拾い上げた耳たぶ~北茨城市・女性監禁リンチ事件①~

平成12年4月10日





茨城県水戸市。
女性は息も絶え絶えの状態で実家の玄関になだれ込んだ。
家にいた母親が、一目ではそれが自分の娘だと気づけないほど、女性はボロボロの状態だった。
右目の周囲は紫色に腫れ上がり、腕も足も、見える範囲は傷だらけという凄まじい状態……。
女性は、60キロ離れた北茨城市内から自転車と徒歩で、この日ようやく実家にたどり着いた。
家族が女性の顔をよく見ると、両耳の耳たぶが、なかった。





事件概要

平成12年5月15日、茨城県警少年課と高萩署は、友人女性をプレハブに監禁したうえ、殴る蹴るの暴行を加えたとして水戸市内の無職少女A子(当時17歳)と、旅館従業員B子(当時17歳)を、傷害容疑で逮捕した。
少女らは、4月4日から9日にかけ、北茨城市内の知人男性宅の庭にあるプレハブ内に、友人の児島理絵さん(仮名/当時26歳)を連れ込み、児島さんに暴行を加えた疑い。
児島さんは殴る蹴るの暴行のほかに、タバコや熱したヘアアイロンを押し付けられたり、体中に打撲痕や火傷が無数にあった。
児島さんが一度逃走した際は無理やり連れ戻し、その後服を切り刻んで逃げられないようにしたうえで、児島さんの両耳たぶをハサミで切り落としていた。
児島さんは9日夜になって、少女らが寝入った隙に逃走。徒歩や放置自転車を使用しながら4月10日正午過ぎに水戸市内の自宅に戻り、病院での治療を受けたのちの12日に被害届を提出していた。

調べに対し少女らは、
「児島さんが悪口を言っていた」「むしゃくしゃしていた」
などと話し、警察では監禁場所となったプレハブを所有する一家の男性会社員からも事情を聞いていたが、その後、傷害ほう助の疑いで北茨城市の鳥居健人(仮名/当時22歳)を逮捕した。鳥居は、A子の交際相手だった。




出会い

児島さんと少女らの接点は事件の2年前、平成10年に遡る。
水戸市内でバイトしていた児島さんは、そこでA子と知り合った。
さして仲が良いとか、そういうことではなかったというが、バイトを辞めたA子から時折遊びの誘いがあった。
断る理由もなかった児島さんは、A子の誘いに応じた。
B子と知り合ったのは、A子を通じでのことだった。平成12年の3月、A子は児島さんに、「私の親友」としてB子を紹介した。

この3人の間に、不穏な空気が流れたのは3月31日。
「相談したいことがある」
とA子に呼び出された児島さんは、北茨城市内でA子とその男友達と合流、カラオケボックスでB子とも合流した。
夜通し遊んだものの、A子から児島さんに相談はもちかけられなかったという。
その後、児島さんとA子、B子は、A子の彼氏である鳥居の実家へ行き、敷地内のプレハブに泊まった。
このプレハブこそが、のちに児島さんが監禁されるプレハブなのだが、この場所は鳥居の友人やA子らのたまり場になっていたようだった。
プレハブから目と鼻の先には、鳥居の両親らが暮らす母屋があったが、このプレハブに家族らが顔を出したり、気にかけたりといったことはなかったという。

翌日、夜になってから児島さんはA子らとともにゲームセンターなどへ行ったが、途中、A子とB子は児島さんを置いて知り合いの男性らとどこかへ行ってしまったという。
どうしたらいいかわからないまま、児島さんはゲームセンターでA子らを待っていると、夜中になって二人が戻ってきた。
しかし、児島さんの知らないうちに、A子にはなにかあったようだった。
4月2日、A子はあきらかに不機嫌になっていて、児島さんもそれは気になっていたようだが、思い当たることはなかった。

暴行


それは突然だった。
児島さんはA子にいきなり顔面を殴られた。
痛みよりもあっけにとられる児島さんに対し、A子は不敵な笑みを浮かべながら、抵抗する児島さんの髪をつかみ、そのままハサミでバッサリ切り落としてきたという。それをB子にもやらせていた。
殴られたことに理解が追い付かない児島さんに対し、A子は携帯電話を持ってきて、
「警察に電話すれば?刑務所1年くらい入ったって私は別に構わない」
と言い放つ。
その後も、児島さんの顔や体にヘアスプレーを吹きかけたり、暴行というよりは地味な嫌がらせを続けるA子とB子だったが、児島さんはこの時点で恐怖感はなかったという。
恐怖よりもバカバカしさが先にきた児島さんは、4月4日の夜になってトイレを口実にプレハブを出、そのまま国道沿いを水戸市方面に向かって歩いていた。
逃げるというより、帰るという感じだったのだろう、特に身を隠すわけでもなかった。
そこへ、鳥居の運転する車が近づき、同乗していたA子に肩をつかまれた児島さんは、またプレハブに連れ戻されてしまった。

「また逃げ出せばいいか」

児島さんはそう考えていたというが、この後に待っていたのは、想像を絶する「リンチ」だった。





A子はぶちギレていた。理解不能な説教を延々とされた後、1時間以上及ぶ殴る蹴るの暴行が続いたという。
しかしその暴行は、途中から趣向が変わっていく。
熱したヘアアイロンを持ち出してきたA子は、͡コテの部分で児島さんの体を焼き始めたのだ。
逃げ出さないようにするためか、児島さんの衣類は切り刻まれ、半裸の状態での暴行が続いた。
書くのもおぞましいが、女が女にするリンチほど凄惨なものはない。されて嫌なことを、どこを責めれば堪えるか、知っているからだ。

児島さんの下半身を中心に、A子は思いつく限りの凌辱を与え続けた。

「子供産めなくしたやったっていいんだぞ」

児島さんはぼうっと、「どうしてこんなことできるのかな」と考えていたという。
痛みや恐怖を通り越して、もはや放心状態に近かったと、のちに週刊誌の取材に答えている。

そして4月9日の未明、A子は思いついたようにハサミを手に取った。

「最初は、ピアスを開けてやるといってきたんです」

ピアスをする趣味がなかった児島さんは当然それを断った。しかし、A子は意に介さない風で児島さんを押さえつけると、無理やり安全ピンを両方の耳たぶに突き刺した。
そして、今度は「かさぶたとってやるよ」というや否や、ハサミで児島さんの左の耳たぶを切り落としたのだ。

「チョキン、と音がしたその瞬間、血が肩の上にボタボタ落ちました。咄嗟に部屋にあった布で血を止めようとしたんです。その後、右の耳たぶも切られました。」

右耳はさほど出血しなかったというものの、切られた場所は酷く痛んだという。
A子は痛みをこらえる児島さんを尻目に、切り落とした耳たぶを拾うとゴミ箱に捨てたのだ。

しかも、こんな残酷なことをした直後に、A子はすやすやと寝入ったという。
まるで人間とは思えないような所業に慄く児島さんだったが、部屋にはA子しかおらず、逃げるには最後のチャンスだった。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です