女が遺したルージュの伝言~愛知・安城市女性殺害事件~

平成12年2月26日


愛知県豊田市住吉町松原。
その日、近くに暮らす男性(63歳)は、いつものように午前9時すぎ、犬を連れて散歩に出かけた。
いつものルートをてくてく歩いていると、雑木林の中に見慣れぬ車が停車していることに気が付いた。

「またカップルが勝手に停めてるのかな」

この辺りは人目につきにくいこともあり、カップルが車を停めて過ごしていることが以前からあったという。実際、その車は前日の夜からそこに停まっていた。
犬が進むままに、男性は何の気なしにその車をのぞいてみた。
そこには、首を血塗れにして生気を失った女性が座っていた。

安城市のできごと

豊田市の雑木林で、車の中で死んでいる女性が発見される2日前。
安城市住吉の住宅街で、不可解な事件が起きていた。
その家に住む私立高校教員の佐々木亮介さん(仮名/当時44歳)が仕事から帰宅すると、自宅前のスペースで妻で専修学校講師の祐子さん(当時42歳)が血まみれで倒れているのを発見。
「おい!しっかりしろ!どうしたんだ!」
時刻は午後9時を回っていた。祐子さんは左胸辺りを大きく抉られており、搬送先の病院で出血性ショックにより死亡。

祐子さんの傷はこぶし大に左乳房辺りが抉れており、その周辺には動物による噛み痕、ひっかき傷のようなものもあった。
佐々木さん宅では当時シェパード(雄・一歳)を飼っており、祐子さんが発見された際にも近くにいたという。
しかし、鎖でしっかり繋がれており、家族や近隣の人々はそもそも祐子さんの悲鳴らしきものすら聞いていなかった。

佐々木さん夫婦は当時、亮介さんの母親(当時69歳)、高校生の長男、中学生の次男と暮らしており、その夜母親は習い事で外出、亮介さんは銭湯に出かけていて不在、長男次男の二人が在宅だったが、特に不審な物音などには気づかなかったという。
警察は当初、このシェパードが何らかの理由で祐子さんを襲った可能性があると発表、事件事故の両面から司法解剖をするとした。

祐子さんは発見当時、ジャージの上下にジャンパー姿、門と玄関の間であおむけに倒れていた。傷は服ごと抉られており、直径10センチ、深さ5センチで心臓まで達していたという。
警察が犬に襲われた可能性を考えたのは、この傷だけでなく、衣服にシェパードの被毛が付着していたことも関係していた。
また、祐子さんは夜間に犬を散歩させていたこともあり、連れ出そうとして玄関先で襲われたとの可能性を示唆した。
新聞報道などもこれに倣った報道をしており、愛犬家の悲劇的な事故、との見方が強かった。

しかし司法解剖の結果、シェパードの容疑は晴れることになる。

祐子さんの体内から、複数の散弾が発見されたのだ。

逃げた女

動物による悲しい事故かと思いきや、一転して銃による殺人事件と判明、愛知県警捜査一課と安城署はすぐに捜査を開始した。
祐子さんの左胸に直径1.5センチほどの穴のような傷が発見され、その後のレントゲンによる所見では、多数の散弾が残っているのが分かった。
しかも、散弾は殆ど飛散していないことから、かなりの至近距離、というよりほぼ接した状態で撃たれたということも判明した。

普通の住宅街で家族と暮らす教師の夫婦。
祐子さんは体育を教えるスポーツマンで、夫とともにスポーツや趣味を楽しむどこにでもいる女性だった。
それがなぜ、しかも銃で殺害されなければならなかったのか。
近隣の住民らも、銃による犯行ということで恐れ戦いた。

一方で、銃によるものと分かったことで、当夜のことを思い出した住民もいた。
事件当夜八時半ころ、乾いたような「パーン」という音を聞いていたが、銃声とは夢にも思わず家族と「何の音?」と話す程度にとどめていたという。
さらに、その音が響いた直後、逃げるように走り去る白い乗用車を目撃した通行人がおり、ナンバーも判明していた。

警察の聞き込みに対し、ある住人は興味深い証言をした。
「佐々木さんの家族から、24日の夕方、豊田市のあるところへ夫婦で行った際、トラブルになったと聞いた」
また、祐子さん殺害に使用された銃はクレー射撃用の「トラップ」とよばれるものだったことが判明していたが、実は祐子さん夫婦もクレー射撃の経験があった。
目撃情報から車の持ち主は、西加茂郡藤岡町石畳(現・豊田市石畳町)に住む40代の女だったが、なんとこの女も銃の所持が認められており、かつ、クレー射撃を趣味としていたこともわかった。
警察が女の家族から話を聞くと、24日の夜から行方が分からなくなっているという。そして、自宅に保管してあるはずの散弾銃もなくなっていた。

警察ではクレー射撃で女と祐子さんが知り合い、その後何らかのトラブルが二人の間に起きた、とみていたが、トラブルの張本人は祐子さんではなかった。

不倫

女は田中香子(仮名/当時46歳)。豊田市内から車で北に30分ほど走った場所にある山間の町で暮らしていた。祐子さん宅がある安城市からは、車で約1時間ほどの距離である。
香子は祐子さんの夫である亮介さんとが勤務している私立高校にある寮で、調理のパートとして勤務していた。
香子が調理員として勤務し始めたころ、祐子さんの夫の亮介さんが寮長をしていたことから親しくなり、1997年以降不倫関係へと発展した。
よくある話と言えばよくある話だが、二人の関係は生徒らの知るところとなったという。
普通ならどちらかが辞めるとか転勤とかそういうことになりそうだが、私立高校に転勤はない。香子も関係が表沙汰になっても、調理員の仕事を辞めなかった。

関係が噂され始め、亮介さんは香子と距離をとった。しかし、噂の的になってもパートを辞めなかった辺りからもうかがえるが、香子はバレて上等、くらいに思っていたようだ。
職場の同僚や自宅の近隣の人によれば、香子は気さくで愛想が良く、仕事も真面目にする反面、近所づきあいはあまりせず思っていることをはっきり口にするタイプだったという。

おそらくだが、その噂は妻祐子さんの耳にも届いたのだろう。もしくは、香子があえて暴露した可能性もないとは言えない。
1999年末には亮介さんが正式に別れを切り出したが、それは弁護士を入れなければならない状態へと発展した。

弁護士が介入する頃までは、祐子さんと亮介さん夫婦は、頻繁に香子と話し合いを持っていたようだ。夫婦は何度も藤岡町にある香子の自宅を訪れていた。
佐々木家の内情を家族から聞いていた人によれば、香子はなんだかんだといっては佐々木家に強い口調で電話を掛けていたという。
あたりまえだが弁護士を入れて以降、亮介さんは香子をシャットアウトしていた。
それでも香子は事件のあった24日の夕方にも、佐々木家に電話をかけてきた。逆上した様子の香子に対し、亮介さんは
「弁護士を通すように」
と言って取り合わなかった。
そして、事件は起こった。

ルージュの「遺言」

香子は祐子さんを射殺した後、愛車の白いレビンであてもなく逃走した。
そして、冒頭の豊田市住吉町の雑木林の中で、祐子さんを撃ったのと同じ銃を自身の顎にあて、引き金を引いた。
死因は頸部貫通銃創からの脳挫傷。

捜査本部は3月24日、被疑者死亡のまま殺人容疑で香子を書類送検、事件は後味の悪い結果に終わった。

当初、飼い犬のシェパードが傷つけた可能性が否定できなかったことから、警察は緊急配備を一時解除していた。しかしすぐに銃創と散弾の弾がみつかったことで殺人事件と断定されたわけだが、法医学者の上野正彦氏によれば、そもそも動物が噛んだとしても肋骨や胸骨に守られている以上、胸のみの傷が失血死に至るとは考えにくいという。
ただ、銃創や動物の噛み傷などに慣れていない場合は、それ以外の現場の状況証拠に惑わされることもあるだろうとしている。
また、日本獣医畜産大学長(当時)の池本卯典氏も、「犬が負わせた傷ならば歯形を見ればすぐわかるはず。今回の事件では、犬のひっかき傷や噛み傷があったというが、それは飼い主を守ろうとしたり、起こそうとした可能性がある」と指摘している。

事件後、県警には当初犬を容疑者としたことに対する抗議が30件以上寄せられたという。
私はシェパードよりも大きな犬を飼っているのでわかるが、図体がでかくとも1歳と言えばまだ仔犬である。被害者が幼い子どもならばまだしも、体育教師で自身も陸上選手、バレーボールのチームに所属していた祐子さんが、一撃で死に至るような傷を負うことは考えにくい。
もっと言えば、普通襲うとすれば首だろう。なんで噛みにくい胸部…考えればわかることだった。
おそらく、大型(厳密には中型)のシェパードという点で、思い込みが発生してしまったのだろう。これが柴犬だったら誰もそんなことは思わない。
かわいそうに、疑われたシェパードは祐子さんの傍らでずっと鼻を鳴らしていたという。

香子はひとりになった25日の夕方、一度だけ自宅へ無言電話を掛けていた。
香子の家族構成はわからないが、当時夫がいたことはわかっている。最後にせめて、夫に詫びるつもりだったのだろうか。

香子の遺体が発見された際、捜査員は後部座席に置かれた雑誌に目を止めた。
そこには、複数ページに渡って口紅で書かれたメッセージが遺されていた。

「私を許してください」

香子はなぜ、祐子さんを標的にしたのか。
実際、香子は祐子さんではなく夫の亮介さんを撃ち殺しに行ったのではないか。
事件当日、電話で亮介さんを激しくなじっていたという香子。不倫が噂になっても、調理員の仕事を辞めなかった香子。彼女にとっては、職場の同僚や生徒らの好奇の視線などどうでもなかった。
それよりも、そばにいること、途切れそうな糸をつなぎとめるためには、どんな形でも「繋がって」いさえすればよかったのではないか。
たとえそれが、亮介さんから香子に対する怒りや軽蔑に変わろうと、愛とは全く違う関係でも、繋がってさえいれば良かったのではないか。

それが、弁護士がついたことで完全に断ち切られてしまった。

事件の一週間前には、ついに調理員の職を失っていた。自ら辞めたのか、辞めさせられたのかは分からないが、いずれにせよ香子は追い詰められた。
あの夜、祐子さんが応対したのは、偶然だった。亮介さんはたまたま、銭湯へ行っていたのだ。
それを見計らって、それを知っての行動とは思えない。
女の怒りは女に向くのはよくある話だが、やはり香子は亮介さんを殺したかったのではないか。
ただ、結果として亮介さんは妻を失い、そして妻を殺した女は裁かれることもなく、不謹慎を承知で言うが噴飯もののルージュの遺言を残して果てた。

ロマンチストは現実を見ない。香子は現実を受け入れられず、最期の最期も、若い頃に流行ったあの歌のようなドラマ仕立ての演出を遺した。

あのひとは あわててる頃よ
バスルームに ルージュの伝言
てあたりしだい 友達にたずねるかしら
私の行く先を

凶行を見届けると決めた友人~名古屋市・人違い殺人~

平成元年4月20日未明

名古屋市緑区鳴子4丁目。
人々が寝静まった頃、突如ガラスの割れる音に続いて、女性の悲鳴がその静寂を破った。
「助けて!殺される!!」
女性の悲鳴の後で、若い男の叫び声が続いた。
「俺の気持ちが分かるかぁーっ!!」

その騒ぎからほどなくして、近くで新聞販売を営む家のガラス戸が割られた。
驚いて飛び起きた家人らがガラス戸が割れた販売店へ降りてみると、そこには腹部に包丁が突き刺さったままの男性が倒れこんでいた。
急いで救急車を呼び、続けて警察にも通報しようとしたところ、男性は
「警察が来たら女房が連れていかれる・・・」
と口走った。 続きを読む 凶行を見届けると決めた友人~名古屋市・人違い殺人~

凶行を見届けると決めた友人~名古屋市・人違い殺人②~

悲しみの葬儀

事件から二日が経過した422日。
殺害された佐藤さんの葬儀が、天白区の斎条で執り行われた。
葬儀には近隣住民や同僚など、およそ150人が参列。
春の陽気に包まれた前日とはうってかわって、曇り空の週末だった。

佐藤さんの妻は、突然理不尽という言葉では言い表せない「人違い」で愛する夫を失った。
しかも、佐藤さん夫婦には3歳の長男のほかに生まれたばかりの長女もいた。
その家族と眠る、いわば一番安心できる幸せな場所で、佐藤さんは殺害されたのだ。
事件直後、泣き腫らした妻が現場検証に立ち会う姿が多くの人に目撃されている。時代が時代だから、被害者への配慮などはまだなかったのだろう。

佐藤さんは宮崎県延岡市の総合高等職業訓練校を卒業した後、名古屋市南区にある電気工事会社に就職した。
とにかく今の時代に珍しい、と当時の社長が話すほど、佐藤さんはまじめで気さく、その上子煩悩だったという。
近所の主婦も、
「いつもご主人が出勤するとき、奥さんとお子さんがドアのところから手を振ったりして、とても仲の良い感じだった」
と話す。

事件直後、騒ぎに気付いて出てきた同じ階に住む初老の夫婦のもとに、佐藤さんの妻が倒れこみ、「うちの人が刺された、死んじゃった」と言って泣き崩れたという。

葬儀は佐藤さんが勤務していた会社の社葬同等に行われた。同社の社長は、佐藤さんの妻子のことも会社として出来る限りの支えになると約束した。
葬儀の間、何もわからない長男はお菓子を食べながらニコニコ笑顔を振りまき、周囲の涙をこれでもかと誘った。
生後二か月の長女も、親族の女性の腕の中ですやすやと眠っていたという。

喪主あいさつでの妻の態度は、ある意味周囲を驚かせたという。
悲しみをこらえ、気丈にふるまう妻は、最後まで夫を殺害した少年に対する恨み言を一切言わなかった。
どれほど無念だったか、どれほどの怒り、悲しみだろうか想像を絶するが、妻は夫への愛情と、夫がいかに家族に幸せを与えてくれたか、夫への感謝の言葉をちりばめた挨拶をした。

「短い結婚生活でしたが、夫は両手に抱え切れないほどの愛をくれました。子どもと3人で力を合わせて強く生きていきます。さようならとは言いません。心の扉はいつもあけておきます」

その時代

平成元年、1989年前後は、少年が関係する大きな事件がいくつか起きていた。
これだけでもピンとくる人は少なくないと思うが、1988年には同じ名古屋でアベックが少年幼女らに殺害された「名古屋アベック殺人事件」、そして綾瀬で起きた「綾瀬母子強盗殺害事件(当初逮捕された少年らは後に冤罪確定、事件自体は未解決)」と「女子高生コンクリート詰め殺人」はこの時代を代表する事件と言える。
この名古屋の人違い殺人も、少年が起こした事件であること、殺人に至るような事情がそこに全く見当たらないこと、被害者に一切の落ち度がないことなど共通点も見られた。
少年が過去に犯している犯罪も、殺人ではないものの名古屋アベック殺人事件と手口が類似するものだったが、それ以外にももうひとつ共通点があった。

単独の犯行ではない、ということである。
厳密にいえば、犯行を行おうとする者がいて、その確固たる意志を知りながら止めることもせず、その実行者に加担して平気な顔をしていた「友人」の存在である。
女子高生コンクリート詰め殺人では、実行犯の4人以外にも相当数の少年少女らが被害者の存在を知っていた。しかし、誰も「これはまずいのではないか」と思わなかった。
この名古屋の事件でも、少年を送り届けた友人は、過去に一緒にカップルに対してわいせつ行為を行って逮捕された人物である。
少年が包丁を持っているのを見て、一度は止めたというが、だからと言って脅されたわけでもないのに、少年を現場まで送り届け、一部始終を車の中から見て、そしてなにもしなかったのである。

当然この少年もほう助の罪に問われたが、どうなったのかは出てこなかった(ちなみに、包丁を持ち出された中華料理店の店主も罰金刑を受けている)。

このように、実際に犯行に加わるわけではないものの、それを知ったうえで傍観する、まるで自分は関係ないと言わんばかりの他人事のような態度をとるという人間が結構いるんだなというのがよくわかる。
平成5年には、横浜市鶴見区のマンションで一家3人がその家の娘の元カレに殺害され、犯人の元カレもその場で自殺という胸糞の悪い事件があったが、実はその際にも犯人である元カレには「協力者」と「傍観者」がいた。
「協力者」は年下の少年、そして「傍観者」は犯人の母親である。

彼らは罪には問われないケースが多いようだが、加えてその後も一切を喋ることなく、遺族の懇願があったとしても本当のことなど言わないという点も共通している。
横浜の事件においては、本当のことを教えてほしいと願う遺族と対面した少年についてきた母親が、
「あの、こっちも被害者なんですよ?」
と言い放ったというから恐れ入る。

佐藤さんを殺害した少年に加担した友人は、その後どうしているのだろう。
少年はその後、懲役15年の判決となりおそらく確定した。
しかし、佐藤さんとその家族の幸せなはずの未来は、永遠に失われた。
佐藤さんの妻子が、どうか今、亡き夫、亡き父の思い出を胸に新しい幸せを見つけていて欲しいと願うばかりだ。

おまけ。タケノコご飯殺人事件

人違い殺人を調べていた際、ほとんど同じ時期に、大変近い場所、しかも同じようなマンションで同じように理不尽な殺人事件が起きていた。

緑区の事件の翌日、同じ緑区森の里にある市営住宅で、女性が腹を切りつけられて病院に運ばれたものの、出血多量で死亡した。
亡くなったのは市営森の里荘1棟の10階に暮らす押上千代美さん(当時53歳)。
その後、押上さんを刺したとして自首してきたのは、押上さん宅と同じ団地の同じ階に暮らすとび職の小島日出治(当時52歳)だった。

小島の妻と押上さんは普段から同じ宗教団体に加入していることからも親しかったというが、なぜこんな事件が起きてしまったのか。

それは、おすそわけの「タケノコご飯」が原因だった。

押上さんはスナックに勤務する娘との二人暮らし、一方の小島は妻との二人暮らしだったという。
先にも述べたように、妻同士は比較的仲が良かったが、仲がいいからか近くにいすぎるからなのか、諍いを起こすこともしばしばだった。

その日、仕事を終えて帰宅した小島は、妻と二人晩酌をしながらくつろいでいた。
妻のこしらえたつまみを食べ、テレビを見ながら一日の出来事を話す、そんなどこの家庭にもあるような夕餉のひととき。
ふと、小島は前の晩に炊いたタケノコご飯が残っていたことを思い出した。
自分たちだけで食べても良かったが、妻がいつも仲良くしてもらっている押上さんにおすそ分けしてはどうかという話になった。

早速、小島はタケノコご飯を押上さん宅に届けたという。

しかし、その直後に小島家に押上さんから怒りの電話が入る。

「タケノコご飯腐っとる!!私らを病気にでもさす気か!」

おそらくここで口論になったと思われるが、逆上した小島は自宅からパン切ナイフ(!)を持って押上さん宅へ押しかけた。
そして、玄関先に現れた押上さんにいきなり、そのパン切ナイフで切りつけたのだった。

押上さんの様態を見捨ててそのまま緑署に自首した小島だったが、家にある数ある刃物の中からわざわざパン切ナイフを持ち出したところを見ても、殺す意図はなかったようで、押上さんが亡くなったことを知らされると
「切り付けようとしただけだった、申し訳なかった」
とうなだれたという。

タケノコご飯にパン切ナイフ、あまりにも殺人に発展しようがなさそうな話ではあるが、事実、押上さんは亡くなってしまった。
小島は酒を飲むと気が大きくなる性格だったと言い、それまでにもトラブルを起こしていた。
けれど、近隣の人におすそ分けをしようなどと思いつく、本当は他人のことを気にかけるような人だったのかもしれない。
一方の押上さんも、おそらくものの言い方や他人との関係において万全の応対が出来る人ではなかったのかもしれない。
ただ、以前にも小島は押上さんに古くなったものをおすそ分けしていたことがあったようで、その時も言い争いになってたという。
にもかかわらず、また小島からのおすそ分けに応じた押上さんは、同じくいい人だったんだろうなぁ、とも思う。

教訓。おすそ分けは作ったその日のうちに。パン切ナイフは結構殺傷力があるので持ち出さない。

謎の一家失踪と蔓延るうわさ~世羅町・一家失踪事件②~

発見

平成14年9月7日。
世羅町京丸にある京丸ダムに、車の底が見えていると通報があった。
実は以前にも、別のダムに沈んだ車が発見されたことがあったが、山上さんとは無関係の車で、車内からは中年男性一人の遺体が見つかり、山上さんではないことは判明していた。

警察が車を引き上げたところ、山上さん宅の乗用車と同じ白のスプリンターだった。
心配そうに見守る住民らの前で、車は静かに引き上げられ、中からは成人と思われる4人の遺体と、後部座席には動物の骨が発見された。

歯型鑑定の結果、4人は山上さん一家と断定、行方不明から1年と3か月、事態は最悪の結末を迎えてしまった。 続きを読む 謎の一家失踪と蔓延るうわさ~世羅町・一家失踪事件②~

郵便局員が繰り広げた禍々しき愛の劇場~八尾市・妊婦襲撃事件~

平成9年4月14日午後7時40分


大阪府八尾市南木の本4丁目。
仕事を終えてバスで帰宅した女性は、自宅近くのバス停から徒歩で自宅マンションへと向かっていた。
距離にしておよそ300メートル。いつもと変わらない、帰り道だった。

自宅マンション手前で、不意に背後から誰かにぶつかられた。
何か圧迫されるような、妙な感触を覚えた次の瞬間、それは激しい痛みとなって女性を襲った。
わけがわからないまま、女性は必死でマンションの階段を上る。もう少し、もう少し・・・
とめどなく流れる血をおさえることもできないまま、必死に自宅マンションのドアを叩いた。いつも女性より先に夫が帰宅しており、その日も夫は家にいた。

「誰かに刺された」

夫がドアを開けると、血まみれの妻がそういって両膝をつき、そのままおなかを庇うように仰向けに倒れた。
すぐに病院へ運ばれたが、おなかの赤ちゃんはすでに死亡していた。

続きを読む 郵便局員が繰り広げた禍々しき愛の劇場~八尾市・妊婦襲撃事件~