誤算~赤穂・祖父母殺害事件~

平成28年2月5日午後1時過ぎ

兵庫県佐用町の土木建設会社。
社長の携帯に、従業員の男性から電話がかかってきた。
電話の主は、1年前に高卒で就職してきた19歳の男性社員。社長はその男性社員のことをとある事情からいつも気にかけていた。

「祖父が透析治療に行ってないと母から連絡が来ました。会社の車で家に戻っていいですか?」

男性社員の家庭の事情を知る社長は快くそれを了承した。若いのに、まじめで家族思いの男性社員。ある時は、夜通し病弱な祖父の背中をさすっていたと聞く。社長はいつも感心して見ていた。

しかしその時、すでにその男性社員の手は、夥しい血で染まっていた。

続きを読む 誤算~赤穂・祖父母殺害事件~

🔓Hungry Spider~中国自動車道女子中学生轢死事件・小5女児沖縄連れ去り事件~

まえがき

本来、愛の象徴ともいうべき「家庭」。
嫌なことがあっても家に帰って家族の顔を見、お風呂に入ってご飯を食べて暖かい布団で眠れば、また頑張ろうと思える、そうであるはずの家庭から、逃げ出したいと思う子供がいる。

特に、それは少女に多く見られるように個人的に感じているのだが、彼女たちはなぜそこまで家から逃れたいのだろうか。
親が口うるさい、兄弟姉妹とうまくいかない、両親の不和、経済的な理由、それは差こそあれども、本人にとっては重大な問題である。

ただ現実問題として、小中学生であれば逃げる金もないわけで、空を見上げどこへ行くともしれない飛行機にその思いを託してみたり、漫画やドラマの世界に没頭してその気持ちをやり過ごす、多くはそうして大人になっていく。

しかしもしもその時、目の前に逃げる手段を持ち合わせる「大人」の存在があったらどうだろうか。
その大人は、金を、自分の希望を満たしてくれる。そして、その大人は自分たちのような「少女」と呼ばれる存在に対して価値を見出しているとしたら。

ふたりの少女の、それぞれの逃避行の結末。彼女らが恐れた、あるいは彼女らの手を取った大人たちについて。

【有料部分 目次】
中国自動車道で死んだ少女
事件発生
犯人逮捕
男の評判
援助交際
見過ごされた赤信号
実行された妄想
逃げたかった少女と、捕えたかった男「たち」
沖縄へ逃げた少女
千葉の誘拐事件
距離感のおかしい少女
溺れ行く男
欲しがる人々
宴のはての懲役2年6月
めぐ
Hungry Spider

そばにいて~神戸市・小2男児ため池死亡事故~

その日

なんでこんなことになったんやろう。
必死で暗闇を駆け抜ける間、少年はずっと考えていた。
団地に戻って、階段を駆け上がる。

「賢がおらんようになった!」

玄関を開けて大声で叫んで、家の人と一緒にまたあの池へ戻る。
賢、溺れてしもたんやろか?

少年は池に戻っても、身動きできずにいた。 続きを読む そばにいて~神戸市・小2男児ため池死亡事故~

もうひとつの「MOTHER マザー」~桐生市・高齢女性殺害事件~

川口の事件

平成27年年94日、東京高等裁判所の秋葉康弘裁判長は、強盗殺人などの罪に問われた事件当時17歳の少年に対し、控訴棄却、懲役15年の一審判決を支持する判決を言い渡した。
少年は、平成26年に川口市で起きた高齢夫婦強盗殺人の実行犯であり、その高齢夫婦の孫だった。
裁判では、被害者夫婦の娘であり、少年の母親でもある女も強盗と窃盗の罪で起訴されていたが、そもそもこの母親による「殺してでも借りてこい」という指示があったことが明らかとなり(母親は現在も否定)、また、少年の信じられない不遇な生い立ちにも注目が集まった。

母親の判決は懲役46月、その後この事件は令和2年に長澤まさみ主演で映画化された。

その、ずっと前。
平成16年にも、同じく母と息子が共謀して祖母を殺害、その金を奪うという事件があった。

もうひとつの「MOTHER マザー」。 続きを読む もうひとつの「MOTHER マザー」~桐生市・高齢女性殺害事件~

🔓Love & Father~八街市・父娘強盗殺人放火事件~

平成22年5月11日

男性はその日、火災発生を知らせる防災無線に耳をすませた。
場所によっては、消火活動をする必要もあるため、住所を聞き取ろうとして息をのんだ。
男性は急いで現場に駆け付けたが、その家はすでに2階から炎が噴き出し、手が付けられない状態となっていた。

その家は、男性が5年前に建築を請け負った家だった。

八街の放火

平成22年5月11日午後2時半ころ、千葉県八街市小谷流の民家が燃えていると、近所の住民から119番通報があった。
駆け付けた消防隊が火を消し止めたものの、木造二階建ての立派な家は見るも無残に焼け落ちた。

この家は、農業の中村行夫さん(当時76歳)と長男(46歳)、そして長男の娘ふたりの4人暮らしだった。
火災は平日の午後に起こっており、長男と娘二人はそれぞれ学校と職場へ行っており無事が確認された。行夫さんも、火災が起きた時いつも使用している軽四自動車が見当たらなかったことから、行夫さんも出かけていて無事なのでは、と思われたが、その後の現場検証で、1階の六畳間で遺体が発見された。

近所の人らは、「車がなかったからてっきりお孫さんを迎えに行っているのだとばかり思っていた」と話し、一家を襲った突然の不幸に同情を寄せた。

しかし、一つおかしな点があった。

住民らが言うように、普段行夫さんが使用していた軽四がなくなっていたのだ。
長男も使用しておらず、行夫さんが自宅で死亡している以上、行夫さん以外の誰かがその軽四を乗って出ていった、としか思えなかった。
警察では当然、事件を視野に入れて捜査したが、後日行われた司法解剖の結果、行夫さんの遺体には背中に刺し傷があったことが判明。さらに、胃の内容物から食後4時間ほどで死亡していること、そして、喉には微量のすすも認められたことから、刺されてすぐに火を放たれたとみられた。

警察は殺人事件と断定、目撃情報や、なくなった車の捜査を始めた。
まずもたらされたのは、行夫さん宅の近くの山道に放置されていた見慣れぬ自転車の存在だった。それは2台並べて置いてあり、最近とめられた、という感じだったという。
また、家の中では物色されたような跡もあり、さらには行夫さんの家族以外のなにものかが「食事」をした形跡があったという。
以上のことから、犯人が行夫さんを殺害後に室内を物色し、食事をして火を放ち、行夫さんの軽四を盗んで逃走した、と警察では見ていた。

そしてもうひとつ、重大なある事情がこの家には悩みの種として覆いかぶさっていたことも分かった。

行夫さんの孫娘の一人が、ストーカー被害に遭っていたのだ。

【有料部分 目次】
ストーカー
八街の父と娘
「愛に年齢は関係ないっ!」
父親の暴走
凶行
無罪主張の父
A子
少女たち