思いつきで押した死刑判決へのピタゴラスイッチ~帯広市広尾町・幼児3人殺傷事件②~

死刑判決

裁判では、金銭目的での侵入のうえ、幼い姉弟3名を殺傷したとして、住居侵入,殺人,殺人未遂が認定された(事後強盗は否定)。

及川は犯行後、ふらふらと道路を歩いていた。
逃げきれないと思い、午後3時30分に自首しているが、積極的な自首とは言えないとされた。
というのも、あれだけ探して見つからなかった母親と、道で遭遇していた。おそらく母親は自宅に戻っていて、事件を知ったと思われる。その際に、母親は及川に対し「お前がやったんじゃいか?」と問い詰めており、その母親に説得されての自首であったからだ。
その上で、事件以前に犯歴がないことや、現在では被害者に謝罪する気持ちを持っていること、年齢的に若いこと、及川の両親が100万円をすでに慰謝料の一部として支払っていることなど、及川に有利な点を考えたとしても、極刑はやむを得ないとした。

続きを読む 思いつきで押した死刑判決へのピタゴラスイッチ~帯広市広尾町・幼児3人殺傷事件②~

忌まわしき過去の清算と代償~山形・一家3人殺傷事件~

2006年5月7日

まだ夜も明けきらぬ午前3時55分。
山形県西置賜郡飯豊町の役場近くの民家から、女性の声で119番通報が入った。
「助けて!お父さんが殺される!」
尋常ではないその声に、すぐさま消防と警察が駆け付けた。
現場には、その家の主人であるカメラ店経営・信吉さん(当時60歳)と、その妻で看護師の秀子さん(当時55歳)、そして、夫婦の長男である覚さん(当時27歳)が血まみれで倒れていた。
秀子さんはかろうじて意識があったものの、信吉さんと覚さんは死亡していた。
襲われる理由が見当たらないとする中、約6時間後、近くの山中にある神社で血まみれで座り込む男が発見された。
男は、伊藤嘉信(当時24歳)。殺害された被害者家族とは親戚関係にあり、自宅も同じ組内に存在するほどの古くからの知り合いであった。

続きを読む 忌まわしき過去の清算と代償~山形・一家3人殺傷事件~

忌まわしき過去の清算と代償~山形・一家3人殺傷事件②~

PTSD

裁判が始まり、当初から嘉信が覚さんに対して恨みを抱いていた、ということは知られていた。
しかし、それがまさか性的暴行であったとは、捜査関係者も思わなかったろう。
また、覚さんだけでなく父親の信吉さんまで殺害していることなどから、「両親を殺すつもりはなかった」とする嘉信の自白は信用できないとした。
弁護側は自白が逮捕直後の混乱の中で作成され、心身疲弊の状態で、なおかつ「あれだけのことになって殺すつもりがなかったのはおかしい」「信吉さんの胸部に深い傷がある以上、(殺す意図をもって)胸を最初から狙ったのではないか」などと言われたため、そうかもしれないと思うようになっての自白であり、信用できないとした。
しかし裁判所は、供述調書には嘉信の申し出で行われた訂正や、具体的なエピソードも記されていること、そしてなによりその殺意が形成されるに至ったきっかけから過程は、嘉信自身でなければおよそ語り得ない内容であることなどから、自白は十分に使用できるとした。

続きを読む 忌まわしき過去の清算と代償~山形・一家3人殺傷事件②~

差別と自死で煙に巻かれた本筋~奈良・月ヶ瀬女子中学生殺害事件~

平成9年5月4日。
月ヶ瀬村の嵩集落にある自宅へと続く鬱蒼とした道路を、少女はひとり歩いていた。ついさきほど別れた友人の姿は、もう見えなくなっている。
自宅まではここから坂道を登っておよそ500m。鬱蒼とした村道ではあるが、幼いころから知っている慣れた道である。
顔見知りの商店のおばさんの車とすれ違う。この道を通るのはほとんど顔見知りの村の人ばかりだ。

背後から来た車が不意に停車し、運転手が声をかけてきた。
「乗っていくかい?」
充代さんは、顔を上げた…

続きを読む 差別と自死で煙に巻かれた本筋~奈良・月ヶ瀬女子中学生殺害事件~

差別と自死で煙に巻かれた本筋~奈良・月ヶ瀬女子中学生殺害事件②~

高野嘉雄弁護士の存在

それに着目したのが、奈良弁護士会の高野嘉雄弁護士である。
殺人事件、少年犯罪などの刑事事件で弁護を重ね、裁判では情状面を非常に重視する弁護士としても知られる。
「弁護人は(被告にとって)最後の情状証人」であるとし、たとえどんな犯罪を犯した人間であっても、自身の感性を研ぎ澄ませ、全力でぶつかり弁護していくという、弁護士からも尊敬される大変優秀な弁護士である。
甲山事件、奈良の小一女児殺害事件などの有名な刑事事件を手掛けたほか、無銭飲食、窃盗などの比較的軽微な事件でもその精神は同じであった。
続きを読む 差別と自死で煙に巻かれた本筋~奈良・月ヶ瀬女子中学生殺害事件②~