凶行を見届けると決めた友人~名古屋市・人違い殺人~

平成元年4月20日未明

名古屋市緑区鳴子4丁目。
人々が寝静まった頃、突如ガラスの割れる音に続いて、女性の悲鳴がその静寂を破った。
「助けて!殺される!!」
女性の悲鳴の後で、若い男の叫び声が続いた。
「俺の気持ちが分かるかぁーっ!!」

その騒ぎからほどなくして、近くで新聞販売を営む家のガラス戸が割られた。
驚いて飛び起きた家人らがガラス戸が割れた販売店へ降りてみると、そこには腹部に包丁が突き刺さったままの男性が倒れこんでいた。
急いで救急車を呼び、続けて警察にも通報しようとしたところ、男性は
「警察が来たら女房が連れていかれる・・・」
と口走った。

もうひとりの被害者

新聞店に助けを求めて駆け込んだのは、鳴子4丁目にあるマンション205号に住んでいた城戸潤さん(仮名/当時23歳)。
出血多量の重体に陥ったが、その後なんとか一命をとりとめた。
しかし、城戸さんが刺される直前、実は城戸さんの隣室で家族と共に暮らす佐藤修包(なかかね)さん(当時25歳)も、腹部を刺されすでに死亡していた。
佐藤さんは、妻と二人の幼い子どもたちの4人で就寝しており、凶行はその妻子の目前で行われたとみられる。
冒頭の女性の悲鳴は、佐藤さんの妻(当時27歳)のものである。母の悲鳴に驚いた子供たちも泣き出したが、なぜか犯人は妻子には目もくれず、また、何も取らずにただ佐藤さんだけを刺してベランダ伝いに隣室へと逃げたらしかった。
そして、隣室の城戸さんと鉢合わせし、城戸さんをも殺害しようとしたとみられた。

新聞店からの通報で、名古屋市の緑署は殺人事件として捜査を開始していたが、その直後、「人を殺してきた」と出頭してきた少年がいた。
少年は黒い丸首シャツにジーンズという、どこにでもいる若者の格好をしていたが、非常に興奮しており、「城戸さんを殺してすぐに自首する気だった」などと話したという。
警察では当然、佐藤さんについても追及したが、佐藤さんと少年の間には恨みどころか面識すらなかった。
少年は、205号室の城戸さんを殺害しようとして、うっかり206号室の佐藤さん宅に侵入してしまったのだ。
そして、間違えたことに気が付かずに、暗闇で佐藤さんを刺し、女性と子どもの悲鳴を聞いて、その部屋が城戸さんの部屋でないことに気付いた。

事件が起こる経緯

少年は、刈谷市の出身で名古屋市内の高校を中退後、職を転々とする生活を送っていた。家族は両親と妹。事件当時は知多郡東浦町のアパートで一人暮らしをしていた。
近所の人との些細なケンカで手を出してしまって高校を退学になった後、中学時代の友人とともに見ず知らずのカップルを襲い、強制わいせつの容疑で逮捕。その後保護観察処分となったのちは、両親が頼み込む形で名古屋市内の飲食店で見習いとなっていた。

最初こそはおとなしくまじめなそぶりを見せていた少年だったが、すぐに本性を現したという。
整理整頓ができず、入居していた寮の規則も守らない、勝手に友人らを連れ込んでは騒ぐだけでなく、仕事に関しても大幅な遅刻や無断欠勤が繰り返された。
注意されても素直に従えず、自分より年下の人間には頼りがいのあるところを見せることもあったようだが、基本的には粗暴な人間とみられていたようだ。

免許を取得すると、いきなり外車を購入。寮も出てマンションで暮らし始めるなど暮らしぶりが派手になっていった。一方で仕事は中途半端なままであったことから、3月に解雇された。

その店を解雇されたころ、少年は一人の女性と知り合う。
非常に魅力的な女性だったようで、少年はすぐさま飲みに行こうと誘い、最初こそ乗り気でなかった女性も、途中からは少年の話にも笑顔を見せるなど打ち解けていったという。
この女性こそが、事件の被害者の一人である城戸さんの妻・A子さんであった。

少年は話の流れから「彼はいるの?結婚は?」などとA子さんに聞いたが、A子さんはその場で独身で彼氏もいないと言ってしまう。
おそらく、A子さんは単なる遊びのつもりだったのだろう。その日のうちに二人は肉体関係になり、少年は二人して友人に交際宣言をした。
遊びのつもりだったはずのA子さんも、少年に惹かれ、のめりこむ様に逢瀬を重ねたという。
さらには、その時代の象徴とでもいうべきワンレングスのロングヘアを、少年の好みではないという理由でバッサリ切った。

3月24日。出会ってからわずか2週間で、A子さんは少年が一人暮らしをしていた東浦町の部屋に転がり込み、同棲生活を始めてしまう。

しかし、A子さんは少年にいまだ城戸さんと結婚していることを言い出せていなかった。

女心と秋の空

当時A子さんと城戸さんの夫婦仲はよくない状態にあった。
少年と出会ったときも、そもそも夫婦げんかの末に家を飛び出し、実家へ戻っていた時のことだったのだ。
言い出せないままに時間だけが過ぎていったが、おそらくA子さんも少年との将来を考えたからか、このまま黙っているわけにもいかないと思い少年に事実を話した。
「なんで嘘をついたの!」
と怒った少年だったが、その事実を知ってもA子さんを手放したくなかった。
少年は縋る思いでA子さんに、
「離れたくない、旦那と離婚して、俺と結婚してほしい」
と告げると、A子さんも
「私もあなたと結婚したい」
と応じた。

一方の夫である城戸さんはどうだったのだろうか。
トラック運転手をしていた城戸さんは、二十歳のころに当時17歳のA子さんと結婚。子供はいなかったが、それなりにその時代の若い夫婦として生活していた。
昭和63年の暮れにそのマンションに入居して以降、同じマンションに住んでいた城戸さんの同僚以外とは近所づきあいはなかったようだ。
ケンカは多かったようで、事件現場となったマンションでも二人が夫婦喧嘩を繰り広げているのを他の住人が何度目撃しており、時には仲裁に入る人までいたという。

A子さんの意思を確認した少年は、A子さんを伴ってなんと夫である城戸さんと対峙する。
そして、二人して離婚を要求し、説得を続けていたという。
城戸さんが応じなくてもお構いなしに、少年は着々とA子さんとの結婚に向けての準備に励んでいたという。
両親にもA子さんを紹介し、仕事もA子さんの職場に近い大府市内の中華料理店に変えた。
そのうち城戸さん自身も、次第に離婚に応じても良いという態度になっていったという。

しかし、城戸さんとA子さんは曲がりなりにも夫婦であり、つい先日知り合ったばかりの少年との間以上に、どうやら絆めいたものがあったようだった。
事件前日の4月19日、A子さんが荷物を取りに自宅へ戻った際、夫である城戸さんと鉢合わせしてしまう。
そこでどんな会話があったのかは分からないが、なんとA子さんは夫とやり直すことを決意するのである。
そして、仕事中の少年の勤務先へ電話をし、「夫もやり直したがっているし、夫とやり直すことにした」と告げたのである。

将来に向けて意気揚々としていた少年の心がどれほど傷ついたかは、これに関しては同情を禁じ得ない。たとえ不倫ではあっても、少年としては筋を通したつもりだったのだろうし、当のA子さんの気持ちに沿ったものという大義名分もあった。
それがたった1日で脆くも崩れ去ってしまった。

少年はその夜、中学時代からの悪友に会い、自暴自棄になっていたという。
酒を飲みながら、怒りの矛先はA子さんの夫、城戸さんに向けられた。少年は、どうしてもA子さんの意思だとは思えなかった。あの夫が嫌がるA子さんを脅して無理やり別れさせたに違いない…

少年はその日、勤務先の中華料理店から柳葉包丁を持ち出していた。

「あっ!間違えた」

酒を飲んでいた友人に対し、少年は、「城戸のマンションへ行ってくれ」と頼んだ。
友人はそんな少年に対し、一度は「やめとけ」と止めたというが、一度言い出したら聞かない性格を知っていたので、それ以上は止めなかったという。
そして、要求通り緑区のマンションへ少年を車で連れて行った。
少年は最初、普通に城戸さん宅の玄関ドアを叩いたりインターフォンを鳴らしたりしたが、どうやらそこで城戸さんと押し問答となったことでさらに怒りの感情がわいた。
一旦外に出て、隣接する建物の屋根から2階のベランダへ回ることを思いつき、屋根伝いに城戸さん宅のベランダを目指した。
しかし、少年は間違えてしまった。一つ手前のベランダに降り立ってしまったのだ。

そして、佐藤さんを刺した後、気づいた妻が電気をつけたことと、傍らにいた子供たちの泣き声で間違いに気づいた。
「あっ!間違えた」

間違いに気づいても、少年の怒りは収まらなかった。
すぐさま隣の城戸さん宅のガラス戸を割ると、中で寝ていた城戸さんを追いかけまわした。
実はそこにはA子さんもいた。しかし、熟睡していたというA子さんは、隣家の物音や悲鳴、子供の泣き声などに気付くことはなかった。

夫である城戸さんが刺され、ようやく起きだしたA子さんは、少年の姿に愕然とする。
逃げ惑う夫と、興奮冷めやらぬ少年の間を右往左往しながら、「お願い!止めて!」と少年を説得する姿がこれまた起きだしてきた住民らに目撃されていたが、少年は車で待機していた友人に、「警察へ行ってくれ」というと、車に乗り込んでそのまま出頭した。
出頭した少年は、城戸さんと佐藤さんを刺したことを認め、佐藤さんに対しては「申し訳なかった」とうつむいた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です