🔓こっちにおいで~奈良・9歳女児殺害事件~

最近すこぶる調子が良い。
以前はこの子の学校行事どころか、普段の世話すらできなかったのに……
この二段ベッドも、この子が小学校へ上がる時に、母親と一緒に寝ることが出来たらいいと思って買ってやったもの。
ようやく、ここで母親と寝かせられる日がやってきた。
父親もおらず、母親は病気でこの子には本当に寂しい思いをさせたもんだ。
そういえば今日も、この子の学校の宿題を確認して、娘は母親らしいことをしていたなぁ。

これからは、よくなる。きっと。

平成23年5月26日

通報を受けた救急隊は、奈良県内の住宅地へと向かった。大和川の北、JR王寺駅に近い、いくつもの町にわたる大きなその住宅街のふもとの一軒家では、家の中から女性の泣き叫ぶ声が響いていた。

「死にたい!死にたい!」
「あの子だけが死んで、自分だけは死ねなかった!」
「一緒に死のうと思ったのに……」

救急隊員が家人の案内で二階に上がると、廊下に座り込んだ女性がこう叫んでいた。
女性の両手は血まみれで、その指8本にはかなり深い切り傷のようなものもあった。

けが人はこの女性……?
いや、通報では子供が刺されたといった情報だったはず。
救急隊員が部屋へはいると、そこには二段ベッド。そこで、小学生くらいの女の子が血まみれで倒れていた。正確には、寝ているところをメッタ刺しにされた、という状況で、その刺し傷は合計33か所に及んでいた。

「これで刺したようです」

不意に、救急隊員に声がかけられた。
振り向くと、包丁を手にした高齢男性。その包丁はステンレス製で、刃渡りは17センチもあるものだった。
とにかく女の子を病院へ救急搬送したものの、女の子は搬送先の病院で死亡が確認された。

【有料部分目次】
死にたかった女
困難な人生
自殺未遂
裁判
鑑定医と選択された司法的処遇
父親
「こっちにおいで……」

いいわけ〜祖父母による孫殺害無理心中事件〜

親が子を道連れにして自殺を図るというケースを、日本では無理心中、と表現する。
この言葉の適切さはさておき、一般的なイメージや言葉が社会に浸透しているは間違いない。

この言葉には、親の身勝手な考えの犠牲になった、という印象があり、子は親を選べないという、今時の言葉で言えば「親ガチャ失敗」の最悪のケースである。
母親主導の場合は母子心中が多く、父親主導の場合は一家心中になるケースが統計的にも多い。
また特殊な統計として、虐待死は内縁の妻、夫によるケースが多く見られるのに対し、無理心中においてはむしろ血の繋がりのない子どもが犠牲になるのは少ないという。

一方で、その無理心中、一家心中を画策したのが他の家族だったら。

基本的に両親以外の家族が加害者になる場合は、一家心中、一家皆殺し的なことに発展することが多い(中津川の無理心中、柏の無理心中など)こと、結果として被害者数が多くなり死刑求刑もあり得るためセンセーショナルな扱いをされてしまうことで記憶には残るが、件数としては多くない。

この、親以外による無理心中事件の中で、祖父母による無理心中について取り上げてみたい。
加東市にて、娘の長男を預かっていた60代の祖母が2歳の孫を池に沈めて殺害した事件があったが、このケースも無理心中(未遂)とされている。
親が主導して子を巻き添えに無理心中することと、祖父母が孫を巻き添えにそれを企てるのと、その動機や背景に違いはあるのだろうか。 続きを読む いいわけ〜祖父母による孫殺害無理心中事件〜

いいひと。PART2 ~大牟田市・4歳男児殺害事件~

その父親は、誰が見ても「いいひと」だった。
幼いころから正義感あふれ、仲間外れにされた子を率先して仲間に引き入れた。
姉とは姉弟喧嘩などしたこともないし、周囲に配慮し、いつも笑顔を絶やさない、そんな人物だったという。
友人を大切にし、大学に進んだ後も専門学校へ通いなおし、家族の意見にも耳を傾けた。
社会人になってからも、同僚からは仏様みたいに穏やかな人だと絶賛された。
真面目で温厚、結婚し子供が生まれてからもその息子をかわいがった。

しかし。

父親はその息子を殺害した。たった4歳の、プラレールに夢中だった男の子を。

父親には精神鑑定が行われた。そのうえで、平成25年10月31日、福岡地裁はこの父親に懲役6年の実刑判決を言い渡した。 続きを読む いいひと。PART2 ~大牟田市・4歳男児殺害事件~

🔓洗脳と恋慕、そして怒れる裁判員~宮崎・同居女性バラバラ殺人事件~

これで何度目だろうか。
ここのところ、娘と会う約束をしても直前でキャンセルになることが続いていた。
『大丈夫?』
メールを送ると、返事はあった。心配かけてごめん、大丈夫だよ……
けれど6月以降、顔を見ていないし声も聞いていない。

気になることはほかにもあった。9月中旬、突然「メールアドレスを変えた」という連絡が入っていた。メールアドレスを変えるというのはトラブルがあったからではないのだろうか。

女友達の家で一緒に暮らしていると言っていたあの彼氏とはうまくいっているのだろうか。あの彼氏と交際し始めてから、消費者金融で借金もしているようだし、とにかく会って顔を見ない事には心配でたまらない……

平成25年9月30日、この女性は警察に娘の捜索願を出した。

変わり果てた娘

宮崎北署は母親からの捜索願を受け、連絡が取れなくなっている女性と同居している女友達と、交際相手の行方を追った。
平成23年10月1日、宮崎市内でその女友達と交際相手を発見。
同居していたとされる女友達名義のマンションを捜索すると複数の血痕が検出された。
それを受けて女友達を追及したところ、翌2日になって、
「彼女の遺体を切断して知人の家に置いている」
という驚愕の事実が判明。
別の女友達が暮らすマンションの一室を捜索したところ、部屋の中のクローゼットの衣装ケースの中から、圧縮袋に詰め込まれた「体の一部」が発見されたのだ。

県警は死体遺棄の容疑で宮崎市在住の無職・金丸真菜実(当時23歳)と、行方不明の女性の交際相手だった元飲食店従業員で無職の東竜二(当時28歳)を逮捕、後に遺体が置かれていた部屋に住んでいた無職の阿部麻里絵(仮名/当時22歳)も逮捕した。
遺体はこの時点で身元の断定はできなかったが、3人の話から連絡が取れなくなっているあの女性で間違いないとみられた。

女性は、宮崎市の澤木友美さん(当時27歳)。
その後の司法解剖などで本人であると断定された。警察は友美さんが殺害された可能性が高いとみて捜査を続けたが、3人とも遺棄容疑は認めていたものの、殺害については否認していたという。
「気づいたら冷たくなっていた」
これが、3人の主張だった。
友美さんの死因は、切断され腐敗が激しかったものの、複数の内出血の痕跡があり、当初外傷性ショック死とみられていた。

友美さんの死に、この3人は関与しているのか。そもそも、友美さんとこの3人はどういった関係なのか。
捜査が進むにつれ、そのおぞましい「四角関係」と「共同生活」があらわとなっていった。

【有料部分目次】
体脂肪率6パーセントの男
東ルール
3号と別格の4号
監禁と暴力
操る男
畑の出来事と、カレールゥ
女たち
量刑の差
往生際が悪いのか、頭がおかしいのか
恥知らず
怒れる裁判員
行為責任の枠

パラフィリア~関市・高齢夫婦殺害事件~

「包丁で脅されて怖い思いをした。祖父母ともう話せないと思うと悲しいです。(被告人には)二度と私の前に現れないでほしいし、できるだけ長く刑務所にいてもらいたい。」

平成28年11月29日、岐阜地方裁判所。
この日、ある殺人事件の初公判が開かれた。事件は2年前の11月11日に起き、その後、犯行の残虐さ、逮捕された男の言動に不審な点があることなどから精神鑑定が行われるなど、初公判までには時間を要した。

結果を受けて検察は責任能力を問えると判断、この日ようやく初公判を迎えた。

検察は冒頭陳述のあと被害者の家族の調書を読み上げ、犯行の悪質さや被害者遺族の処罰感情が厳しいことなどにも触れた。

男は若干二十歳。
男の罪は、面識のない高齢夫婦をいきなり襲い、ふたりとも刃物で殺害するという残虐極まりないものだった。しかも、その動機は自己の欲求を満たしたいがために邪魔な存在を殺したという、被害者に一点の落ち度もないものだった。

しかも、その現場にはもうひとりいた。
この被害者夫婦の中学生の孫である。犯行はその孫娘の在宅中に行われた。

殺害は、単に通過点、目的を果たすための障害物除去だった。
男の本当の目的は、この孫娘との”太ももプレイ”だったのだ。 続きを読む パラフィリア~関市・高齢夫婦殺害事件~