🔓こっちにおいで~奈良・9歳女児殺害事件~

最近すこぶる調子が良い。
以前はこの子の学校行事どころか、普段の世話すらできなかったのに……
この二段ベッドも、この子が小学校へ上がる時に、母親と一緒に寝ることが出来たらいいと思って買ってやったもの。
ようやく、ここで母親と寝かせられる日がやってきた。
父親もおらず、母親は病気でこの子には本当に寂しい思いをさせたもんだ。
そういえば今日も、この子の学校の宿題を確認して、娘は母親らしいことをしていたなぁ。

これからは、よくなる。きっと。

平成23年5月26日

通報を受けた救急隊は、奈良県内の住宅地へと向かった。大和川の北、JR王寺駅に近い、いくつもの町にわたる大きなその住宅街のふもとの一軒家では、家の中から女性の泣き叫ぶ声が響いていた。

「死にたい!死にたい!」
「あの子だけが死んで、自分だけは死ねなかった!」
「一緒に死のうと思ったのに……」

救急隊員が家人の案内で二階に上がると、廊下に座り込んだ女性がこう叫んでいた。
女性の両手は血まみれで、その指8本にはかなり深い切り傷のようなものもあった。

けが人はこの女性……?
いや、通報では子供が刺されたといった情報だったはず。
救急隊員が部屋へはいると、そこには二段ベッド。そこで、小学生くらいの女の子が血まみれで倒れていた。正確には、寝ているところをメッタ刺しにされた、という状況で、その刺し傷は合計33か所に及んでいた。

「これで刺したようです」

不意に、救急隊員に声がかけられた。
振り向くと、包丁を手にした高齢男性。その包丁はステンレス製で、刃渡りは17センチもあるものだった。
とにかく女の子を病院へ救急搬送したものの、女の子は搬送先の病院で死亡が確認された。

【有料部分目次】
死にたかった女
困難な人生
自殺未遂
裁判
鑑定医と選択された司法的処遇
父親
「こっちにおいで……」

いいわけ〜祖父母による孫殺害無理心中事件〜

親が子を道連れにして自殺を図るというケースを、日本では無理心中、と表現する。
この言葉の適切さはさておき、一般的なイメージや言葉が社会に浸透しているは間違いない。

この言葉には、親の身勝手な考えの犠牲になった、という印象があり、子は親を選べないという、今時の言葉で言えば「親ガチャ失敗」の最悪のケースである。
母親主導の場合は母子心中が多く、父親主導の場合は一家心中になるケースが統計的にも多い。
また特殊な統計として、虐待死は内縁の妻、夫によるケースが多く見られるのに対し、無理心中においてはむしろ血の繋がりのない子どもが犠牲になるのは少ないという。

一方で、その無理心中、一家心中を画策したのが他の家族だったら。

基本的に両親以外の家族が加害者になる場合は、一家心中、一家皆殺し的なことに発展することが多い(中津川の無理心中、柏の無理心中など)こと、結果として被害者数が多くなり死刑求刑もあり得るためセンセーショナルな扱いをされてしまうことで記憶には残るが、件数としては多くない。

この、親以外による無理心中事件の中で、祖父母による無理心中について取り上げてみたい。
加東市にて、娘の長男を預かっていた60代の祖母が2歳の孫を池に沈めて殺害した事件があったが、このケースも無理心中(未遂)とされている。
親が主導して子を巻き添えに無理心中することと、祖父母が孫を巻き添えにそれを企てるのと、その動機や背景に違いはあるのだろうか。 続きを読む いいわけ〜祖父母による孫殺害無理心中事件〜

いいひと。PART2 ~大牟田市・4歳男児殺害事件~

その父親は、誰が見ても「いいひと」だった。
幼いころから正義感あふれ、仲間外れにされた子を率先して仲間に引き入れた。
姉とは姉弟喧嘩などしたこともないし、周囲に配慮し、いつも笑顔を絶やさない、そんな人物だったという。
友人を大切にし、大学に進んだ後も専門学校へ通いなおし、家族の意見にも耳を傾けた。
社会人になってからも、同僚からは仏様みたいに穏やかな人だと絶賛された。
真面目で温厚、結婚し子供が生まれてからもその息子をかわいがった。

しかし。

父親はその息子を殺害した。たった4歳の、プラレールに夢中だった男の子を。

父親には精神鑑定が行われた。そのうえで、平成25年10月31日、福岡地裁はこの父親に懲役6年の実刑判決を言い渡した。 続きを読む いいひと。PART2 ~大牟田市・4歳男児殺害事件~

🔓快楽のための虐待~泉佐野市・2児虐待死傷事件~

平成16年、大阪地方裁判所堺支部。

「二人での生活を楽しみたい、そのような身勝手な理由から子供を疎ましく思い、幼い被害者二人に対しそれぞれ虐待行為を続けた。」

検察官の読み上げる起訴状には、耳をふさぎたくなるような事実がこれでもかと記されていた。
母親とその愛人による幼子への苛烈な虐待は、母親の、「快楽に耽りたい」という思いから始まっていた。

だらしなく肥えた体を丸めるようにして座る女は、自分の犯した罪の重さをわかっているのかいないのか、感情を見せることはなかった。

9月9日、女は懲役8年の判決を言い渡された。
女は3人の子供母親。そして、うち1人を死なせ、もう1人には全身に及ぶケガをさせていた。
大阪地方裁判所堺支部の細井正弘裁判長は、
「笑いながら暴行を加えるなど、ゲーム感覚で虐待を楽しんでおり、残虐かつ悪質な犯行」
と批難した。

母親であるこの女と愛人の男は、壮絶なリンチに泣き叫ぶ子供をらを見て、笑っていた。

事件

平成16年3月14日、泉佐野署に通報が入ったのは病院からだった。
「男児が心肺停止で運ばれてきたが、状況から虐待の可能性が疑われる」
通報してきたのは、男児を搬送した救急隊員だった。

119番通報で駆け付けた際、母親と思われる人物から、
「昼寝中に痰が詰まって呼吸が止まった」
と説明を受けたものの、痰が詰まっている様子はなかったという。加えて、男児を診察した医師から、顔や背中、両足に殴られたような痣、頭部には古い傷があると言われたことでの通報だった。

泉佐野署は男児の自宅で家族から話を聞いたところ、この男児の母親の愛人の男が男児に暴行したことが判明。翌3月15日、傷害の容疑で逮捕となった。

【有料部分目次】
貧困、アル中、暴力
狭すぎる世界での妊娠
性欲の泥沼
タバコの痕126か所
邪魔されたくなかった

見苦しい人々〜守口・4歳児暴行死事件〜

平成13年8月5日午後7時45分。
守口市の関西医科大学附属病院にて、小さな命が消えた。
救急搬送されてきたのは、4歳の男の子。目立った外傷は見当たらなかったが、その脳は腫れ、すでに機能を失った状態にあった。
それでも心臓は動きを止めず、男の子は搬送されてから2週間、必死に生きようと頑張っていたが、医師らの尽力も届かず男の子は死亡してしまった。

救命にあたった医師らは、その怪我自体は自分で転倒して頭部を強打したような場合でも起こり得るものとの認識はあったが、念のため警察へも通報していた。
警察が家族から聞き取ったところ、複数の家族が「自分で転んで頭を打った」という証言をしたため、男児は事故死と判断された。 続きを読む 見苦しい人々〜守口・4歳児暴行死事件〜