🔓解体途中で投げ出した女が残した、鍋の中身~交野市・夫バラバラ殺人事件~

平成9年8月12日

大阪府交野市幾野4丁目。そのマンションでは、5月くらいから異臭騒ぎが持ち上がっていた。
生ごみのような、明らかに何かが腐敗しているようなその臭いは、3階の部屋から漂っていた。
この部屋の住人は、たしか夫婦だったはず。しかし、住民らは分譲マンションのその部屋で、夫婦の姿を1年ほど前から見かけなくなっていた。

マンションの自治会では、再三警察に相談するなどしていたが、当初は真剣に向き合ってもらえずにいた。夏になり、異臭は凄まじいことになり、ドアノブから合鍵を作り、それが出来た12日に警察官、自治会長がその部屋に踏み込んだ。

ドアを開けた瞬間、もうこれはただ事ではないとその場にいた全員が悟っていた。
凄まじい腐敗臭、それは浴室からのものだった。
浴室のドアを開けると、そこにはバラバラに解体された性別不明の成人らしき遺体と、のこぎりが放置されていた。

消えた夫婦

この3LDKの部屋には、アパレル会社勤務の圓山裕昭さん(当時52歳)とその家族が住んでいるはずだった。
圓山さんは1989年の3月にこの部屋を購入、夫婦とその娘の4人暮らしだったが、妻とは1993年の暮れに病気で死別。その後、1995年11月に再婚し、娘らが独立した後は夫婦二人暮らしであった。

警察では娘らにも当然連絡したが、「鍵が違っていては入れない。父親ともかなり長いこと連絡が取れていない」と話した。

男性は大阪市内のアパレル会社に勤務していたが、1996年の初めから無断欠勤になっていたため、会社は同3月で退職の措置をとっていた。
しかし、妻は近隣や知り合いに、「夫が東京に転勤になった、すでに夫は東京へ行っているが、自分は娘の出産があって一緒に行けない」と話していて、実際に引っ越し作業も行われていた。
4月末、「娘の出産を手伝う」と言ってそのまま妻もいなくなり、それ以降マンションの自治会費も支払われなくなっていた。

浴室にあった遺体は、死後1年以上経過しており、洗い場には切断された頭部、胸部、左足、右腕があった。腹部はほとんどがなく、遺体は腐乱して白骨化していた。
胸部には右腕と左足が重ねておかれ、そのわきに鋸が立てかけてあったという。
まるで、作業の途中で放り出したかにも思える惨状であった。
さらに、電気が止められた冷蔵庫の野菜室からも黒いポリ袋に入った内臓らしきものも発見された。

【有料部分 目次】
前科持ちの後妻
結婚生活と潜伏生活
とばっちりの男
嘘にまみれた女
殺害の動機
バラバラにしてさらに煮込む人々
犬の話と、怖い話

「🔓解体途中で投げ出した女が残した、鍋の中身~交野市・夫バラバラ殺人事件~」への10件のフィードバック

  1. 私もこの事件、当時ワイドショーや週刊誌ネタになってたのを覚えてます
    最初読みはじめたころはわかりませんでしたが、栄という名前が出てきて…
    ああ遺体の一部を煮込んでた事件か…って。

    近所の人の証言?で、おそらくこれは逃亡潜伏先の話でしょうけど
    干した洗濯物?を投げやりな態度で選んで着てた?とかなんとか…

    しかしその後は忘れ去られてしまったようですね
    ネット上にほとんど取り上げられてないですし。
    別々に2回も殺めてる、それも出所してからとなると悪質ですし
    もっとネタにされていても不思議ではないですが
    (21世紀に入ると、悪質な連続女性殺人者が一気に増えた?印象もありますけど
    20世紀までで判断するなら相当に…
    男性なら「出所後も人殺し」はとても多いですが女性だとあまり聞かな…)。
    サイゾーウーマンの「悪女の履歴書」とかにとっくに出てきてもいいのに。。

    5chのこれはいったい…
    釣りじゃないならいったい…
    いったい誰が、被害者のふりをしてしゃべってたことになるのでしょう…

    虚言癖?がしみついている犯罪者の中には適当にうそぶくタイプもあるようですね。
    詐欺師も年季が入ると、焦らずに準備してなかなかばれない演出をするものですけど、
    遺体の解体を途中でやめた?あたり周到さがなくて、いろいろな意味で未熟でいい加減な犯罪者なのかも。

    1. oko_kさま
      コメントありがとうございます
      かなりワイドショー的な事件ですよね
      私はなんとなく記憶にあった、程度でしたが、調べる過程では非常にこの栄という女に興味がわきました。
      正直、器量は良くない年増の女が、それでも男性に好かれたのはやはり、感情を隠さないあたり関係しているのかな、などとも感じました。
      泣いて喚いて、でも、愛情表現も沢山する…
      何考えてるか分からないおとなしい美人よりハマるのかも。

      5chの書き込みは嘘とは思えないのが怖いです。

  2. この事件覚えています!
    テレビで容疑者の顔が出てて、若井みどり似のどこにでもいるふっつうのおばさんだったような…大昔の記憶なので曖昧ですが。ただこんなおばちゃんがこんな怖い事件起こすの?!とそのギャップに戦慄を覚えた記憶はあります。リンクの怖い話…読んでしまったことを激しく後悔します(笑)備忘録さんの記事たくさん拝読しましたが、ホラー度はこの事件がダントツです!

    1. けいこ さま
      若井みどりって誰や?と思って検索したら、似てました笑
      この事件はあまり詳細が残ってなかったのですが、怖い話にたどり着いた時は私も背筋が凍りました。
      そんな展開?!と思ってしまって。

      また今後とも、よろしくお願いいたします

      1. 備忘録さま
        若井みどりは確かにローカル過ぎますね。たまに新喜劇とかに出てるんですけどね(だから誰も知らねえよ)。失礼しました。
        でも似てると言ってもらえて良かったです(笑)

        1. けいこ さま
          いや、私多分この方見た事あります笑
          でも名前まで知らなかったのです。
          一つ勉強になりました!今度からこの事件のことを話す時は、「若井みどりに似たおばさん」と表現します!
          こういう些細なことでも、コメント嬉しいです。ありがとうございます。

  3. うわぁ、怖い事件ですね。

    金遣い荒子の、カッとなっての殺人みたいですね。

    計画性はなかったのでしょうね。前回もカッとなって実行してます。

    死体をバラバラにするって結構やるみたいですね。死体を確実にについて隠す為のみで、怨みとかでないらしいですね。

    殺人して、刑期終えて出て来て、また殺人ですか。今度はどうなるのでしょうか?

    1. ひめじの さま

      コメントありがとうございます。
      この事件はあんまり記憶がなかったのですが、書いてるうちに思い出しました。
      栄は人格的にちょっと何かあるのかなーという気もします。仰るように、何かが引き金になって見境がなくなるタイプのようですよね。
      単に金目当てなら、2番目の夫もどうにかしてそうな気もしますし。

      殺人から出所してまた殺人、というのは多いんです。
      でも、過去の事件は別、とする考えもあるため、トータルで2人殺してても無期、は結構あります。

    2. 最後のリンク先がまさかの怪談…!
      二度美味しく読ませて頂きました(^_^)
      なんだか、スケールの小さい尼崎事件って感じがしました。
      途中から脳内再現VTRは美代子になってました…。

      1. にしも さま
        コメントありがとうございます!

        栄は夫を愛してたのかな、それも分かりませんが、少なくとも夫は栄との生活を幸せに感じていたようですよね。
        でも栄の嘘ばかりつく人生を考えたら、何一つ信用出来ない気もします。
        後日談が本当ならば、部外者にはわからない何かが夫婦の間であるのかもしれませんね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です