更新情報とお知らせ

5月19日:痛々しい、愛~広島・実母無理心中事件~
記事公開しました

5月10日:孤独な妄想男と叩かれまくった被害者~島根・父子殺傷事件~
記事公開しました

5月1日:「うじ虫」と呼ばれた妻が遂げられなかった本懐~伊丹市・夫殺害未遂事件~
小物が続いてますが、記事公開しました。

Twitter始めました。

4月20日:やつあたり~高野山写真店主殺害事件~
記事公開しました

4月17日:娘を守りたかった父親に遺族が叫んだ「そこまでするか」~久慈市・男性傷害致死事件~
記事公開しました

4月15日:家と家族を焼かなければ手に入らなかったもの~熊谷・一家3人放火殺人事件~
記事公開しました

4月12日:まばゆすぎた隣の芝生~浦和市・社宅乳児殺害事件~
記事公開しました 続きを読む 更新情報とお知らせ

痛々しい、愛~広島・実母無理心中事件~

平成16年2月25日

冬の空に日差しが戻ったその日、1台の車が瀬戸内の橋を渡っていた。
昨日よりも5度ほど気温も高く、海風は冷たいながらも心地よいものだった。
助手席にいる母の横顔を、男はなんどもなんども確認した。
皺が刻まれた母の顔。女手ひとつで自分たちを育ててくれた、母。

どうしてこうなってしまったのか。

使われていないフェリー用の桟橋に車を乗り入れると、男はそのまま海へとアクセルを踏んだ。 続きを読む 痛々しい、愛~広島・実母無理心中事件~

孤独な妄想男と叩かれまくった被害者~島根・父子殺傷事件①~

平成17年7月28日

夏の日差しが降り注いでいたこの日、その家に暮らす少年は父親にキャッチボールの練習をせがんだ。
消防士の父はこの日も出勤予定だったが、10歳になる息子とともに自宅前の道路に出た。
自宅前はT字路になっており、車の往来はそのT字路の奥にある2軒以外にはほとんどなかった。早朝ということもあり、父子はその道路でキャッチボールを始めた。

キャッチボールを始めてしばらくすると、奥の家から車が出てくるのが見えた。
ゆっくりと進んできたその車は、背を向けていた長男の背後3mほどまで近づいた時、突然スピードを上げ、そのまま長男を背後から撥ねた。
驚いた父親が駆け寄ると、車から運転していた中年の男が下りてきた。そして、父親に持っていた包丁を振り下ろしたのだ。

続きを読む 孤独な妄想男と叩かれまくった被害者~島根・父子殺傷事件①~

孤独な妄想男と叩かれまくった被害者~島根・父子殺傷事件②~

被害者叩き

事件直後の新聞各紙を見てみると、同じような見出しが躍っていた。
「長男はね父親刺殺 近所の男逮捕 飼い犬でトラブル?」読売新聞
「男児はね、父親刺殺 容疑で男逮捕、ペットのトラブル原因か」毎日新聞
「長男はね父親を刺殺 近所の男逮捕「飼い犬うるさい」」四国新聞
これ以外にも、全国紙の紙面には飼い犬をめぐる騒音トラブルがあったかのような記事が掲載され、この事件がご近所のマナーをめぐって起きた事件であるかのような印象がもたらされた。

中にはご丁寧に、石川家が飼っていたのは大型犬で、家の前を通るとしょっちゅう吠えていた、などといった「近隣住民」の声も掲載された。 続きを読む 孤独な妄想男と叩かれまくった被害者~島根・父子殺傷事件②~

「うじ虫」と呼ばれた妻が遂げられなかった本懐~伊丹市・夫殺害未遂事件~

平成13年8月15日

「うじ虫。出ていけばええやん。」

夫の暴言は今に始まったことではなかった。これまでに何度、どれほどの暴言を吐かれてきたか。
いつものように、言い返すこともできた。いつものように、とりあえず外へ逃げて気分を落ち着かせることもできた。

けれどこの日、妻は逃げなかった。
妻は台所で文化包丁を手に取ると、茶の間で寝そべってテレビを見ながら馬鹿笑いを続ける夫の背後に、静かに正座した。

続きを読む 「うじ虫」と呼ばれた妻が遂げられなかった本懐~伊丹市・夫殺害未遂事件~