忘れないで~生きた証②~

この記事を転載あるいは参考にしたりリライトして利用された場合の利用料金は無料配信記事一律50,000円、有料配信記事は100,000円~です。あとから削除されても利用料金は発生いたします。
但し、条件によって無料でご利用いただけますのでこちらを参考になさるか、jikencase1112@gmail.comまで連絡ください
**********

 

川田 康代ちゃん(埼玉県比企郡:昭和60年12月3日死亡/当時3歳)

埼玉県比企郡鳩山町内の小学校では、ある問題に直面していた。
昭和63年4月に同小学校に入学したことになっている郡内の女児が、1年経っても登校してこないどころか、自宅を訪問しても家族から「病気なので会えない、治ったら登校させる」といわれるばかりでその姿を確認できていなかったのだ。

何かがおかしいと感じた鳩山町教育委員会は、西入間署に学校教育法違反で女児の母親を告発していた。

告発を受け、家族から事情を聴いていたところ、女児の祖母が「自転車の荷台に乗せていたら落ちてしまった。その後死んだので埋めた」と供述。
警察が庭を調べたところ、子どもの白骨遺体が出た。家族の話や遺体の状況から、白骨遺体は行方が確認できていない女児であると判明した。

白骨遺体で発見されたのは、川田康代ちゃん。
康代ちゃんは双子で、妹にあたる。離婚か死別で実家に戻った母親と、別の姉、そして祖母との暮らしだった。
康代ちゃんを死なせたとして逮捕されたのは、康代ちゃんの母方の祖母、川田喜枝(仮名/当時65歳)。康代ちゃんの母親は、この喜枝の三女にあたる。
当初は事故であるかのような供述をしていた喜枝だったが、実際には布団の上で粗相をした康代ちゃんを叱ったところ、言うことを聞かなかったことでカッとなり頭を殴り、さらには体を蹴飛ばしたという。
その後ぐったりしていたが翌朝まで寝かせておいたところ、朝にはすでに死亡していた。

康代ちゃんの母親にバレるとまずいと思った喜枝は、家族の目を盗んで康代ちゃんの遺体を物置へ隠した。そして、普段からいたずらがひどかったことを持ち出し、「康代はいたずらが過ぎるので県内の専門の施設へ預けた」と言い繕った。
有り得ない話ではあるが、なぜか母親はそれを信じたという。

そして昭和61年の夏ごろに、これ以上物置に置いておくのは無理だとして庭に埋め直していた。

祖母のやったことを母親は知らなかったのか。
いや、母親も、真実を知っていたかどうかは別として、康代ちゃんがすでに死亡しているのではないかということは勘づいていた。
というのも、昭和63年度の入学児童の就学前健康診断に、康代ちゃんが参加したことになっていたのだ。
どういうことかというと、康代ちゃんだとして健康診断を受けたのは、双子の姉だったのだ。

実は姉はこの時点で他の市の施設に預けられており、姉には鳩山町からの就学案内は来ていなかった。そこで、双子の姉を康代ちゃんと偽って鳩山町の就学前健康診断に行かせていたのだ。
誰が?双子の姉を施設から連れ出し、健診を受けさせていたのは母親だった。

警察は以前から喜枝以外の人間も康代ちゃんをせっかんして怪我をさせていた事実を掴んでいた。
死体遺棄は時効が成立していたが、警察では傷害致死にあたる可能性があるとして捜査を進めたが、その後の報道はない。

康代ちゃんの死という事実だけが、残っている。 続きを読む 忘れないで~生きた証②~

忘れないで~生きた証①~

この記事を転載あるいは参考にしたりリライトして利用された場合の利用料金は無料配信記事一律50,000円、有料配信記事は100,000円~です。あとから削除されても利用料金は発生いたします。
但し、条件によって無料でご利用いただけますのでこちらを参考になさるか、jikencase1112@gmail.comまで連絡ください
**********

 

令和になってもなくなることがない、親による虐待事件。
民法第822条に定められていた親の懲戒権というものが正当な範囲の躾に基づくものなのか、そうでないのかの判断が難しく、令和になってようやく削除となった。

昭和生まれの私が育った家庭では、幼いころは押し入れに入れられたり、廊下で正座させられたり玄関先で立って反省しろと言われたり、よほど悪いことをした時にげんこつをかまされたりすることはあっても、日常的に殴られたりということはなかった。
しかし友達の家では、「やいと」(お灸のこと)をお仕置きがわりにされたり、殴られて歯が折れたとか、そういう話は珍しいことでもなかった。

もちろん、お仕置きされた子どものやらかしは「どんだけ悪いことをしたんだ」と皆が思うようなものだったし、やられた子どもも、親の懲戒という認識があった。親だから、愛されているからこそのものだと、子どもも分かっていた。だから反省したし、誰も命の危険にさらされるような目には遭ってない。

これまで一体どれだけの子どもが、親に殺されただろうか。
理由は様々で、死んでもいいと思ってのものもあれば、あくまで躾のつもりだったというものもある。
中には信じられないが、虐待行為そのものを面白がって、というものや、夫や妻の歓心を買いたい、見捨てられたくない、自分を守るためといったものもある。

事件備忘録でも多くの虐待事件を取り上げてきた。
かねてから過去に報道されている虐待によって亡くなった子供たち一人一人の事件を短くてもいいから、その事実を書き留めていきたいと思っていて、今回からそれを始めてみようと思う。

その内容として単独記事にするものもあるが、古いものは虐待の捉え方が今と違っていたことから情報自体が少ないため時系列と結果のみ、というものも出てくるが、出来る限り取り上げていきたい。 続きを読む 忘れないで~生きた証①~

片隅の記録〜三面記事を追ってpart2〜

この記事を転載あるいは参考にしたりリライトして利用された場合の利用料金は無料配信記事一律50,000円、有料配信記事は100,000円~です。あとから削除されても利用料金は発生いたします。
但し、条件によって無料でご利用いただけますのでこちらを参考になさるか、jikencase1112@gmail.comまで連絡ください
**********

 

千葉の転落死

「あんたはヒモのくせに。私には強い味方がいるんだ。この部屋の家賃は私が払っている。早く出ていけ!」

女は出勤前の慌ただしさも手伝って苛立っていた。
もう本当に限界。何でこんなジジイと結婚してしまったんだろう。日本人は働き者のはずだったのに。
仕事もしないでゴロゴロして、私の稼ぎにぶら下がっているジジイなんかいらない…
ていうかさっきから何をゴソゴソしているんだろう。何もかもがあーもう。腹が立つ!

「早く出てってよ!」

振り向いたその時、体に衝撃があった。

「?」

ふと見れば、体の胸あたりから、血がとめどなく溢れていた。 続きを読む 片隅の記録〜三面記事を追ってpart2〜

片隅の記録~三面記事を追って~

この記事を転載あるいは参考にしたりリライトして利用された場合の利用料金は無料配信記事一律50,000円、有料配信記事は100,000円~です。あとから削除されても利用料金は発生いたします。
但し、条件によって無料でご利用いただけますのでこちらを参考になさるか、jikencase1112@gmail.comまで連絡ください
**********

 

家庭内での不幸な事故、悲しい交通事故など、新聞の片隅にその事実だけが掲載されるだけの出来事。

事件として発生当時は大々的に報じられるも、すぐに忘れ去られてしまうような続報のない事件。

そして当事者が全員死亡して真相がわからないままの事件。

けれどそこにも、いろんな人生があってドラマがある。

報じられたことから推測されていたことが、実は違っていたり。裁判を傍聴しているとよくある。なぜ事件が起きたのか、その本当の部分は時に、報道することが躊躇われたり、あるいは記者本人の主観がそうさせたり。

報道から読み取ったことが実は違っていた事件、ひとつの事故で被害者と加害者が家族の中に生まれた場合に起こること、そして、真実が分からない無理心中の記録。 続きを読む 片隅の記録~三面記事を追って~

🔓理由なき最期と、「再会の日々」〜宮城・女性殺害事件〜

この記事を転載あるいは参考にしたりリライトして利用された場合の利用料金は無料配信記事一律50,000円、有料配信記事は100,000円~です。あとから削除されても利用料金は発生いたします。
但し、条件によって無料でご利用いただけますのでこちらを参考になさるか、jikencase1112@gmail.comまで連絡ください
**********

 

平成18年1月31日。
宮城県名取市の県立がんセンターにおいて、一人の父親がこの世を去った。
まだ50歳。愛する妻や娘たちの今後を本当ならば見守ってあげられる年齢だった。

そして彼には、平成13年からこれまで、犯罪被害者遺族の権利拡大を求めての活動という、大変な仕事があった。

曵地正美さん。彼の当時二十歳の愛娘は、同じ歳くらいの若者複数名に激しい暴力を加えられ、苦しみ抜いた挙句死亡し、その亡骸は冬の雪深い山に棄てられ、燃やされた。

犯人たちを殺してやりたいほど憎んだ父と母は、それでもその加害者たちとの「再会」を望んだ。
それは、固く閉ざされ絶対に開けられるはずがないと誰もが思っていた、犯罪被害者や遺族にとって大切な大切な、ある権利を得るための闘いの日々でもあった。

いなくなった娘

事件は平成12年の年の瀬に起きた。
宮城県柴田郡柴田町。人口約3万7千人、船岡城址、一目千本桜などが有名で、その季節には様々なイベントが催されることでも知られる。
阿武隈川の北、JR東北本線と岩沼バイパスに挟まれるように位置するところに、四日市場という地区がある。
畑が広がる長閑な地域。ここで暮らし成人式を間近に控えた若い女性の行方がわからなくなっていたのだ。

行方がわからなくなったのは、柴田町四日市場在住のアルバイト、曵地里美さん(当時20歳)。

平成12年12月19日の朝、曵地さん宅では里美さんの両親、祖父母、二人の妹たちが揃って朝食を食べていた。当時里美さんはアルバイトで帰りが遅くなることも多く、翌日予定がない場合は昼頃まで寝ていることもあったといい、朝食の席に里美さんがいないことは珍しくなかった。
この朝も、昨夜里美さんが帰宅したことを確認していた家族は、いつものことだと気に留めていなかった。
ただ、朝方玄関の鍵が空いていたことに母親の豊子さんが気づいていて、違和感を覚えてはいた。
また、祖父が朝方目を覚まして4時頃にラジオを聴いていた時、玄関先で里美さんの声が聞こえていたという。

18時、豊子さんが里美さんの携帯に電話を入れたところ、何やら里美さんの様子がいつもと違っていた。

「西公園(仙台市青葉区)の先輩のところにいる。」

話は里美さんが一方的に話す感じだったようだが、里美さんはその日の早朝、先輩に呼び出され合流し、別れた直後にいわゆる「レディース」に絡まれたと話した。
殴られ、金を取られるなどしたものの、別れた先輩が戻ってきたことで助けてもらい、今はその先輩の家でケガの手当てをしてもらっているのだという。

突然のことで、また娘が怪我をさせられたり金を取られたなどという事態で母親の豊子さんも動転したのか、話をうまく聞き出せないまま電話は切れた。
20時、再び里美さんから豊子さんに連絡があった。が、内容としては夕方に話したものとたいして変わらず、バイト先には休むことを伝えているとか、一人で電車で帰れるとか、そういったことを里美さんは伝えてきた。
とにかく、詳しい話は帰宅してからでもよかろう、そういう判断もあって、駅に着いたら迎えに行くから電話するように伝え、電話は終わった。

しかしこれが最後となってしまった。
以降、どれだけ家族が電話をかけても、それに里美さんが応じることはなかった。

里美さんは、この電話のわずか5日後、死亡する。

【有料部分 目次】
家族の苦悩
プリクラの先輩
不穏な動き
額の黒いシミ
若者たち
約束破ったっぺ
地獄の日々
もう、死にたいです
遺体にサングラス、遺棄現場の替え歌
民事を見据えた、刑事裁判
当事者であり続けるために
届いた手紙
本人訴訟
殺意の有無
加害者の親としての自覚
それぞれとの、対峙
帰ってくるわけでもないし……
戦いを終えて、そしてこれからも