🔓被害者の事情、加害者の事情

この記事を転載あるいは参考にしたりリライトして利用された場合の利用料金は無料配信記事一律50,000円、有料配信記事は100,000円~です。あとから削除されても利用料金は発生いたします。
但し、条件によって無料でご利用いただけますのでこちらを参考になさるか、jikencase1112@gmail.comまで連絡ください
**********

 

令和6年5月、新宿のマンションエントランスにて20代の女性が店の客だった50代の男性にメッタ刺しにされて殺害される事件が起きた。

2人の関係が明らかになるにつれ、被害者の属性や生前の発言などから、どちらが被害者なのかわからないといった声が多く聞かれた。

たしかに、加害男性はFacebookなどをみるといたって普通の男性で、車やバイクを趣味としている人物、一方被害女性は勤務する飲食店で男性から多額の支払いを受けていた事実はあった。
それだけでも風向きは被害女性に対して冷たかったのが、加害男性が大切にしていた車を売り払ってまで金を工面していたという話が出ると被害女性に対するバッシングが加速した。

個人的にはどんな事情があってもだからって殺すかよ、なので、加害男性に同情はしないが、事件を起こす以外にないと加害者が思い込む過程、背景については、たとえ被害者にとって不利なことでもそれらも踏まえて考えなければならないと考えている。

裁判では一定限度を超えるケースについては加害者に有利に判断されることも少なくないし、それを踏まえたとしても情状酌量の余地はないとする判決もあるが、報道ではなかなか被害者の落ち度的なものは伝わりにくい。

ましてや、直接の被害者以外の人間の言動が根本だとしたら、伝わることは少ない。

3つの事件が起こったその背景について。 続きを読む 🔓被害者の事情、加害者の事情

🔓更生は、できませんpart2~群馬女性強姦殺人事件(など)~

この記事を転載あるいは参考にしたりリライトして利用された場合の利用料金は無料配信記事一律50,000円、有料配信記事は100,000円~です。あとから削除されても利用料金は発生いたします。
但し、条件によって無料でご利用いただけますのでこちらを参考になさるか、jikencase1112@gmail.comまで連絡ください
**********

 

男は焦っていた。

どうやら警察が自分を嗅ぎまわっているらしい。誰にも見られていないと思っていたのに……
ひとり暮らしの女の行方が分からないといって、こんなに早く警察が動くもんなのだろうか。

とりあえず、あれだけは見つかってはいけない。

男は一人寝床をそっと抜け出すと、その場所へと向かった。

【有料部分 目次】

車の中の遺体
自供
男のそれまでと、家族
繰り返された犯行
極悪
元妻
更生は出来ません

🔒愛しているから、苦しんで~浜松市・小3女児殺害事件~

この記事を転載あるいは参考にしたりリライトして利用された場合の利用料金は無料配信記事一律50,000円、有料配信記事は100,000円~です。あとから削除されても利用料金は発生いたします。
但し、条件によって無料でご利用いただけますのでこちらを参考になさるか、jikencase1112@gmail.comまで連絡ください
**********

 

「おはよう。子どもは起きた?待っています」

その日の朝、女性は離婚した元夫にメールを打った。ちゃんと娘を学校に遅れないよう行かせたかしら?
それにしてもあの人は昨夜なにをあんなに感情的になっていたのだろう。
勝手に娘を連れ出すなんて……
まぁ、子どものことは可愛がる人だから、娘と一晩過ごせたら頭も冷えるでしょう。

なんら、変わりのない朝だった。

ただ、彼女の娘は、生きて帰って来なかった。

事件

平成23年6月9日午後2時ころ、静岡県浜松市内のアパートから「娘を殺した」という110番通報が入った。電話の声は男性。すぐに警察がアパートに駆け付けると、部屋は鍵がかかっていた。
警察官が窓を割って室内に入ると、そこには意識を失った状態の成人男性と、小学生とみられる女の子が倒れていた。

男性は病院へと搬送されたものの、女の子はその場で死亡が確認された。
女の子は首を絞められ、さらには左手首にかなり深い切り傷もあった。

警察が室内を捜索したところ、遺書とおぼしきメモが見つかった。その後、搬送された男性は女の子の父親であると確認、状況から娘を道連れに無理心中を図ったとみられた。

15日、意識不明だった父親が回復したことから、警察は殺人の容疑で逮捕した。

🔓哀しみの地獄で生きて~長浜・二幼児殺害事件~

この記事を転載あるいは参考にしたりリライトして利用された場合の利用料金は無料配信記事一律50,000円、有料配信記事は100,000円~です。あとから削除されても利用料金は発生いたします。
但し、条件によって無料でご利用いただけますのでこちらを参考になさるか、jikencase1112@gmail.comまで連絡ください
**********

 

「今日は眼科に行く予定があって。園はお休みします。」

滋賀県長浜市のその住宅に、一人の女性が訪ねてきていた。女性は、この家に住む息子と同じ幼稚園に娘を通わせている母親。
幼稚園ではこうして保護者が交替で園児らをグループ分けし、送迎するシステムになっていた。
いつものように、当番の保護者が迎えに来た。しかしその家の息子はその日眼科へ通院する予定になっており、迎えに来た当番の母親に対し、園を休むことを伝えた。

いつもと変わらない、普通の日。当番の母親はほかの2軒の家を回り、子どもたちを車に乗せた。

午前9時過ぎ、車は人気のない農道を走っていた。両脇に広がる田んぼ。その途中で、車は止まった。

そう、長くない時間だった。ドアが開き、中から女が下りて来て、後部座席の子どもを引きずり出した。そしてまるで放り出すように、子どもを道路上に放置し、再び車の中で何かしていた。
また、子どもが車から引きずり出される。その子は、道路と田んぼの間の水路に落とされた。

走り去る車。そこには、倒れた子どもふたりと、赤い通園バッグが残されていた。

一報

通報が入ったのは、平成18年2月17日午前9時過ぎ。国道8号から南へ約300mほど行った農道で、通りがかった男性からの「幼い子供が二人倒れている」というものだった。
救急隊員が駆け付けたところ、たしかに子供二人が倒れていた。交通事故にでも遭ったのか?しかし、二人はまさに血まみれ、車に跳ね飛ばされたような状況とは違っているように見えた。
隊員の呼びかけに、男の子はかすかに息をしている様子だったが、女の子はもはや意識はなくすでに心肺停止状態。男の子も呼吸をするたびに、口から血があふれていた。

長浜赤十字病院に搬送されたが、女の子はすでに死亡、男の子も緊急手術の甲斐なく死亡が確認された。

死亡したのは長浜市新庄寺町の武友若奈ちゃん(当時5歳)と、佐野迅くん(当時5歳)。ふたりとも、同じ近くの神照幼稚園に通っていた。
幼稚園では午前11時ころから園長による事件の説明が保護者に向けて行われたが、当然のことながら保護者らも一体何が起きたのかわかっていなかった。
ただ、登園する途中で園児二人がケガをした、園に来ていない別の子どもがいる、その登園していない園児の母親が、二人を送迎する当番だった、などなど断片的な情報だけが錯綜していた。

同じ頃、事件を受けて緊急配備を敷いていた滋賀県警は、大津市の真野インターチェンジ付近で手配されていた白のダイハツ・ムーブを発見。車内を見れば後部座席が血の海だった。
運転していたのは車の所有者の妻で、殺害された二人の園児宅の近所に住む女。女の娘も、二人と同じ幼稚園に通っており、警察が発見した際、その娘も車内にいた。

女は、名前を谷口充恵(みえ)といった。かわいい女の子の、お母さん。

そのお母さんは、中国からやってきた。日本という素晴らしい国に希望を抱き、自分の夢をかなえようと、幸せになろう、なれると信じてやってきた。

本名・鄭永善(てい えいぜん)。

彼女の夢と希望は、彼女自身によって砕かれた。

【有料部分 目次】

裁判
家族
壊れゆく女
家族の都合
幼稚園と「変わった感じのお母さん」
娘に重ねる「自分自身」
助けてください
伝えることの難しさ
自分の中の地獄

🔓お父さんは悪くない~続・ある家族の崩壊への軌跡/八尾市・長男バラバラ殺人事件~

この記事を転載あるいは参考にしたりリライトして利用された場合の利用料金は無料配信記事一律50,000円、有料配信記事は100,000円~です。あとから削除されても利用料金は発生いたします。
但し、条件によって無料でご利用いただけますのでこちらを参考になさるか、jikencase1112@gmail.comまで連絡ください
**********

 

店先には、いつもその父親の姿があった。
缶ビール片手に、父親は客を待ちながらテレビの野球中継を見るのが常だったという。

「精神病院行ってんねん」

息子はそう言ってにこっと笑う。お気に入りのTシャツやスニーカーを「おっちゃん!見て!」と人懐っこく話しかける息子のことを、近所の人たちの中には親しみを持って接する人らもいた。

そんな息子の通院費を稼ぐために、父親は家業の自転車店のほかに、トラックの運転手や市場の鮮魚部門で早朝の仕事を掛け持ちしていた。
母親と次男はすでに家を出ていた。

小さな家に、父親と息子。

「仕方なかった」

そう呟いた父親は、同時に

「後悔していない」

とも話した。

鳴門の砂浜の胴体

平成17年5月11日、徳島県鳴門市の砂浜に、男性とみられる遺体が打ち上げられた。
遺体は、頭部と四肢が欠損した状態。明らかに、切断されて遺棄されたものだった。

指紋も顔も分からない場合、身元特定には時間がかかるかと思われたが、2日後身元はあっさり割れた。
警察のDNAデータベースに、遺体と合致するDNAが登録されていたのだ。

胴体は、大阪府八尾市在住の藤見一(はじめ)さん(当時33歳)と断定。一さんは当時八尾市内の実家で父親と二人で生活していたという。

警察がDNAが一致したことを踏まえて父親に話を聞きに行ったところ、なんとその父親が一さん殺害、切断、遺棄を認めた。

逮捕されたのは一さんの父親・秀雄(仮名/当時62歳)。
秀雄は一さんが自室で寝ているときに工具を用いて頭部を殴り、殺害したと自供。その後、遺体を解体して仕事で使用していた2トンの保冷車に積み込むと、大鳴門橋の上からその遺体を遺棄したと自供した。

秀雄は自転車店を経営しており、事件当時も店の入り口には「パンク直します。1台500円」といった張り紙もあった。
住宅街にある小さな自転車店。自宅も兼ねていたというその2階で、一さんは父親によって殺害され、バラバラにされて鳴門海峡に捨てられた。

取り調べに対し、秀雄は冒頭のように、仕方なかったと、後悔していないと話した。

秀雄は自転車業界でも知る人も多い人物だったという。事件を知った知人や同業者らはその人柄などに触れ、信じられないといった様子だった。

しかし、妻と息子二人との家族4人幸せな日々は、とうの昔に崩壊していた。

【有料部分 目次】
幸せな4人家族
変わり果てた両親
他害行為と絶望
「もう、悩まなくて済む」
「お父さんは悪くない」
医療観察法
当事者と他人の距離