特集:昭和は遠くなりにけり~4つの昭和の事件~

私は昭和49年生まれ。ど真ん中とはいかず、すでに終盤に差し掛かったころの生まれです。
記憶にあるのは、とにかくみんなよく働いた時代ということ、テレビや雑誌などのマスコミは権威を振るい、正直なんでもありな時代。
勢いがありました。

一方で、昭和60年代というと、昭和天皇のご容態が連日報道される中、近く訪れるであろう「代わる日」に、なんとなく恐怖感にも似た暗い気持ちを持っていたようにも思います。

事件も、昭和の終わりは暗いものや衝撃的なものが多いように感じます。コンクリ事件もそうですね。

昭和の日を過ぎてしまいましたが、私の大好きな昭和の終わりに起きた事件を4つご紹介します。

ちなみに、ひとつは過去に有料記事として書いた「一人で死ね、は暴言か~道連れにしたがる人々~」内の記事とリンクしています。

なーんにも考えてない男~大阪・義姉殺害死体損壊事件~
禁断の死出の旅路~福島・男女服毒心中事件~
🔓The Killing Fields~秦野市・カンボジア難民一家殺害事件~
怨焔~大胡町・不倫仲裁逆恨み隣人焼殺事件~

どうぞお楽しみください。

🔓The Killing Fields~秦野市・カンボジア難民一家殺害事件~

病院にて

「あ!ソウカンさん、旦那さんが来てくれたよ」

秦野市くず葉台病院305号室。
3人部屋の病室で談笑していた入院患者が、一人の女性にそう声をかけた。
部屋の入り口には、女性の夫の姿があった。
女性は26歳のカンボジア人で、夫と3人の子供とともにこの病院の近くの住宅で暮らしていた。
持病が悪化したことから外科手術を行うために、女性は数日前からこの病院に入院していたのだ。

同室の患者らは、気をきかせて病室を出た。
直後、病室から身の毛もよだつような凄まじい叫び声が上がった。
職員らが駆け付けると、病室のドアにカギがかかっていて開かない。しばらくすると、先ほどの夫がゆらりと病室から出てきた。
周囲の人々はその姿に息をのみ、微動だに出来なかった。夫の手には、血塗れの包丁が握られていたのだ。

夫が出ていったのを確認して、急いで病室へ入ると、そこには血だらけで息絶えた女性の姿があった。

【有料部分 目次】
事件
インドシナ難民
日本社会
5月30日事件
ほころび
その日
衝撃の判決
ムアンの過去
根本
心の扉
結局、利用する

🔓女たち~3つの殺された女の話~

まえがき

女はいくつもの顔を持つ。貞淑な妻として、強くひとり生きる女として、子を思う母として。

しかしそれら表の顔とは違う顔を見せるとき、運命の歯車は軋み始める。

メールもLINEも携帯電話すらない昭和の時代、物が溢れ多くの人は意識せずとも中流と呼ばれたあの頃、必死で生き抜こうとする女、誰にも言えない暗い過去を背負った女、なんの不満もないはずの恵まれた生活にため息をつく女がいた。

昭和に生きた、3人の女の話をしたいと思う。

【有料部分 目次】
翻弄された女
上野の事件
それぞれのそれまで
女の意地
「あの女には負けたくない」
くれない族の結末
調布の主婦
違い過ぎる二人
男の過去
鬼か、それとも
身元不明の遺体
ゆきずりの女
女の罪
もがき疲れて

🔓嗤う霊能者~酒田市・男性傷害致死死体損壊遺棄事件~

平成13年9月20日午前4時

秋田県由利郡象潟町の原野で女がひとり佇んでいた。
しばらくすると、女は自分が乗ってきた自動車に火を放ち、立ち去った。

「一緒に死のうと思ったが、死にきれなかった」

後に女はこの時の心境をこう供述している。
女が火を放った自動車には、女が長年連れ添った夫の遺体が載せられていた。

【有料部分 目次】
事件
横山家
狂気
長男の妻と、山形の女霊能者
やるせない結末
思い出の原野

🔓Hungry Spider~中国自動車道女子中学生轢死事件・小5女児沖縄連れ去り事件~

まえがき

本来、愛の象徴ともいうべき「家庭」。
嫌なことがあっても家に帰って家族の顔を見、お風呂に入ってご飯を食べて暖かい布団で眠れば、また頑張ろうと思える、そうであるはずの家庭から、逃げ出したいと思う子供がいる。

特に、それは少女に多く見られるように個人的に感じているのだが、彼女たちはなぜそこまで家から逃れたいのだろうか。
親が口うるさい、兄弟姉妹とうまくいかない、両親の不和、経済的な理由、それは差こそあれども、本人にとっては重大な問題である。

ただ現実問題として、小中学生であれば逃げる金もないわけで、空を見上げどこへ行くともしれない飛行機にその思いを託してみたり、漫画やドラマの世界に没頭してその気持ちをやり過ごす、多くはそうして大人になっていく。

しかしもしもその時、目の前に逃げる手段を持ち合わせる「大人」の存在があったらどうだろうか。
その大人は、金を、自分の希望を満たしてくれる。そして、その大人は自分たちのような「少女」と呼ばれる存在に対して価値を見出しているとしたら。

ふたりの少女の、それぞれの逃避行の結末。彼女らが恐れた、あるいは彼女らの手を取った大人たちについて。

【有料部分 目次】
中国自動車道で死んだ少女
事件発生
犯人逮捕
男の評判
援助交際
見過ごされた赤信号
実行された妄想
逃げたかった少女と、捕えたかった男「たち」
沖縄へ逃げた少女
千葉の誘拐事件
距離感のおかしい少女
溺れ行く男
欲しがる人々
宴のはての懲役2年6月
めぐ
Hungry Spider