いい親になりたかった母親の無理筋~尼崎・児童虐待死事件~

平成13年8月14日


「剛士ぃっ!!!!」
人通りの多いJR神戸線立花駅前のコンビニエンスストア前の路上では、多数の捜査員と揉みあう若い男女の姿があった。
暴れまわる金髪の女に対し、向き合う形で捜査員に引き離された痩せこけた男は、錯乱状態で泣き叫ぶその女を茫然としたまなざしで見つめていた。
この様子はその日の夕方のニュースで全国に放送され、見たものは二人の異常な様子に唖然とした。

この日から1週間前、男と女は小学1年生の女の実子を凄惨な暴力の挙句に殺害し、こともあろうか事件の発覚を恐れて近くを流れる運河に遺棄したのだ。
その遺体は、黒いごみ袋に詰められていた。
男児は勢田恭一くん(当時6歳)。度重なる虐待から児童養護施設で生活していたが、事件の直前、8月1日から10日間の予定で一時帰宅となっていた。
恭一君は、「嫌やなぁ、(家に)帰りたくない」と泣いていた。そして、その7日後に、殺害されてしまった。

続きを読む いい親になりたかった母親の無理筋~尼崎・児童虐待死事件~

いい親になりたかった母親の無理筋~尼崎・児童虐待死事件②~

「ママにしか頼まれへん!」


当時の報道によれば、知子夫婦らは自宅で次男の面倒をみてくれていた母親に対し、「恭一を病院に連れて行った」と話した、とされているが、実際はこうである。
知子の母親は二人を訝りながらも、気の強い知子が涙を流しているのを見てただならぬ気配を感じていた。

すると、普段は口もきこうともしない剛士が突然、
「相談がある」
と切り出してきた。金の無心に違いないと思った母親はそっけなく「銭ならないぞ!」と吐き捨てたが、剛士は食い下がった。
「カネの事と違う、おばはん、恭一を預かったことにしてくれ」
その時まで、母親は姿の見えない恭一君について、知子夫婦が病院へ連れて行ったものだとばかり思いこんでいたという。
それが、預かっていたことにしてくれとはどういうことか。問いただそうとするより先に、知子が土下座する勢いで頼み込んできた。
「ママにしか、無理を言えん。ママにしか頼まれへん。お願いや!」

続きを読む いい親になりたかった母親の無理筋~尼崎・児童虐待死事件②~

いい親になりたかった母親の無理筋~尼崎・児童虐待死事件③~

婦人公論の記事

事件後、婦人公論の誌面において、フリーライター佐藤万作子氏による知子との面会などを綴ったルポが発表された。
内容をまとめると、
①知子はよき母親になろうとしていた
②本来は心優しい人間である
③職員が母親である知子の扱いを間違えた
④知子は助けてほしいと思っていた
だから知子は悪くない、とは言っていないが、正直よくここまで恭一君の存在を無視できるよなぁという印象だった。

続きを読む いい親になりたかった母親の無理筋~尼崎・児童虐待死事件③~

「疑わしきは、罰せず」を貫いた法廷~広島・家族3人放火殺人事件~

2001年1月17日未明

広島市西区己斐大迫1丁目の住宅街に、火の手が上がっていた。
二階建てのさほど大きくはないその家は炎に包まれ、二階部分も赤く火の手が迫っていた。
驚いて飛び起きた近隣住民の耳に、ふと子供の声が聞こえた。
「おねーちゃーん!おねーちゃーん!」
この住宅には、中村小夜子さん(当時53歳)と長女が暮らし、そして小夜子さんの孫である彩華ちゃん(当時8歳)と、妹のありすちゃん(当時6歳)の姉妹が良く泊まりに来ていた。

住民らの脳裏に幼い姉妹の姿がよぎった。

間一髪逃げ出せた長女は助かったものの、焼け跡から小夜子さんと幼い姉妹の遺体が見つかった。

検視解剖の結果、彩華ちゃんとありすちゃんは焼死と断定されるも、小夜子さんは首を絞められるなどして火にまかれる以前に死亡していたことが判明、事態は放火殺人の様相を呈してきた。
しかし、犯人の手掛かりはなく、5年経ってもその事件は解決を見ていなかった。

2006年、詐欺容疑で逮捕起訴されていた男性が、その取り調べの過程でこの2001年の事件への関与を認めているとして、広島県警は殺人と現住建造物等放火の疑いでその男性を逮捕した。
男性は、亡くなった小夜子さんの息子で、同じく亡くなった姉妹の父親であった。

続きを読む 「疑わしきは、罰せず」を貫いた法廷~広島・家族3人放火殺人事件~

「疑わしきは、罰せず」を貫いた法廷~広島・家族3人放火殺人事件②~

事件が男性にもたらした「利益」

そもそも男性がここまで疑われたのは理由があった。
男性は先にも述べたとおり、経済的に非常に困窮する人生を送っていた。職に関する面もあったと思われるが、証言台に立った妹によれば、以前から「だらしなさと狡猾」な一面を持っていたという。
妹は自分の名前で借金を作られていた。そればかりか、兄である男性の借金の尻拭いのために、実家の喫茶店で働いて得るはずの給料が全額貰えないこともあったという。
さらに、男性は事故も何度か起こしており、そのたびに母親にその後始末を押し付けたり、金をせびりに来ることもあったという。
A子さんと離婚して児童扶養手当をもらうという話が母親の小夜子さんの耳に入ったときは、小夜子さんはうんざりしたような顔をしていた。
夜も眠れず、ハルシオンを服用することもあったそうだ。

続きを読む 「疑わしきは、罰せず」を貫いた法廷~広島・家族3人放火殺人事件②~