愛すればこその結末~日比谷公園内無理心中事件~

平成19年6月4日

東京地裁刑事10部506号法廷。
女性弁護人は、分厚い最終弁論の束をめくりながら淡々と読み上げていく。
しかし淡々とした口調とは裏腹に、語られるその内容はその場にいる全員の頭上に重く重くのしかかり、法廷全体を深く沈みこませていた。

「被告人の身に起きたことは、一人の人間が抱えることのできる許容量をはるかに超えている」

弁護人の声は静かに、そして強く法廷に響いた。

事件概要

平成18年6月10日午後11時50分ころ、東京都千代田区の日比谷公園内で、小学生くらいの男の子が胸から血を流して死亡しているのを、通行人が発見した。
さらには、男の子に覆いかぶさるようにして胸や両手首から血を流している女性もおり、病院に搬送され、一命をとりとめた。

警察の調べで、ふたりは川口市在住の母と子で、亡くなった男児は横山翔くん(当時10歳)、母親は51歳と判明。
現場の状況から、母親が翔くんを殺害し、自らも後を追おうとしたとみられた。
しかしこの事件は大きく報道されることはなかった。新聞各社も、事件を報道したのは二日後、内容としても無理心中か?という程度の短いものだった。

しかし、その後10ヶ月にも及ぶ裁判で明らかにされた母親の人生は、誰もが絶句してしまうような、それこそ弁護人のいう、「抱えきれる範囲を超えた苦難」に満ち満ちたものだった。

母親が最期に出した答えとは。

生まれた直後からの苦難

横山春江(仮名/当時51歳)は、昭和30年神奈川県で生まれた。
春江の苦難は、生まれた時から実はすでに始まっていた。実父はよそに本妻がおり、春江の母はその愛人だった。そのため、春江は母の実家で育てられた。
病気がちだった母は、春江が9歳の時に病死。祖父母も高齢のため、以降母の叔母夫婦の養女となったがそこでの暮らしは厳しいものだった。
実の子でないということが原因なのか、はたまた別に理由があったのかはわからないが、春江は叔母夫婦から苛烈な虐待を受けて育つ。
その虐待は春江の成長とともに、性的虐待へと変わった。

時代背景もあろうが、複雑な生い立ちの春江を同世代の子供らも遠巻きに見るしかなかったといい、学校でもいじめの対象にされることもたびたびだった。

東京の私立高校へ進んだあと、衣料品卸の店に就職し、自立した生活を送っていたが、昭和57年に当時同棲していた男性と結婚し、翌年には長女を授かった。
しかしこの夫はなかなかの怠け者であったという。
そもそも同棲したのも、転がり込んでなし崩し的に同棲に持ち込まれたといった状況で、春江のほうにも愛情があったかどうかはわからない。

昭和60年には次女も生まれたが、髄膜炎にかかってわずか1歳7か月でこの世を去ってしまった。
その後昭和63年に長男が、平成8年には今回の被害者となる翔くんが誕生したが、長男と翔くんには知的障害があった。長女もそうだが、子供たち全員が重い喘息も抱えていたという。

病弱でかつ、支えが必要な子供たちではあったが、春江にとってはかけがえのない宝であり、決して裕福ではない暮らしの中でもそれまでの不遇な時代を思えば、春江は自分なりの幸せをつかんだと思えていた。

しかし翔くんが誕生した翌年、夫が失踪した。多額の借金というお土産を残して。

経済的な苦難と、長女

長女は中学生、長男は10歳、翔くんに至っては乳飲み子である。
そんな状況で春江が馬車馬のごとく働けるはずもなく、一家は経済的に追い詰められていく。さらには夫の借金のことで春江に対して取り立てもあった。
春江は埼玉県内の夫の実家に子供らと身を寄せたが、我が息子の下手うちにもかかわらず夫の両親は冷淡だった。
こんな大人数では暮らせないからと、春江と子供たちはその家も追い出されてしまう。
それでも春江はあきらめず、自己破産することで借金から逃れた。そしてその後は生活保護を受け、自身もパートに出るなどして懸命に子供たちを育てていた。

うどん店や惣菜店で掛け持ちのパートをし、子供たちもそれなりに成長してくれた。特に長女は、家計を支えるために定時制高校へ進学、アルバイトをするだけではなく、家事を担って春江を助けた。
大変だけど、それでもひとりじゃない。16歳になった長女は、春江の良き話し相手でもあった。
弟たちのことも理解し、よく面倒も見てくれたという。
長女の存在が、あのとんでもない夫と離婚したのちの春江の生きる支えにもなっていた。

しかし、ある日唐突にその日常が壊れた。

春江の目の前で長女が喘息の重責発作を起こし、そのまま死亡したのだ。

心身の苦難

経験がないと想像しにくいかもしれないが、喘息の発作で人は死ぬ。
私の友人も20歳の時、職場で発作が起き、そのまま帰らぬ人となった。今は薬もあるのかもしれないが、大きな発作が起こると気道が締め上げられるような状態になり、あっという間に呼吸困難に陥る。
長女の発作も、おそらく春江にはどうしようもなかったし、救急搬送されても絶対に助かるとは言えないものだったはずだ。

しかし、目の前で苦しむ娘を助けられなかったという事実が、春江の心と体を蝕んでいく。
ずっと続けてきたパートにも出られなくなり、体調も思わしくない日が続いた。
そりゃ娘が目の前で死ねば誰だって体調を崩すだろうよ……と思うが、実は春江は本当に体調が悪くなっていたのだ。
娘の死から1年半ほど経過した平成14年。春江の乳がんが判明する。

春江はこの時、乳房のみならず子宮や卵巣に至るまで全摘手術を医師に申し出た。
支えが必要な息子たちの将来を考えてのことだったという。
しかしその手術の後遺症は大きく、右腕が上がらない、天気の悪い日には体のあちこちに痛みが出るなど、日常生活に支障をきたすようになってしまった。

さらに、慕っていた姉の死は弟の心にも翳を落としていた。
特に、翔くんは心を閉ざすようになっていったという。

民間のアパートの家賃が重くなったこともあったのか、平成16年の秋には埼玉県内の県営団地に転居。
この頃には翔くんは学校へ行こうとしなくなっていた。

投影性同一化

「妹は、長男は父親似で、翔は私に似てる、そういってました。」

こう話すのは、春江の実の兄(当時53歳)だった。
知的障害の程度は、兄よりも弟のほうが重かったというが、春江は翔くんが自分に似ていると思っていた。
そしてそれは、外見だけではなく、歩んできた人生までもが自分と同一のように思うようになっていく。
翔くんが学校に行けないのは、自分と同じように虐められているのではないか、団地の人たちも、自分や家族のことを嫌っているのではないかと一方的に思い悩むようになった。
この頃、長男のことでも悩みがあった。養護学校卒業を控えていた長男だったが、学校側から
「就職するのは困難」
と言われていたのだ。

別に翔くんや長男が自身の境遇を嘆いたりしたわけではなかった。しかし、この頃の春江には、とりわけ翔くんについて、自分とイコール、としか思えなくなっていた。自分の人生と同じ道を、息子たちに歩ませてしまう……春江の頭の中はそれでいっぱいになっていた。

平成17年5月、春江は翔くんの手を引き、東京へ向かった。日本橋のデパートで果物ナイフを買うと、小雨が降る中日比谷公園へむかった。
ここで、翔くんとともに終わりにしよう、惨めで苦難に満ち満ちた人生を。
そう思った春江に、翔くんは声をかけた。
「家に帰ろう。帰りたい。」

もうだめ

翔くんの言葉に我に返った春江は、その時は思いとどまり家に帰った。
しかし完全に自分を取り戻してはいなかった。

生活保護を担当する課では、春江とは頻繁に面談していた。それが、この頃になると危険信号ではないかと思われる言動が見受けられたという。
事件直前の5月17日には、団地の自治会長宅のポストに、
「夕べ一晩考えました。もうのこす物はただ一つです。もう覚悟を決めないと。」
という、読む人を恐怖のどん底に叩き落すに十分な不穏な手紙を入れていた。
自治会長はすぐに養護学校に連絡、学校も地元の心療内科へ話をつないだ。
状況から医師は早急に専門医にかかる必要ありと判断、川口市の福祉課にもその旨伝えられた。

しかし、ここには難しい問題があった。

生活保護というのは、あくまで申請、自己申告があって初めて行政が動けるものということもあり、また、心療内科というデリケートな分野の受診をおいそれと勧めてトラブルになることも予想された。
一歩間違えば人権問題である。そういう世の中なのだ。

結局、春江の異変は見過ごされてしまう。

そして、6月10日を迎えた。その日も、一年前と同じ雨の日だった。

愛他的殺人

裁判では検察側も春江の人生が苦難の連続だったことに一定の理解を示した。
その上で、やはり幼いわが子を殺害するという行為は罪に問われるべきとして、懲役13年を求刑。
対する弁護側は、
「本件犯行は被告人が自分の人生と次男の人生を重ね合わせて、これまでの幾多の苦難に耐え、全精力を傾けて育ててきた最愛の次男の将来を悲観した結果」起きたこととし、情状酌量を求めた。
精神鑑定を行った医師は、この春江の行った殺人を「愛他的殺人」と表現した。
これは、他人の幸福を第一に考えて行動することを言い、良いか悪いかは別としても春江のそれまでを考えれば理解できるものと言えた。

実は春江自身にも軽度ではあるが知的障害があることも判明していた。さらには、春江の実弟(当時48歳)も、重度の知的障碍者であった。この弟は、春江の兄が同居して面倒をみていた。

自身の知的障害をよくわからないまま、健常者らと同等に必死で渡り歩いてきた人生、しかしそこには春江の責とは言えない、数々の苦難がまるで神様これはわざとか、と言いたくなるほどに折り重なった。

検察は春江に対し、懲役13年を求刑、平成19年7月20日、東京地裁の青柳勤裁判長は、多分に同情の余地があるとしながらも、息子の将来を一方的に悲観して殺害したことは独りよがりのそしりを免れないとし、大幅に減刑した懲役7年の判決を言い渡した。

非常に苦しい。知的障害で就職もできない長男、今は子供でもそれより程度が重い障害を抱えた次男はこの先どうやって生きていくのか。
10年経てば春江は60歳を超える。今でも体に痛みがあるのに、その頃息子たちを支えてやれるのか。というより、自分は生きているのかそこまで。
法廷での春江は、実年齢よりもぐっと老けて見えたという。

春江はずっと負けずに頑張って生きてきた。性的虐待やいじめを受けながらも自殺などせず、へこたれず、自分にできる精いっぱいをこなしてきたと思う。
そんな自分の人生、苦難ばかりだったけれども、長女をはじめ素晴らしい、愛すべき子供を得られたのではないのか。それゆえに、こんな結末を迎えてしまったのではないのか。その選択を春江がしなければ、イコール子供たちもそんな悲しい人生を送らなくて済むのではないのか。
自分と同じ苦難の人生でも、自分が得られたささやかな幸せをこの兄弟だって見つけられる、そうは思えなかったか。思えないよな……

どんな理由があろうとも人を、ましてや子供を殺すというのは、罰を受けなければならない。
たとえそれが、愛ゆえの殺人であったとしても。

けれどもやはり思う、自分ならば春江のようにここまでまじめに道を踏み外さず来られるだろうか、と。もっと早くに逃げ出したかもしれないと。

そう考えると、やはり春江は、家族をもって幸せだったし、子供たちを誰よりも愛していたんだろうな、と思う。

*****************
参考文献

事件 東京地裁が泣いた日本一哀しい格差殺人
菊地 正憲  著
Aera 2007.6.25 p.30~3

 

 

コメントを残す