきた大工は世間話をした後で、キミさんに最近はなかなか大工仕事も思うように注文が取れず、少々生活が厳しくなっている、というようなことを話していた。
そしてその際、「おばさん、ちょっとばかり金を融通してもらうことは出来んか?」と言われたりもしたが、その時にはキミさんは笑って話をはぐらかしていた。

大工も執拗なことはなく、そのまま引き上げていった。

キミさんは夫を亡くし、この山間の集落でひとり暮らしていた。
生まれは福岡県の宗像だったが、夫と共にこの国分で暮らしてからは、兄弟らが暮らす福岡へ帰ることももう、長くしていなかった。
近所の人たちも良くしてくれる。同年代の人もいるし、最近ではゲートボールが楽しみで、試合に出ることも決まっていた。
ひとり暮らしていくだけの貯えもあった。贅沢しなければ、日々の暮らしに困ることはない。

ただ、日が暮れてひとり家で食事をすると、なんとなくこみ上げる侘しさは誤魔化せなかった。
そんな日々の中で、今日、大工が訪ねてきて他愛もないおしゃべりをしたことは、キミさんにとって新鮮だった。
キミさんは、後日用事を見つけてあの大工に電話をかけた。
そして、
「また遊びにいらっしゃい。」
と伝えた。

大工が再びキミさんの家を訪ねたのは、山の木々が色づき始めた秋のころだった。

ちょっとした大工仕事を頼むと、大工はそれ以外の頼み事にも気軽に応じてくれた。
買い物や用事を済ませるために町まで車で送迎してくれたり、何の用事がなくてもやってきてはキミさんの話し相手になってくれた。

年が明けた昭和60年2月、大工は以前にもまして、キミさんの家に遊びに来るようになっていた。そしてその際、手相が見れると言ってキミさんの手相を見てくれたという。
「おばさん、血圧が高くて悩んでいるんではないかい?」
突然、大工は神妙な顔で告げた。続けて、内臓に気になるところがあるのではないか、とも。
キミさんは驚いた。たしかに、大きな病気はしていなかったが、血圧が高いこと、そして胃腸神経痛にも悩んでいた。
さらに大工は続けた。
「おばさんの旦那さんが倒れたのは、このあたりだろう?」
そう言って大工が指さしたのは、まさに夫が倒れていた場所だった。

「おばさん、ほかに悩んどることがあるんでないかい?」

心配そうに顔を覗き込む大工のことを、キミさんはすっかり信用していた。
そして、知り合いに440万円貸しているのに返してもらえないことを大工に打ち明けた。
すると大工はしばし考え込んだ後で、「よし、私が取り立ててみよう」と言うではないか。キミさんは半ば諦めていたこともあって、大工の言葉は心強いことこの上なかった。

3月に入って、約束通り大工はキミさんが金を貸した相手方へキミさんを伴って訪問、その場で借金の一部の20万円を返済させ、かつ、残金も今後月額10万円ずつを必ず返済する約束まで取り付けてくれた。
キミさんは心から感謝し、大工に対して全幅の信頼を寄せるようになっていた。

ただ、大工がいつものように手相占いをしてくれた際の言葉が気になっていた。

「おばさんは年内にちょっと体調が悪くなる時期が来る。倒れるかもしれない。」

キミさんは当時66歳。いつ、そういうことが起きたとしても不思議ではない年齢でもあった。しかも、夫も突然家で倒れてこの世を去っているのだ。
その時、どうやってお金の支払いをすればよいのか……
親戚はいたが、そこまで頼めるかどうかはわからないし、ましてやお金のことまで近所の人には申し訳なくて頼めない。

気にするキミさんに、大工はこういった。

「なあに、裁判所で代理人を選任しておけば、いつでも銀行から金を下ろせるから安心しなさい。」

キミさんはそれを聞いて胸をなでおろした。本当にこんな親切な人に出会えて私は運がよかった。こんなばあさんのために、ここまで親身になってくれる人はそうはいない。
そういえば、最近3人目の赤ちゃんが生まれたと言っていた。なのに大工仕事を頼む人が最近は減ったとかで、出産費用にも事欠いていると嘆いていた。自分も大変なのに、こんなに他人の私のために骨を折ってくれる……
今度は私がこの人を助けてあげないと。

キミさんはその日のうちに、大工に頼まれて100万円を貸した。

その3か月後、キミさんは行方をくらました。

【有料部分 目次】

絶望
教唆か、殺人か
それまで
投資
行き詰った男のひらめき
出資法違反
逃避行
あとのことは頼みます。
綻び
矛盾
訴因の解釈
お前が殺した

狂言~いくつかの事件と愚かなる人々~

狂言--

Wikipediaを見ても和泉元彌さん的な何かしか説明がないが、簡単に言うと自分で計画し実行しておきながら、自分は偶然巻き込まれた、他人がやったかのように見せかける行為のことを指す。
似たようなものに自作自演があるが、これは本来、自分で作ったものを自分が演じることを意味していて決して悪い意味ではないのだが、「ジエン」というともう、他人を装って自分を褒める、擁護する、自分の利益になるような言動をする、そんなようなニュアンスで通っている。

日常においても、異常なまでの噓つきというのはいるし、次第にその嘘はバレ、人が離れていくケースはよくある話だ。
しかしこの狂言は、単なる「嘘つき」な人が起こすものとは違う。
嘘をでっちあげなければならない理由が、彼らにはあった。

バカじゃないかで済むレベルから、シャレにならないレベルまで。 続きを読む 狂言~いくつかの事件と愚かなる人々~

懺悔滅罪~一関市・曹洞宗遠應寺強盗殺人事件~

寺の朝

薄曇りの、どことなくスッキリしない6月のその日の朝、山間の禅寺に二人の僧侶がやってきた。
この日、奥州市の寺で営まれる落慶法要(寺院などの修繕が終わった後に営まれる法要)に出るために、この寺の住職を迎えにきていたのだ。

寺の庫裡につながる玄関の灯りがついている。朝なのに、消し忘れたか。
僧侶らは声をかけたが、中から家人の返事はなかった。
「ごめんください」
玄関の戸は鍵がかかっていなかった。二人はそっと中を覗いて声をかける。しんと静まりかえった庫裡の中は、朝の光が入ってはいるものの電気はついておらず、寺の朝、しかも出かける用事がある朝の雰囲気としては違和感があった。

二人の僧侶は胸騒ぎを覚えた。そういえばここの住職は、2日前の奥州市の寺通夜にも来る予定だったのに来なかった。電話しても、本人はおろか、同居している母親も出なかった……

寺の本堂とつながる廊下を進むと、引き戸で区切られた居間。そっとその引き戸を開けた僧侶らの目に飛び込んできたのは、血の海の中で倒れている住職と、その母親の姿だった。

母親は割烹着姿でうつ伏せ、後頭部には明らかにひどい損傷が見て取れた。住職は仰向けでTシャツ姿、その胸は血に染まり、血溜まりは頭部の方まで広がっていたという。
僧侶のうちの一人が110番通報しようと携帯電話を取り出したが、この山間の寺は電波が不安定でつながらなかったという。そこで、寺の電話を使おうとしたが、なぜか電話がどこにも見当たらなかった。

一刻を争うと判断した僧侶の一人が寺を飛び出し、近くの檀家に駆け込んでそこから通報した。
警察が駆けつけたが、どう見ても二人ともすでに死亡していた。 続きを読む 懺悔滅罪~一関市・曹洞宗遠應寺強盗殺人事件~

🔓フェミサイド〜藤沢市・女性タクシー運転手強盗殺人事件〜

拘置所にて

「鑑定を受けようと思ったのはなぜ?」

目の前の男は、自ら精神鑑定を申し出ており、医師は数ヶ月に及ぶ鑑定を担当していた。

「……人を殺めちゃうことを繰り返し思い浮かべるんです。」

男はそう言うと、縋るような、こちらの反応を窺うような顔をする。

「治したいの?」

医師の問いに、男はこう答えた。

「治していただくか、殺してもらうしかない」

男は殺人願望があることをしきりに訴えたが、同時に自分自身がそれに怯えているようにも思えた。

男はその言葉通り、この会話から数年後、見ず知らずの人を殺害した。

事件

平成14年8月31日。神奈川県藤沢市獺郷(おそごう)の路地に、女性の悲鳴が響き渡った。
時間は午前1時50分、その声に気づいたのは近くで養豚場を経営する家族だった。

「早くきて、タクシーの運転手さんが助けを求めている」

通報者の女性によれば、女性の悲鳴で外を見ると、路上にタクシーが止まっており、その後そのタクシーは走り去ったという。
通報者らが懐中電灯を持って外に出た時、路上をふらつきながらこちらに歩いてくる人影が見えた。そして、そのままベシャッという音を立てて崩れ落ちた。

救急車が10分後に到着したが、被害者はその場で死亡が確認された。

死亡したのは、横浜市保土ヶ谷区のタクシー運転手、川島りつ子さん(当時50歳)。
タクシー会社によれば、その時タクシーに搭載されている緊急ボタンが押されていたという。

この頃、各地でタクシー強盗が頻発しており、この事件も当初はその類だと思われた。運転手が女性だったのも、女性であれば奪いやすいと思ってのこと、という見方があり、各新聞社等の報道も、女性タクシー運転手の危険性や各タクシー会社の防犯対策などを掲載するにとどまり、実際にこの事件の報道もわずか数日で終わった。

というのも、事件発生から30分後、犯人を名乗る男が「俺がやった」と110番通報してきていたのだ。
奪ったタクシーで茅ヶ崎市内のコンビニまで来ていると告げた男の言葉通り、警察官らが急行するとそのコンビニは川島さんが乗っていたタクシーと、男の姿があった。
助手席には川島さんを殺害した凶器と思われる刃渡り7、5センチの切り出しナイフ。川島さんは頸部や背中など26箇所もの刺し傷、切り傷を負っていた。

警察の声掛けに男は応じ、抵抗することもなくその場で逮捕された。

男は石田勇一(当時45歳)。
8月21日に、横浜刑務所を満期出所したばかりだった。

石田は取調べに対し、「女性を殺したいという願望があった。あの後別の女性運転手のタクシーも襲うつもりだった」と話していた。

女性を殺したい、石田ははっきりとそう言ったが、実は石田が女性に殺意を抱いていたのはこの事件を起こすずっと以前からだったのだ。

【有料部分 目次】
出所直前
殺したい殺したい殺したい
予感
殺したいのは女
暴力と共に生きて
憎しみの象徴
間欠性爆発性障害
この世の女なんて、すべて死んでしまえばいい
冷めやらぬ殺人の衝動

新聞母さんの涙と12人の隣人~高島平新聞配達員殺害事件~

平成2年1月5日

正月の雰囲気も抜けきらない中、彼女はその日もいつもと同じように午前3時に出勤してきた。
手際よく折り込み広告を新聞に挟み込み、約200部の新聞を自転車に積み込むと、白い息を吐きながらそれでも颯爽と漕ぎ出していく。同僚の男子大学生は、そんな彼女の姿をいつも感心して見習っていた。

今日は休みのパートさんの区域も回ることになっているから頑張らなくちゃ。
眠いのさえ我慢すれば、子どもたちに「いってらっしゃい」「おかえり」を言ってやれるんだから。

午前6時前。高島平2丁目の高架下の道路に差し掛かった時、ふと人影が目に入った。
自転車の前に立ちはだかったその人影の手には、包丁が握られていた。 続きを読む 新聞母さんの涙と12人の隣人~高島平新聞配達員殺害事件~