🔓こっちにおいで~奈良・9歳女児殺害事件~

最近すこぶる調子が良い。
以前はこの子の学校行事どころか、普段の世話すらできなかったのに……
この二段ベッドも、この子が小学校へ上がる時に、母親と一緒に寝ることが出来たらいいと思って買ってやったもの。
ようやく、ここで母親と寝かせられる日がやってきた。
父親もおらず、母親は病気でこの子には本当に寂しい思いをさせたもんだ。
そういえば今日も、この子の学校の宿題を確認して、娘は母親らしいことをしていたなぁ。

これからは、よくなる。きっと。

平成23年5月26日

通報を受けた救急隊は、奈良県内の住宅地へと向かった。大和川の北、JR王寺駅に近い、いくつもの町にわたる大きなその住宅街のふもとの一軒家では、家の中から女性の泣き叫ぶ声が響いていた。

「死にたい!死にたい!」
「あの子だけが死んで、自分だけは死ねなかった!」
「一緒に死のうと思ったのに……」

救急隊員が家人の案内で二階に上がると、廊下に座り込んだ女性がこう叫んでいた。
女性の両手は血まみれで、その指8本にはかなり深い切り傷のようなものもあった。

けが人はこの女性……?
いや、通報では子供が刺されたといった情報だったはず。
救急隊員が部屋へはいると、そこには二段ベッド。そこで、小学生くらいの女の子が血まみれで倒れていた。正確には、寝ているところをメッタ刺しにされた、という状況で、その刺し傷は合計33か所に及んでいた。

「これで刺したようです」

不意に、救急隊員に声がかけられた。
振り向くと、包丁を手にした高齢男性。その包丁はステンレス製で、刃渡りは17センチもあるものだった。
とにかく女の子を病院へ救急搬送したものの、女の子は搬送先の病院で死亡が確認された。

【有料部分目次】
死にたかった女
困難な人生
自殺未遂
裁判
鑑定医と選択された司法的処遇
父親
「こっちにおいで……」

いいわけ〜祖父母による孫殺害無理心中事件〜

親が子を道連れにして自殺を図るというケースを、日本では無理心中、と表現する。
この言葉の適切さはさておき、一般的なイメージや言葉が社会に浸透しているは間違いない。

この言葉には、親の身勝手な考えの犠牲になった、という印象があり、子は親を選べないという、今時の言葉で言えば「親ガチャ失敗」の最悪のケースである。
母親主導の場合は母子心中が多く、父親主導の場合は一家心中になるケースが統計的にも多い。
また特殊な統計として、虐待死は内縁の妻、夫によるケースが多く見られるのに対し、無理心中においてはむしろ血の繋がりのない子どもが犠牲になるのは少ないという。

一方で、その無理心中、一家心中を画策したのが他の家族だったら。

基本的に両親以外の家族が加害者になる場合は、一家心中、一家皆殺し的なことに発展することが多い(中津川の無理心中、柏の無理心中など)こと、結果として被害者数が多くなり死刑求刑もあり得るためセンセーショナルな扱いをされてしまうことで記憶には残るが、件数としては多くない。

この、親以外による無理心中事件の中で、祖父母による無理心中について取り上げてみたい。
加東市にて、娘の長男を預かっていた60代の祖母が2歳の孫を池に沈めて殺害した事件があったが、このケースも無理心中(未遂)とされている。
親が主導して子を巻き添えに無理心中することと、祖父母が孫を巻き添えにそれを企てるのと、その動機や背景に違いはあるのだろうか。 続きを読む いいわけ〜祖父母による孫殺害無理心中事件〜

見苦しい人々〜守口・4歳児暴行死事件〜

平成13年8月5日午後7時45分。
守口市の関西医科大学附属病院にて、小さな命が消えた。
救急搬送されてきたのは、4歳の男の子。目立った外傷は見当たらなかったが、その脳は腫れ、すでに機能を失った状態にあった。
それでも心臓は動きを止めず、男の子は搬送されてから2週間、必死に生きようと頑張っていたが、医師らの尽力も届かず男の子は死亡してしまった。

救命にあたった医師らは、その怪我自体は自分で転倒して頭部を強打したような場合でも起こり得るものとの認識はあったが、念のため警察へも通報していた。
警察が家族から聞き取ったところ、複数の家族が「自分で転んで頭を打った」という証言をしたため、男児は事故死と判断された。 続きを読む 見苦しい人々〜守口・4歳児暴行死事件〜

限界破裂〜虐げられた人々の愛の事件〜

普通に生きていても、時に他人から不当な扱いをされることがある。
会社でのパワハラ、学校でのアカハラ、そして夫婦間、恋人間におけるモラハラ、DVなど。
相手との立場の問題や相手に対する感情の問題で、不当な扱いだとわかっていてもそれに抗議できず、ただ耐えることでやり過ごそうとする人も少なくない。
また、怒りがあったとしても同じ土俵に立ちたくないという思いで、あえて無関心を通そうとする人もいるだろう。

特に日本人はできるだけ、争い事を避けようとする傾向があるのも事実で、少々のことで騒ぎ立てるのはみっともない、そう思う人もいる。
限定していうと、男女間夫婦間における様々な問題は、第三者が介入し辛い面もあって気がつけば虐げられていた人は一人その理不尽な思いを抱き続けることになる場合が多い。

一方で人にはそれぞれ堪忍袋というものがあり、その容量は個人差が激しい。

虐げられた人々の我慢の限界が来た時、それまで蔑ろにしてきた本当の加害者は狼狽え、そして許しを乞う、自分がしてきたことを棚にあげ……

いくつかの我慢の限界を超えた男女の事件。 続きを読む 限界破裂〜虐げられた人々の愛の事件〜

🔓悪魔は、誰だ~前橋・1歳女児悪魔祓い暴行死事件~

取調室で、母親は自身が述べた供述調書を前に、固まっていた。

「間違いがなければ署名してください。」

私は間違っていない。「正しいこと」を言ってきた。この長い間、ずっと。
あの子を思い、ただひたすらに、あの子のために私たち家族のためにしてきたことだ、それが間違いのはずがない。
「正しいこと」を言わなければ、先生に背くことになる。先生が困ることは、「正しいこと」とは言えない。だから私が疑われても、家宅捜索をされても応じてきた。

でも、でも、「正しいこと」は、「本当のこと」とは違う……

「すみません、本当のことが書かれてないので、サインできません。」

取り調べに当たっていた刑事たちはこの後、母親がおよそ6年越しに語り始めた事件の真相に驚愕することになる。

悪魔は、誰だ。

【有料部分目次】
6年前の「死亡事故」
解けた母
発端の心霊写真
神の手、神の子
平成23年5月2日
家族
掲示板の告発
完全否定
悪魔にとらわれた女