事件系YouTuberのみなさまへ

事件系の動画を作成されているみなさま、お願いです、勝手に持ってかないでください。事前にご相談いただければ、協力してもいいですし、なんならネタも提供します。

過去に2件、盗用事件がありました。その際は、すぐに相手方のYouTuber様が迅速かつ、誠実な対応をされ、いずれも解決しております。

が、今回、某童話系のアカウントが当サイトの記事を参考にして動画を作成したと認めているにもかかわらず、一切の事前問い合わせもクレジット表記もなく、さらにはそれを問われると「それが何か問題ですか?」という返答をしました。

また、内容は違っているので盗用ではない、問題があるならば顧問弁護士()と相談するという内容の返事でした。
確かに、そのアカウントが作成した動画はアニメーションを使用し、語り口調も台詞も独自のものに作り替えられており、当サイトのような事実だけで構築されているのではなく、フィクションを織り交ぜた構成になっていました。
しかし、タイトルに使用されている言葉が全く同じ、もしくはほぼ同じものが2点、当サイトのタイトルを、動画中の「台詞」にそのまま使っているものが1点認められました。なお、この点についての回答は得られていません。

もちろん、これだけで盗作だ!とは言えないと思います。法律上は。

そのアカウント主も、法律に触れるならば謝るけど?というスタンスでした。この時点で、わかってやっているのだなと確信しました。同時に、バカにしているのだな、とも。

コンテンツの性質上、被ってしまうキーワードがあるのは当然です。しかし、本人が「事件備忘録を参考にしたのは紛れもない事実」としている以上、また、そのキーワードが特徴的な言い回しである場合、そこに悪意はないと言い切れるのか、と私は思います。こっそり参考にしたのならば、むしろ意識的に同じワードは避けようとするのではないでしょうか。

法律云々の問題以前に、なんでこそこそするんだろう、と思うのです。ダサい。

普通に参考にしたよ!って言えばいいし、それを見た人が分かるようにしておけば何の問題もないはず。参考サイト、参考文献、著者、出版社、引用元、出典元、明確にしておけば問題ない(程度問題は別として)はずです。
そしてその慣行を前提に、相手の許可をとらずとも引用や参考にしてもよい、となっていると思うのですが、顧問弁護士は教えてくれなかったのでしょうか。

なぜ「あえて」しないのか。私はここが引っ掛かります。
自分のものに見せかけたいのでしょうか。どこそこのサイトにあったものを参考に作りました、とクレジットを入れることはなんとしてでもしたくない理由があるのでしょうか。

当方の指摘がその部分だとわかったそのアカウントは、後付けのように「配慮がなかった」と付け加えてきました。配慮?配慮……なにその、「誤解させたならすみません」的な。

ということで、法的な拘束力は一切ありませんが、そのアカウントがこのサイトの記事を参考にすることは禁止、とお伝えしました。サイトも記事も今後一切見ないでほしいと。それは了解されたようです。
クレジット表記をつけますという申し出がありましたが、お断りしました。そんな動画認めたくないので。関わりたくもない。

で、更新とお知らせのところに赤字ででかでかとその旨書き込んだら、多分ですけどその方からお怒りメールが来ていたようです。ようです、というのは、そのメールがどこ捜してもないのです。受信トレイに移す作業をしたところ、消えてしまいました。ゴミ箱も迷惑フォルダもすべてのトレイを確認しましたが、ない。

ちらっとですが内容は覚えていて、盗用したことは認めていないのだから盗らないでという表現は許せない、名指ししてある以上名誉棄損である、よって2週間以内に削除しなければ法的措置をとる、という内容だったと記憶しています違ってたらすみませんていうか猛々しいな。人の気持ちは考えないけど、自分のことはやたらと敏感なのか。

2週間ものっけてていいのか?とちょっと戸惑ってるのですが、当初2~3日で消そうと思ってましたが、猶予あるみたいなんで、10日くらい置いとこうと思います。

事件系の動画はすごく面白いものもあって、私も見ます。ほとんどの方は独自で作られて、自分の動画は他とは違う、と、誇りを持ってると思います。

私も自分の記事をまとめるときに他人の取材したものや本などを参考にしています。が、それらはわかるものはすべて参考文献、引用元として、書籍名、著者名も記しています。文中でも、取材者の言葉や推察はそうであるとわかるようにしてあります。
なので、ネタ探しでこのサイトをみて、参考にしたのならばどうかそれを教えてください。言うのが嫌(?)なら、参考にしたことがわかるように動画の中(概要欄じゃなくて)に書いてほしいです。事件備忘録にではなく、そのもとにある参考サイトや文献、著者にも敬意を持ってほしいのです。

お願いいたします。

連絡先はこちら→jikencase1112@gmail.com

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です