夫と子供を殺した女が欲しかったもの~佐賀・長崎父子連続保険金殺人③~

次男

外尾は、かねてから実母が書けていた生命保険の掛け金を徴収するために外尾の実家を訪れていた保険外交員の女性から金を引き出すことを思いつく。
外尾自身も、自分の生命保険をその外交員を通じて加入した経緯もあり、お互いに懇意にしている仲であった。
外尾は、その外交員の成績アップに貢献すれば、いずれこの外交員の女性から金銭を借りられるのではないか、または、消費者金融から借金する際の保証人になってもらえると考え、まず礼子を紹介した。
外尾も自分の生命保険をかけ、さらに礼子の子供たちの保険を最大限度までかけた。
そして、思惑通り平成7年の4月から5月にかけ、その外交員から150万円を借りること、そして消費者金融の保証人にさせることも成功した。 続きを読む 夫と子供を殺した女が欲しかったもの~佐賀・長崎父子連続保険金殺人③~

夫と子供を殺した女が欲しかったもの~佐賀・長崎父子連続保険金殺人④~

母親と、愛

礼子の幼少時代については先にも触れたとおり、取り立てて目立ちもしない、ごく普通のおとなしい少女であった。
家族皆が女遊びの激しい父親に背を向ける中、礼子だけは父を慕った。鍼灸師の母親は苦労しつつ、それでも子供達のためにとその父とは離婚せず、礼子らが独立した後に離婚した。 続きを読む 夫と子供を殺した女が欲しかったもの~佐賀・長崎父子連続保険金殺人④~

暗闇で「やったつもり」の育児の果て~厚木・男児死体遺棄事件②~

もう一人の保護責任者

この事件では幸裕の無責任っぷりばかりがクローズアップされた。法廷でも時に居眠りを長時間していたり、理玖くんの死は「事故のようなもの」と言い放つなど、裁判員らに対する心証も最悪であった。
そんな中、ある時妻のことに話が及んだ際、聞かれてもいないのに「妻は風俗で働いていました、自分は知りませんでした」と言った。
これも、妻は風俗で働くような女だから信用ならないと印象付けたかった、かのようにも報道され、幸裕の責任転嫁の表れととらえられもした。 続きを読む 暗闇で「やったつもり」の育児の果て~厚木・男児死体遺棄事件②~

暗闇で「やったつもり」の育児の果て~厚木・男児死体遺棄事件③~

発覚が遅れたのはなぜか

幸裕は会社に勤め、外部との接触を持っていた。結婚したのはそもそも理玖くんができたからであり、双方の両親や家族だって理玖くんの存在を知っていた。
にもかかわらず、理玖くんの存在が7年以上も誰からも気にされなかった、こんなことってあるんだろうか。

児相が役立たずだったのは今も昔も同じことで、厚木児童相談所もそもそも朝の4時にオムツ姿の裸足の乳児が外で震えているのに、迷子で片づけるくらいだから程度が知れる。

しかし、家族らはどうだったのだろうか。 続きを読む 暗闇で「やったつもり」の育児の果て~厚木・男児死体遺棄事件③~

3人殺した男の学習能力ゼロ人生~岡山・交際女性殺害死体遺棄事件~

平成13年8月9日

「顔、どうしたんですか?」
レンタカー会社の社員が、客の男の顔に引っかき傷があるのを見つけて何気なく訊ねた。
「猫がね…」
男はそういって、その日の朝早くに予約していた車を借りていった。

自宅に戻った男は、トランクに次々と荷物を放り入れ、岡山市北区日吉の笹ケ瀬川へと車を走らせていた。通勤途中にいつも通る見慣れた景色が広がる。
男は堤防から下った河川敷の竹林の陰に車を停めると、トランクから荷物を運び出して次々に捨て始めた。
その中には、女性の遺体も含まれていた。

実は男は女性の遺体をこうやって川に捨てるのは初めてではなかった。
男の名は、宇井錂次。過去に2人の女性を殺害して同じように遺棄した罪で無期懲役となっていた。
仮釈放から2年、宇井は3度目の殺人を犯した。

続きを読む 3人殺した男の学習能力ゼロ人生~岡山・交際女性殺害死体遺棄事件~