特集:虐待事件①

摂津市で3歳の新村桜利斗(おりと)ちゃんが、母親の交際相手から熱湯シャワーを数分間にわたって浴びせられ、その後死亡するという残虐極まりない事件が起きた。

男は現在殺人で逮捕され取調べを受けているが、遊びの延長だったという趣旨の供述をしていて殺意は否認。
のちに母親も虐待を行なっていたとして逮捕されている。

ぷくぷくのほっぺたに、あどけない瞳。
手も足も何もかもが小さくて、一生懸命に生きている。

そんな子供たちを容赦なく、死ぬほどの暴力を加えて笑える人間が存在している。そこに血の繋がりなどは関係ない。

摂津市の事件に限らず、大きく報道され人々の記憶にも残る虐待、殺人事件というのは多い。目黒の船戸結愛ちゃん、野田市の栗原心愛さん、小山市の小林一斗ちゃん、隼斗ちゃん、大阪の下村桜子ちゃん、楓ちゃん、厚木の斉藤理玖ちゃん、尼崎の勢田恭一くん、秋田の畠山彩香さん、米山豪憲くん……

名前を聞いただけで「あぁ、あの事件の」と思い浮かべられるほど記憶に残る子供達がいる一方で、「そんな事件あったっけ?」と忘れ去られてしまった子供たちもいる。

事件備忘録ではむしろそういった、もう誰の記憶にもないかもしれない、親やその関係者に殺害された子供達の事件を書き続けていきたいと思っている。

あの子たちは生まれてきたし、ちゃんと生きていた。

忘れないで。

【収録事件】
①座間市・3歳児傷害致死事件(平成13年)
②🔒泉崎村・実子4人全員虐待3歳児餓死事件(平成18年)
③八王子・6歳女児熱湯シャワーせっかん死事件(平成7年)
④🔒大阪・2歳男児監禁致死死体遺棄事件(平成19年)
⑤施設収容申立および親権喪失宣告申立事件の背景

書ききれなかったので特集は第二弾もあります。

5歳の目撃者〜〜座間市・三歳児暴行死事件〜

救急車にて

「ごめんね、ごめんね

救急車の狭い車内で、母親と思しき女性は意識のない子供の手を握りしめ、涙を目にためながらそう呟いた。
大学病院に搬送されたのは、まだオムツも取れていない小さな男の子。意識はなく、かなり危険な状態だった。

男児はその後搬送先の病院で救命及ばず、短い一生を終えた。

横浜地方裁判所

平成17年3月1日、横浜地方裁判所は、当時3歳の内縁の夫の連れ子に暴力をふるい死なせたとして、辻岡裕美(仮名/当時28歳)に対し、懲役4年6月の判決を言い渡した。

罪状は、傷害致死。
裕美はこの裁判で一貫して無罪を主張していた。事実、裕美が逮捕されたのは事件が起きた約1年後であり、判決が出たのはさらにその2年半後で、未決拘留日数は800日に及んでいた。

しかし裁判の結果は、有罪。

男児の死は事故か、それともそこに誰かの悪意があったのか。

有罪の決め手は、小さな目撃者の存在だった。 続きを読む 5歳の目撃者〜〜座間市・三歳児暴行死事件〜

午前4時の熱湯シャワー〜八王子・6歳養女せっかん死事件〜

笑顔のお誕生日会

平成769日。
八王子市中野上町の小さな二階建てアパートの一室には、子供たちの歓声が響いていた。
大きなバースデーケーキと、甘いお菓子。飲み物もたくさんあった。
7歳の男の子と、6歳の女の子。二人は兄妹で、お誕生日が近かったことからこの日二人分のお誕生パーティーを両親が開いてくれたのだ。

笑顔の兄妹を、両親は目を細めて何枚もカメラに収めた。

ただ、その笑顔はところどころ、青や黒いアザに覆われている。

そしてこの2週間後、妹は死亡した。

顔と右半身の皮膚を真っ赤に爛れさせ、想像を絶する苦しみの中もがき続け、誰にも助けられることなく短い一生を終えた。

幼い女の子が最後に見たのは、母親の再婚相手の姿だった。 続きを読む 午前4時の熱湯シャワー〜八王子・6歳養女せっかん死事件〜

ボクは知らない〜巣鴨・子供置き去り事件〜

令和3年8月、滋賀県内で6歳の女児がジャングルジムから落ちて死亡するという痛ましい事故が起きた。
しかしその後、女児の体に100箇所に及ぶ殴打痕があったこと、事故直前の未明にその女児が少年に連れられてコンビニにいたことで通報されていた事実が判明。
調べた結果、女児は事故死ではなく、その少年に暴行されたことで死亡したと判明した。

その少年は、女児の17歳になる兄だった。

この事件が報じられると、その生育歴や母親の状況などから、今から30年ほど前に起きたとある事件と重なる、そんな声も聞かれた。

その事件は、昭和63年に発覚した。 続きを読む ボクは知らない〜巣鴨・子供置き去り事件〜

🔓ママなんか怖くない~ひたちなか市・小1女児せっかん死事件~

台所にて

「これ、どうすんの?」
「立たせとけばいいんじゃない?」

女は目の前にいる女児をそういうと手近にあったモップの金属製の柄で力任せに殴りつけた。女児は悲鳴をあげるが、それでも殴打する手を止めない。
やがて女児の悲鳴は獣の咆哮のようなものへと変化。さらには脱糞するまでにいたった。

「汚い!あっちいって」

まるで汚物を押し付けあうかのように女児の体をどつき回す大人たち。

そしてその日の午後、女児はたった6年の生涯を一人ぼっちで閉じた。

平成12年3月23日、水戸地裁の松尾昭一裁判長は3人の男女にそれぞれ懲役4年から6年の実刑判決を言い渡した。
3人は、あの女児の実母と養父、そして、女児と同じ名前を持つ、実母の友人の女だった。