痛々しい、愛~広島・実母無理心中事件~

平成16年2月25日

冬の空に日差しが戻ったその日、1台の車が瀬戸内の橋を渡っていた。
昨日よりも5度ほど気温も高く、海風は冷たいながらも心地よいものだった。
助手席にいる母の横顔を、男はなんどもなんども確認した。
皺が刻まれた母の顔。女手ひとつで自分たちを育ててくれた、母。

どうしてこうなってしまったのか。

使われていないフェリー用の桟橋に車を乗り入れると、男はそのまま海へとアクセルを踏んだ。 続きを読む 痛々しい、愛~広島・実母無理心中事件~

「うじ虫」と呼ばれた妻が遂げられなかった本懐~伊丹市・夫殺害未遂事件~

平成13年8月15日

「うじ虫。出ていけばええやん。」

夫の暴言は今に始まったことではなかった。これまでに何度、どれほどの暴言を吐かれてきたか。
いつものように、言い返すこともできた。いつものように、とりあえず外へ逃げて気分を落ち着かせることもできた。

けれどこの日、妻は逃げなかった。
妻は台所で文化包丁を手に取ると、茶の間で寝そべってテレビを見ながら馬鹿笑いを続ける夫の背後に、静かに正座した。

続きを読む 「うじ虫」と呼ばれた妻が遂げられなかった本懐~伊丹市・夫殺害未遂事件~

まばゆすぎた隣の芝生~浦和市・社宅乳児殺害事件②~

嫉妬

検察は、恵子を殺人未遂で起訴した。
当初、「死んでもいいと思って落とした」と話していた恵子だったが、ここへきて「傷害目的で、殺意はなかった」と殺意については否認していた。

検察官の取り調べに対し、恵子は美保ちゃんに行った加害行為について、
①右腕をひっ掻き、両太ももを数回つねった
②サッシ窓のアルミ枠に、美保ちゃんの左側側頭部をうちつけた
③真理子さんからミルクを手渡され、美保ちゃんにミルクを飲ませようとしたが飲まなかったため、哺乳瓶の乳首を無理やり美保ちゃんの口に押し込み、口の中に傷を負わせた
④恵子宅に真理子さん母娘を呼んだ際、真理子さんが席を立った隙に、高い高いをする要領で美保ちゃんを頭上にかかげ、そのまま回転するように170センチほどの高さから厚さ4センチのベビーマットに放り投げた
このように供述した。 続きを読む まばゆすぎた隣の芝生~浦和市・社宅乳児殺害事件②~

箍のはずれたふたりが夫を殺すまで~八王子・男性教師殺害死体遺棄事件~

平成4年11月17日



神奈川県藤野町にある峠に向かう道を、男性は自転車で登っていた。

この峠道はいたるところに休憩所やベンチなどが置かれ、自転車でのぼる人のほかに、ハイキングで訪れる人もいる自然豊かな場所だ。
男性が「それ」を見つけたのは、ふと足を止めた落ち葉の中だった。ゴミかと思った「それ」は、骨のようにも見えた。
「まさか・・・」
そう思ったが、どうも気になった男性は110番通報。後にそれは、人骨であることが判明した。

警察が周辺を捜索したところ、男性が骨の一部を見つけた場所に接する斜面からほぼ全身の人骨がバラバラの状態で発見された。
しかも、胸の骨には刺し傷のような痕、そして額部分にも殴られたような傷痕があったことから、この人は殺害されてこの場所に遺棄されたとみられた。 続きを読む 箍のはずれたふたりが夫を殺すまで~八王子・男性教師殺害死体遺棄事件~

箍のはずれたふたりが夫を殺すまで~八王子・男性教師殺害死体遺棄事件②~

はずれた箍

一方の井上は、警察官の父のいる家庭で育ち、千葉大学を卒業後に同級生だった妻と結婚。
教師とはいえ、同じ千葉大卒の妻の上には立てなかったようで、子供の教育方針でも妻とはぶつかることがあったという。
家の中に自分の居場所を見いだせなくなっていた井上は、そのことを紀子に相談していたようだ。

井上と紀子が気があったのは、お互い家庭に不満があったことに加え、家族の中に警察官がいる、ということもあった。
紀子の兄も警察官で、お互いなんとなく自分たちは似ていると思っていたのかもしれない。 続きを読む 箍のはずれたふたりが夫を殺すまで~八王子・男性教師殺害死体遺棄事件②~