🔓暴走した年下男の涙の陰で女は嗤ったか~境町就寝中男性殺害事件~

事件当日。

2013年5月26日午前2時15分。
国道354号線が走る茨城県猿島郡境町の中心部から、北西に数キロ走った民家から女性の声で110番通報が入った。
「寝ていた夫が血まみれになっている」
電話の主は、その家に住むレンタルビデオ店店員で、被害者の妻だった。
警察と消防が駆けつけると、大きな敷地に並んで建つ二つの民家の奥側の2階で、この家に住む小野里正志さん(当時38歳)が、左胸を刃物のようなもので刺されているのを発見。
傍らには通報した妻が呆然としていた。
正志さんは大量に出血しており、搬送先の病院で死亡した。

警察は、妻から事情を聞き、「以前からしつこくつきまとってくる男がいる」との証言から、妻が勤務するレンタルビデオ店の同僚のアルバイト・野村賢志(24)を殺人容疑で翌6月6日に逮捕した。

野村は犯行を認め、供述通りの場所から凶器とみられる刃物も見つかった。

野村は正志さんの妻に好意を抱いていたが、交際を断られたにもかかわらず諦めきれず、正志さんが邪魔だと思うようになり殺害に及んだと見られていた。

しかし、裁判が始まると野村は予想外の告白を始めることになる。

「正志さんを殺しました。刺したのは自分です。 一人で考えてません。○○さん(正志さんの妻)が関わっています。 」

【有料部分 目次】
ふたりの出会い
男が信じた妻の事情
女の主張
妻は共犯と言えるか
A子さんの誤算
終わりのない日々

「🔓暴走した年下男の涙の陰で女は嗤ったか~境町就寝中男性殺害事件~」への2件のフィードバック

  1. OOSAWA さま

    なんと、被害者のお友達とのこと、それは非常に悔しい思いをなさったでしょうね。
    実際に私が調べた中でも関係者の方の証言があったのですが、一様に「納得できるものではない」と述べています。
    A子さん(嫁)については、罪に問われていませんからこちらがあれこれ言うのは憚られますが、彼女のいいわけは本当に笑ってしまうほど酷いです、というか、スゴイなこの人、と思いました。
    野村は愚かな男だと思います。若さを差っ引いても、甘いし、馬鹿だし、罪は償うべきですね。
    でも、私も野村は完全に利用されたと思います。A子さんが積極的に誘導したのではないにしても、そういった意味でA子さんは罪深いと思っています。
    このように記事にすることが被害者の方や身近な方にとっては良くないことかもしれませんが、お許しくださいね。

  2. この事件は、この判決に絶対に納得できない。と今も思い続けています。
    嫁はとっくに保険金を受け取り、現在もものうのうと生活している。

    もちろん、野村という男は許せませんが、それ以上に嫁が許せない。
    このままでは被害者が可哀想でなりません。
    加害者…計画的に利用されたのだと…
    若い男の子の人生もが…

    私は、被害者の同級生です。
    高校時代からの「仲間」でした。

    でも、もうどうする事もできないんですよね。悔しいです 悔しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です