無関係の女性を焼き殺した男の安らかな死にざま~愛知・2女性ドラム缶焼殺事件~

2000年4月4日

愛知県瀬戸市北白坂と旧藤岡町の境にある山林内の空き地に、4人の男の姿と二人の女性の姿があった。
4人のうちの2人が、車からドラム缶をおろし、空き地内に並べて置いた。
時刻は午前2時40分。
両手足をガムテープで拘束された女性らは、もはや抵抗する気力もないほど怯え震えていた。
ドラム缶をおろした男らに対し、残りの二人の男が指示を出す。指示された男らはこわばった表情のまま、それでも指示通り二人の女性を用意したドラム缶の中に抱え上げて入れた。そして、ガソリン混合油を頭からかけた。
女性らはこれから自らの身に起ることに気づき、男らに懇願した。
「助けて!ちょっと私の話を聞いて!」「お願いします!!」
しかし、その懇願も男らに届かないと悟ったのか、女性は静かになり、そして念仏を唱え始めた。

南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏・・・

暗い森の中で、女性が自分のために唱えるお経が響いていた。

続きを読む 無関係の女性を焼き殺した男の安らかな死にざま~愛知・2女性ドラム缶焼殺事件~

無関係の女性を焼き殺した男の安らかな死にざま~愛知・2女性ドラム缶焼殺事件②~

「精子が出たらどうしよう(笑)」

空き地にドラム缶を二つ並べて、車から洋子さんらをおろした野村らは、牧田兄に対して「風呂に入ってもらえ」と言い、洋子さんと勝子さんをドラム缶内に入れさせた。
洋子さんよりも勝子さんが暴れていたため、野村は勝子さんが入ったドラム缶の蓋に角材をかませて開かないようにした。
洋子さんは観念したのか、冒頭の通りひたすらに念仏を唱えていたという。
しかし、そんな洋子さんの様子を見ても、野村は動じる気持ちは一切なかったと後に告白している。
”奇妙なことに、その言葉に私が感じたのは「うるせぇな、このオバハン」ということだけだった。深谷の女房はどんなに弁明してもムダと悟ったのか、急におとなしくなってしまった。そして、声を震わせ念仏を唱えだしたのである。だが、それを聞いても私には何の感情もわいてこなかった(引用元 フライデー2009年2月27日号)”

続きを読む 無関係の女性を焼き殺した男の安らかな死にざま~愛知・2女性ドラム缶焼殺事件②~

無関係の女性を焼き殺した男の安らかな死にざま~愛知・2女性ドラム缶焼殺事件③~

4人の人生

4人の従犯は、なぜ最後まで川村と野村にいいようにされたのか。
裁判でなくても、誰でも思うだろう、なんで逃げないの、と。
裁判でもそれは検察が主張してもいる、野村は最後に4人に対して「本当に嫌なら来なくていいんだぞ」と、後戻りの橋渡しをしたと。
それでも、4人はその機会があったにもかかわらず誰一人逃げず、深谷さんを襲い、拉致に失敗するや無関係の妻とその妹を拉致し、本当に殺害してしまった。

続きを読む 無関係の女性を焼き殺した男の安らかな死にざま~愛知・2女性ドラム缶焼殺事件③~

「疑わしきは、罰せず」を貫いた法廷~広島・家族3人放火殺人事件~

2001年1月17日未明

広島市西区己斐大迫1丁目の住宅街に、火の手が上がっていた。
二階建てのさほど大きくはないその家は炎に包まれ、二階部分も赤く火の手が迫っていた。
驚いて飛び起きた近隣住民の耳に、ふと子供の声が聞こえた。
「おねーちゃーん!おねーちゃーん!」
この住宅には、中村小夜子さん(当時53歳)と長女が暮らし、そして小夜子さんの孫である彩華ちゃん(当時8歳)と、妹のありすちゃん(当時6歳)の姉妹が良く泊まりに来ていた。

住民らの脳裏に幼い姉妹の姿がよぎった。

間一髪逃げ出せた長女は助かったものの、焼け跡から小夜子さんと幼い姉妹の遺体が見つかった。

検視解剖の結果、彩華ちゃんとありすちゃんは焼死と断定されるも、小夜子さんは首を絞められるなどして火にまかれる以前に死亡していたことが判明、事態は放火殺人の様相を呈してきた。
しかし、犯人の手掛かりはなく、5年経ってもその事件は解決を見ていなかった。

2006年、詐欺容疑で逮捕起訴されていた男性が、その取り調べの過程でこの2001年の事件への関与を認めているとして、広島県警は殺人と現住建造物等放火の疑いでその男性を逮捕した。
男性は、亡くなった小夜子さんの息子で、同じく亡くなった姉妹の父親であった。

続きを読む 「疑わしきは、罰せず」を貫いた法廷~広島・家族3人放火殺人事件~

「疑わしきは、罰せず」を貫いた法廷~広島・家族3人放火殺人事件②~

事件が男性にもたらした「利益」

そもそも男性がここまで疑われたのは理由があった。
男性は先にも述べたとおり、経済的に非常に困窮する人生を送っていた。職に関する面もあったと思われるが、証言台に立った妹によれば、以前から「だらしなさと狡猾」な一面を持っていたという。
妹は自分の名前で借金を作られていた。そればかりか、兄である男性の借金の尻拭いのために、実家の喫茶店で働いて得るはずの給料が全額貰えないこともあったという。
さらに、男性は事故も何度か起こしており、そのたびに母親にその後始末を押し付けたり、金をせびりに来ることもあったという。
A子さんと離婚して児童扶養手当をもらうという話が母親の小夜子さんの耳に入ったときは、小夜子さんはうんざりしたような顔をしていた。
夜も眠れず、ハルシオンを服用することもあったそうだ。

続きを読む 「疑わしきは、罰せず」を貫いた法廷~広島・家族3人放火殺人事件②~