🔓Love & Father~八街市・父娘強盗殺人放火事件~

平成22年5月11日

男性はその日、火災発生を知らせる防災無線に耳をすませた。
場所によっては、消火活動をする必要もあるため、住所を聞き取ろうとして息をのんだ。
男性は急いで現場に駆け付けたが、その家はすでに2階から炎が噴き出し、手が付けられない状態となっていた。

その家は、男性が5年前に建築を請け負った家だった。

八街の放火

平成22年5月11日午後2時半ころ、千葉県八街市小谷流の民家が燃えていると、近所の住民から119番通報があった。
駆け付けた消防隊が火を消し止めたものの、木造二階建ての立派な家は見るも無残に焼け落ちた。

この家は、農業の中村行夫さん(当時76歳)と長男(46歳)、そして長男の娘ふたりの4人暮らしだった。
火災は平日の午後に起こっており、長男と娘二人はそれぞれ学校と職場へ行っており無事が確認された。行夫さんも、火災が起きた時いつも使用している軽四自動車が見当たらなかったことから、行夫さんも出かけていて無事なのでは、と思われたが、その後の現場検証で、1階の六畳間で遺体が発見された。

近所の人らは、「車がなかったからてっきりお孫さんを迎えに行っているのだとばかり思っていた」と話し、一家を襲った突然の不幸に同情を寄せた。

しかし、一つおかしな点があった。

住民らが言うように、普段行夫さんが使用していた軽四がなくなっていたのだ。
長男も使用しておらず、行夫さんが自宅で死亡している以上、行夫さん以外の誰かがその軽四を乗って出ていった、としか思えなかった。
警察では当然、事件を視野に入れて捜査したが、後日行われた司法解剖の結果、行夫さんの遺体には背中に刺し傷があったことが判明。さらに、胃の内容物から食後4時間ほどで死亡していること、そして、喉には微量のすすも認められたことから、刺されてすぐに火を放たれたとみられた。

警察は殺人事件と断定、目撃情報や、なくなった車の捜査を始めた。
まずもたらされたのは、行夫さん宅の近くの山道に放置されていた見慣れぬ自転車の存在だった。それは2台並べて置いてあり、最近とめられた、という感じだったという。
また、家の中では物色されたような跡もあり、さらには行夫さんの家族以外のなにものかが「食事」をした形跡があったという。
以上のことから、犯人が行夫さんを殺害後に室内を物色し、食事をして火を放ち、行夫さんの軽四を盗んで逃走した、と警察では見ていた。

そしてもうひとつ、重大なある事情がこの家には悩みの種として覆いかぶさっていたことも分かった。

行夫さんの孫娘の一人が、ストーカー被害に遭っていたのだ。

【有料部分 目次】
ストーカー
八街の父と娘
「愛に年齢は関係ないっ!」
父親の暴走
凶行
無罪主張の父
A子
少女たち

🔓殴り殺された父の「悪行」~四街道・実父撲殺事件~

取調室にて

「なぁ、本当のこと話してくれんか。」

四街道署の取調室では、刑事がこう問い続ける日がもう一週間以上も続いていた。
それでも、目の前の少年は頑として、当初の供述を変えようとはしなかった。

「人を殺しました。友人の父親です。凶器は近くの池に捨てました。」

捜査員らは納得しかねていた。この目の前の少年が、「友人の父親」を殴り殺したというのが、どうにも理解できなかった。そもそもの動機も、「友人の父親に冷たくされたから」。なぜそんな理由で人を殺そうという判断になるのか。

千葉県四街道市で起きた殺人事件。
この事件の裏には、というか、この事件は起こるべくして起こった事件でもあった。

【有料部分 目次】
事件発覚
報道
長男
父のそれまで
子供たち
父と子と、その友達
支配
審判
レイプ
少年たち

押し入れの秘密と、もう一つの死~和歌山・嬰児殺害遺棄事件~

平成17年12月17日

「すみませんでした……」

大阪府泉南郡岬町の宿泊施設。捜査員に事情を聞かれた女は、そういってうなだれた。
「あの子らは、誰の子なんや?」
そう聞かれた女は、
「3人は自分が出産した子です。」
と答えた。

この日から3日前の12月14日、和歌山市内のマンションの空き室から、合計3体の乳児らしき遺体が発見されていた。そして、その部屋に直前まで住んでいたのがこの女だったのだ。

続きを読む 押し入れの秘密と、もう一つの死~和歌山・嬰児殺害遺棄事件~

愛すればこその結末~日比谷公園内無理心中事件~

平成19年6月4日

東京地裁刑事10部506号法廷。
女性弁護人は、分厚い最終弁論の束をめくりながら淡々と読み上げていく。
しかし淡々とした口調とは裏腹に、語られるその内容はその場にいる全員の頭上に重く重くのしかかり、法廷全体を深く沈みこませていた。

「被告人の身に起きたことは、一人の人間が抱えることのできる許容量をはるかに超えている」

弁護人の声は静かに、そして強く法廷に響いた。 続きを読む 愛すればこその結末~日比谷公園内無理心中事件~

哀しき嘘つき女の涙~米子市・新生児誘拐事件~

市役所にて

とある私立保育園からの問い合わせを受け、境港市役所の健康推進課は騒然としていた。
「母子手帳?そんなの交付してないよ。申請すらない……
問い合わせの内容は、その私立保育園に子供を預けてけている母親が赤ちゃんを産んだという話だった。しかし、まったくその気配も体形の変化もなかったことから、私立保育園側が不審に思っての問い合わせだった。

世の中には妊娠しても出産するまで母子手帳交付を受けない妊婦もいるし、とんでもないプライバシーの問題でもある。
しかし、境港市役所はそんなことを言ってはいられなかった。

つい先日、米子市内の病院から、生まれたばかりの赤ちゃんが連れ去られていていまだ行方不明になっていたのだ。 続きを読む 哀しき嘘つき女の涙~米子市・新生児誘拐事件~