花嫁は嬰児遺体を連れて〜横浜・YCATゴミ箱嬰児遺体遺棄事件〜

昭和562月、横浜の伊勢山皇大神宮の結婚式場では若々しいカップルの結婚披露宴が執り行われていた。
花嫁は色打掛から爽やかなブルーの振袖へとお色直しをし、恰幅の良い新郎も紋付袴がよく似合っている。
招待客は80名ほど。新郎新婦の父親が勤務するのはいずれも東京電力、新郎自身も川崎の電動機器メーカーの営業、新婦も大手銀行に勤務していたことで、招待された人々も皆、社会的立場のしっかりした人々だった。

専修大学を卒業した花嫁は、長身で目元の涼し気な、今で言うと女優の木村多江似の美人。二人は披露宴の後横浜のホテルに宿泊し、アメリカへ新婚旅行へ行く予定だという。

式場スタッフもそんな晴れやかなカップルを目を細めて見守っていたが、気になることがあった。

着付けを手伝う女性スタッフの間で、妙な噂が流れていたのだ。
1月に行われた結納の着付の際、確かに花嫁様は妊娠してらっしゃいました。お腹の膨らみがわかるほどになっていましたから。ところが、2月の披露宴の時はそのお腹がぺっちゃんこになっていた。なのに、二人の間に赤ちゃんが生まれたという話もない。事情を知るスタッフの間では、どういうこと??と噂になっていました。」

新郎新婦に変わった様子もなく、披露宴で花嫁はとにかく明るかったという。

しかしその2ヶ月後、式場のスタッフは警察の聞き込みを受けることになる。 続きを読む 花嫁は嬰児遺体を連れて〜横浜・YCATゴミ箱嬰児遺体遺棄事件〜

🔓わがままシンデレラ~大垂水峠・美人ピアノ教師殺害死体遺棄事件~

「あの先生、確かにものすごい美人でした。けど、子供たちにも優しいしとにかく熱心でしたから……。32歳?いやいや、24,5歳にしか見えませんでしたけどねぇ」

事件後、被害者を知る人々から語られたのは、とにかく美しい人だったということだった。それだけではなく、甘く、舌ったらずな話し方は独特で、その声に魅力を感じる人々もいた。

当時(昭和62年)、愛好家が多く存在したアマチュア無線。
資格を持った人々が、無線を通じで見ず知らずの人とつながることができる、そういう楽しみ方をする人々がいた。
この事件の被害者も、アマチュア無線の愛好家だった。
深夜、電波に乗って聞こえてくる甘い彼女の声に、何人もの男たちが虜になったという。

そしていつしか彼女を頂点とする構図がその愛好家の中に出来上がっていく。
それはまるで、女王と家来、そんな風に見えた。

大垂水峠の遺体

昭和62年12月28日午前7時40分、八王子の甲州街道沿いの大垂水峠の沢で、毛布にくるまれた遺体が発見された。
ピンク色の毛布にくるまれた遺体は、白いパジャマ姿。セミロングの髪に、ゴールドで統一されたアクセサリーを身に着けていた。そのアクセサリーが輝く両腕は、細いビニールひもで縛られていたという。
季節柄、さほど腐敗は進んでいなかったが、死後3~4日とみられた。

被害者は女性、その左足には大きな特徴があった。つま先の部分がなかったのだ。
といってもかなり昔に手術によって切断されたような状態だったため、幼いころに事故か病気でつま先部分を失ったとみられた。

警察は大きな特徴であるとして身元を調べるためにその特徴を公開。すると、28日になって「大垂水峠の遺体は姉ではないか」という連絡が入った。
12月23日から行方が分からなくなっていたのは、遺体遺棄現場からは遠く離れた名古屋市在住のピアノ教師の女性だった。
通報者は実弟で、23日の夕方に姉が弟宅で近所の子供らにピアノを教えた後、行方が分からなくなっているというのだ。愛車のフェアレディZも、なくなっていた。

その後、弟によって遺体は姉であると確認された。

【有料部分目次】

ファンクラブ
12歳年下の「ツバメ」
純金のお嬢様
取り戻したかった青春
公衆電話にかじりつく男
女王様の誤算
20年後の暴露話

みじめな夫がやり過ぎた妻につけたおとしまえ・昭和版~日光市・不倫妻殺害事件~

東京高裁にて

この日、ある殺人事件の控訴審判決が言い渡された。
控訴したのは検察側で、量刑不当が主訴だった。原審での判決は、殺人事件であるにもかかわらず、懲役3年しかも執行猶予がついたのだ。
検察は、こんなことでは世間一般の道義的観念を満足させられない、どれほど被告人の主観的心情に同情したとしても殺人という重罪を犯した者に対する刑罰が軽すぎるのでは治安を維持できないと主張。激おこだった。

しかもこの事件は、子供の面前で父親が無抵抗の母親を斧で頭部を滅多打ちにするという残虐非道なものだった。

それを踏まえての東京高裁の判断は、「控訴棄却」。
原審を支持する、というものだった。

裁判でも「みじめ」といわれた夫がつけた、やり過ぎた妻へのおとしまえ。

昭和39年、夏

男は子供たちを家の中に追いやると、玄関先で妻の帰りを待った。
家の中に入ってしまったら、子供たちにケンカしているところを見せてしまう。
一体、妻は何を考えているんだろう。何度言っても分かってくれない。
そんなことを考えていると、その妻が何食わぬ顔で帰宅した。男は妻を捕まえると、「どこへ行ってきたんだ」と聞いた。いたって、冷静に聞いたつもりだった。
「どこ行ったっていいじゃないか!」
対する妻の返答は、自分の立場や状況を分かっての態度とは思えぬほど、辛辣で捨て鉢な、開き直った態度だった。

そのまま男を無視して、子供たちのそばに座り込んだ妻との間で、口げんかが始まった。子供たちは不安そうな顔で押し黙っている。
「どこへ行ってたって、いいじゃないか。」
再び、妻は男に対して言い捨てた。

男の堪忍袋の緒が切れる音がした。

男は咄嗟に手近にあったものを掴むと、妻の頭部めがけて振り下ろした。意図してそれを選んだわけではなかった。しかし、振り下ろしたそれは、手斧だった。
1度殴ってしまった男は、もうどうにもそれを止められず、なんども妻の頭めがけて振り下ろす。
妻の顔はみるみる血に染まり、そして絶命した。

夫婦のそれまで

この事件で逮捕起訴されたのは、日光市在住の武田彰伸(仮名/年齢不詳、おそらく40歳前後)。殺害されたのは妻のキミイさん(当時36歳)。
彰伸は小学校卒業後、農家の子守や徴用工を経て招集され、現役の兵隊として軍隊に所属していたところ、終戦となって帰郷した。
農業を営んでいた昭和22年、キミイさんと見合いで結婚、二男一女にも恵まれた。
元々、言語障害があった彰伸だったが、温厚でまじめな性格、酒もたばこもやらないという実直な男だった。
昭和36年、日光市内の建設会社で働き始めた彰伸は、その真面目な人柄が評価され、同建設会社会長からも非常に信頼されていたという。
妻のキミイさんも、末っ子が5歳になったころから同じく日光市内のコンクリート会社で働くようになった。
口数の少ないおとなしい夫に対し、キミイさんは明るく勝気な性格だった。それが、バランスの取れた良い夫婦に見えていたし、実際年の離れた子供が出来たことからも、夫婦仲もよかった。
戦後の、決して裕福とは言えない生活だったが、夫婦で力を合わせて家庭を築き、周囲からも何の問題もないと思われていた。

が、昭和394月。突如家庭に暗雲が立ち込める。
キミイさんが働いていたのはコンクリート会社で、圧倒的に男性が多い職場だった。そこでキミイさんは、14歳年下の原田という男と不倫関係になってしまったのだ。
キミイさんの不倫はすぐに彰伸の知るところとなり、驚いた彰伸がキミイさんにそんなことはすぐにやめるよう言ったところ、キミイさんも謝罪し、もう原田とはそんな関係にはならないと約束した。

安堵した彰伸だったが、お察しの通りキミイさんと原田の関係はすぐに再燃した。

開き直る妻

一度バレたことでなのかなんなのか、キミイさんは次第に大胆になっていった。
彰伸に対しては、残業になったとか、休日出勤になったとか、様々な理由をつけて騙していたようだが、会社内での不倫はすでに周囲の噂になっていた。
それでもおかまいなしに、キミイさんは原田との逢瀬を楽しんでいたという。
そして彰伸も、キミイさんがいまだに不倫をしているという事実を知り、愕然とするとともに、14歳も年下の男にうつつを抜かしているということはことのほか世間体も悪く、なんとかキミイさんの不倫をやめさせなければと気をもんでいた。

叱ってもだめなら、諭すように話してみたこともあったが、元来口下手な男である。勝ち気で口達者なキミイさんに太刀打ちできるはずがなかった。
キミイさんは彰伸がその話を持ち出すたびに、「ならば離婚したっていいんだ!」と強気な態度に出る始末で、途方に暮れる彰伸の面前で原田から預かった汚れ物を甲斐甲斐しく洗濯してみせるなど、完全に彰伸を馬鹿にした態度に出ていた。

この頃彰伸は、そんなキミイさんに対して注意する回数を3回に1回くらいにしていたという。口うるさく言っても逆効果と思っていたのだろうか、しかしそれでもキミイさんの態度が改まることはなかった。

それどころか、14歳になっていた長女に対し、「今日は彼氏とデートだよ」などと臆面もなく話すなど、子供たちに対してもあからさまな態度を見せていた。

6月、あまりになめた態度に業を煮やした彰伸は、薪でキミイさんの頭を叩いたことがあったが、結局彰伸が謝罪するという羽目になってしまい、まったく意味をなさなかった。

そんなキミイさんの態度を知ってか、相手方の原田も相当な開き直りようだった。
会社で噂となり、同僚らから窘められても意に介さず、むしろ彰伸にバレているとわかってからはかえって積極的にキミイさんとの不倫を楽しんでいた。
それに呼応するように、キミイさんもまた、原田との不倫にのめり込んでいった。

彰伸はなんとか物理的にキミイさんと原田を遠ざけようと、キミイさんに対しコンクリート工場をやめ、自分と同じ建設会社で働かないかと持ち掛けた。
しかしキミイさんは頑として聞き入れないばかりか、「あそこで働くんならこんなところにいない」と口答えし、とりつくしまは全くなかった。
幼い子供らの世話もそっちのけで原田との情事に溺れるキミイさんに代わり、日々仕事と子供らの世話をしながら彰伸は、ある時会社の創業者でもある会長夫妻、専務に相談した。加えて、キミイさんの同僚女性らにも恥を忍んで夫婦の内情やキミイさんと原田のことを打ち明けた。
そこで、原田が実は過去に交際していた女性もキミイさん同様年上の女性で、しかもその女性を二度にわたって妊娠させていたことなどが判明。上司や同僚の女性らが原田に対して不倫をやめるよう注意されても原田は意に介さず、キミイさんもそれを知ってか、会長夫妻から直々に注意されてもそれを聞き入れることはなかった。

すでにキミイさんと原田の関係は、たとえそれがどんな立場の人であっても他人が注意してどうにかなるようなものではなくなっていた。

その日、キミイさんは日光市宝殿町の旅館で原田と会い、飲酒して帰宅していた。
そして先述の通り、彰伸との押し問答の末、子供らの面前で惨殺されてしまった。

納得しうる裁判

犯行の結果の重大性を考えれば、地裁の判決は意外といっていいものだった。
懲役3年、執行猶予5年というのはたしかにどれほど被害者に非があったとしても殺人であり、また過剰防衛や嘱託殺人、無理心中の類でもないわけでなんでこうなった、と検察がいうのもわかる。

控訴審判決では地裁の判断を支持した理由以外に、裁判とは、道義的観念を満足させるとはどういうことかをその判決文の中で示した。

たしかに、殺人という行為自体重大な犯罪であり、それに対して執行猶予を付けるなど世間一般の道義的観念を満足させられないという検察の主張はもっともだった。
ただ、一概に殺人と言っても諸外国のように謀殺と故殺、その殺人に等級をつけるなどしているものもあるが、日本の場合は殺人自体に重いも軽いもない。
が、そうである以上、その殺人を構成する動機や様態が千差万別であるのは当然であるため、裁判ではそれらをつぶさに吟味し、適正な、妥当な量刑を決めるのが望ましいとされている。

この事件では、彰伸の人柄や性格、それまでの社会生活、そして関係者(要因となったキミイさんと原田の不倫を知る人々)の証言が重視された。
関係者らは、当事者である原田を除く全員が異口同音にキミイさんを非難し、彰伸に対しては同情を隠さなかったという。
その中には、彰伸とキミイさんの実子(長女)のみならず、殺害されたキミイさんの両親まで含まれていた。
長女は調べに対し、
「わたくしは、お父さんとお母さんでどちらが悪いかわかりません。お母さんは死んでしまい、お父さんが警察に行っているのでわたくしたち子どもだけですから、早くお父さんを家に帰してください。お願いします。」
と話し、キミイさんの両親に至っては、
「娘の行状が悪かったことでもあり、今更死んだ娘が返ってくるわけのものでもないから、将来彰伸の家族が一緒に暮らしていけるよう切望する」
という供述を検察官に対して行っている。

これがいいとか悪いとかの話ではないのだが、裁判所は続けてこうも述べている。

本件自判の内情を知っている世間の人たち、幸いにも法網に触れずして済んだ当の相手方たる原田を含めて、被告人に今一度人の子の親としての更生と贖罪の機会を与えた原判決を聴いて、おそらくは、いずれも皆ほっと安堵の吐息を漏らしたことであろう。
事情を知る人々が真に納得しうる裁判にこそはじめてよく一般の道義的観念を満足させるものと言えるものであり、そしてまた、それは、一般予防と特別予防の調和を意図する刑政の目的にも合致するものと言わなければならない。

私も含め、判決によっては「こんなことでは抑止力にならない、被害者が浮かばれない、どんな理由があっても人を殺しておいて同情されるなんてありえない」と思うこともあるだろう。
たしかに、歴代の重大事件をみても、被害者に相当な落ち度があると思われるものはある。しかしだからと言って殊更に加害者に同情を寄せるべきではないのは、ひとえに亡くなった人はもうなにも言うことができないからに他ならない。殺されていい人などいるはずがないのは、その「殺されても仕方ない」という判断基準が人によって違うからである。そんなあてにならないもので判断されたらたまったものではない。

しかし一方で、この裁判が示したように、再犯の可能性がほぼないような状況や、関係者らが納得できるか否かは、一つの重要な判断基準でもあるのだろう。

ただやはり時代も大きく関係しているであろう印象は否めない。
今の時代だったら執行猶予などつくはずもないだろうし、弁護士に相談して離婚を考えるべきだったとかいろいろ言われてこんな判決は出せないだろうと思われる。
この時代は不倫、特に母親が家庭を顧みず情事に耽るなど……という時代だったろうし、そんな奔放な妻のあとを追うしかできないみじめな夫にはさぞかし同情が集まったのだろう。

このサイトでも取り上げた日立の妻子6人殺しの小松博文は死刑判決となった。人数からしても連れ子を含む子供5人を殺害した点でも再考の余地はなさそうだが、その動機としてはやりすぎた妻がいた。
もし、小松が妻だけを殺していれば、同情されたろうか。
大洗で娘二人を殺した父親も、開き直る妻の存在があった。この事件同様、年下の男にうつつをぬかす妻は、幼い娘に彼氏の存在を隠そうともしなかった。そして、妻の父親も孫を殺した夫に対して憎む気持ちはないと証言した。
この夫も、娘ではなく妻を、あきれ果てるほどフリーダムな妻を殺していれば、同情されたのだろうか。

そして、この事件の被害者、キミイさんは、言いたいことはなかったのだろうか。
自業自得と言われて、関係者は納得し安堵していると言われ、どう思ったろうか。

*************

参考文献
昭和40年6月30日/東京高等裁判所/第一刑事部/判決/昭和40年(う)304号

 

🔓弱すぎた男と、クソ女~水戸市・父子無理心中事件~       

大洗町の海が見える公園の駐車場。
「海が見たい、お魚も見たい」
ここは娘が来たいと言っていた場所。海も見える。けれど、今は目の前に広がるのは、真っ黒な空と海。

ふと、車の天井を叩く雨音が激しくなった。いけない、このままでは娘たちが起きてしまう。
ごめんな。
激しくなった雨に急かされるように、父は娘の首に手をかけた。

※この事件についての記事は、筆者のかなり強い主観の元書かれているため、タイトルからしても分かる通り非常に強い表現が含まれます。
不愉快な感想を持つ可能性があることを了解される場合のみ、購入へお進みください

🔓誰と越えたい、天城越え〜静岡・コープ茶畑殺人事件〜

「判決を聞きに行くつもりは、ありません」

静岡県内で女性は毎日新聞の取材に応じた。
女性は、不倫関係にあった男が犯した罪に強い責任を感じていた。
その上で、男に対してキッパリと決別の意思を示していた。

最初の事件を聞いた時、男は大袈裟に驚いて見せていた。
その日は仕事の都合でようやく会うことができた日で、女性は男と夕方まで一緒にいた。

しかしその時、女性が乗っていた男所有の乗用車のトランクには、この女性もよく知る人物の遺体が載せられていたのだった。

茶畑の白い塊

平成16年10月24日午前8時。
静岡市水見色地区の長閑な茶畑で、女性(当時64歳)は自身の畑で草取りをしていた。
静岡市の中心から北西に10キロ、この山間の美しい集落は茶畑が広がる合間に、住宅が点在する地域である。
茶畑は収穫や作業のシーズンがほぼ終わり、あとは冬越えの支度と草取りなどをする人々が時折やってくる程度で、この時期人の姿はあまりないという。

女性も、台風23号が近づいたことから、数日前に一度畑に来ていた。
そして3日後の今日、再び畑に来たところ、ふと、不自然な砂利の部分が目についた。こんなもの、前からあったろうか?見れば盛り上がっているような場所もある。
不審に思ってよく見てみると、掘り返されたような土の隙間から、白い脂の塊のような、石鹸のようなものがのぞいていたという。

とてもそれ以上触る気になれなかった女性は、近くの人を呼びに行き、その人らとともに白い塊の周辺を少し掘ってみた。異様な臭いが鼻をつく。
そこから出たのは、人間の手と思われるものと、かかとだった。

おそらく状況が飲み込めなかったのだろう、畑の持ち主の女性と近所の人らはその日の午後になって警察へ通報。
警察が現場を掘り返すと、成人男性と見られる屍蝋化した遺体が出てきた。着衣は身に付けていたが、靴は履いていなかったという。
遺体は身長約170センチ、痩せ型で茶色の半袖に紺色のズボンを着用、灰色の靴下も履いていた。
さらに、この遺体は損傷が激しかったものの、左胸と左腹部に刃物による明らかな刺し傷が認められた。

静岡県警捜査一課と静岡中央署は25日、捜査本部を設置、殺人と死体遺棄容疑で捜査を始めた。

靴を履いていなかったことから、男性は別の場所で殺害された後、この茶畑に遺棄されたとみられたが、この茶畑のある水見色地区はそもそも土地勘のない人が簡単に来るような場所ではないといい、住民らはまさか隣人の中に何か事情を知っている人がいるかもしれないと、不安な日々を過ごす羽目になった。

26日、浜松医大で司法解剖が行われた結果、死因は左胸を刺されたことによる肺部損傷による失血死で死後1ヶ月程度、と断定された。

捜査本部は聞き込みを続ける一方、家出人や行方不明者、捜索願が出ている人らに該当者はいないかの調べも進めていたところ、藤枝市在住の37歳の男性が9月16日から行方不明となっていて捜索願いが出されていることが判明。
10月27日、茶畑の遺体はこの男性であると断定した。

難航する捜査

殺害されていたのは藤枝市在住の団体職員、蒔田晃さん(当時37歳)。蒔田さんは9月16日いつも通り出勤し、その日の夕方職場を出た後行方不明となっていた。
通勤の車は焼津市内の勤務先の駐車場に置いたままとなっており、鍵もかかっていた。その車の鍵は、遺体とともに茶畑の土中から発見されている。

捜査本部では、蒔田さんの妻が捜索願を出した当初「夫は仕事上のことで悩んでいたようだ」と話していたことから、仕事上のトラブルを視野に勤務先などを聞き込みしたが、勤務先の上司らは「勤務態度も真面目で、他の職員やパートの労務管理を任されていた。トラブルなど聞いたことがない」と困惑していたという。

家族間にも一切トラブルはなかった。
蒔田さんは妻と二人の男の子、義母と藤枝市内の一戸建てで生活していたが、近所の人らは「子煩悩を絵に描いたような人」と口を揃え、義母や妻との関係もうまくいっており、家族が関係するトラブルはあり得ないと話していた。
夫の帰りを心待ちにしていた妻と幼い子供らは、遺体で発見されたという知らせに泣き崩れた。蒔田さんがいなくなった後、近所の人らに詳細は話していなかったというが、義母の落ち込んだ姿を気にしていた人らもいた。

警察でも、蒔田さんの所持品の中で現金がそのまま見つかっていたことなどから強盗などの可能性は低く、やはり蒔田さんには家族も知らないトラブルがあったのでは、という見方をしていた。
というのも、上司らが仕事上のトラブルなどあり得ないと話す一方で、蒔田さんの子供が所属する野球チームの父兄らには、蒔田さん自身が「会社辞めたい」と話していたからだ。
もちろんこれは冗談めかして言ったこと、と思われたが、それ以外にも蒔田さんが事件直前、「自分がいなくなっても部署は回るかなぁ」と話していたり、切迫した状況になっている、という話をしていたと言うものもあった。

ただ蒔田さんが自殺した、というのであれば辻褄も合うが、蒔田さんは明らかに他殺だった。
身の危険を感じるほどのトラブルがあったのだろうか?
警察は有力な手掛かり持つかめていなかった。
捜査関係者らは、
「蒔田さんは交友関係もさほど広くなく、ましてや女性関係などのトラブルも出てこない。周囲からも真面目で温厚という印象でしかみられていない生活ぶりと、殺人・死体遺棄という現実のギャップが大き過ぎて…」
と困惑したまま時間は過ぎていった。

バラバラにされた女

蒔田さん殺害の有力な情報が掴めないまま1年が過ぎた平成17年9月16日、静岡県由比町の由比川岸沿いの道路から5mほど下で、布に包まれた人間の手足が発見された。

管轄の蒲原署の調べでは、見つかったのは人間の右腕と両足で、いずれも鋭い刃物で切断されていた。
右腕は肘先から指先まで、両足は膝下から爪先までの部分だったというが、腐敗が激しくこの時点で性別は判明していなかったが、死後少なくとも2週間以上と見られていた。

浜松医大で遺体の状況を詳しく調べてみたものの、遺体は女性で血液型はO型、身長約155センチから165センチ、年齢は骨密度などから比較的若い15歳から30歳、足の大きさが21センチと、こんなの当てはまるのは一体何人いるんだよという、まったく絞り込めない情報しか得られなかった。
残る遺体の部位も、事件発覚から1週間過ぎても見つかっておらず、捜査員500名のほか、地元猟友会の協力を得て残りの部位の発見に全力を注いでいた。

そして、9月27日。
捜索願いが出されていたうち、9月18日に捜索願いの出ていた主婦の血液型と一致、その後提供された指紋と遺体の指紋が一致したことから、遺体は焼津市在住の主婦、滝しのぶさん(当時36歳)と判明。
警察がしのぶさんの夫に事情を聞いたところ、この夫がしのぶさんの遺体を捨てたと供述したことから、死体遺棄の疑いで逮捕した。

逮捕されたのはしのぶさんの夫で団体職員の滝修(当時36歳)。
調べによれば修は9月18日にしのぶさんの捜索願いを出していたという。
しかし、実際にはしのぶさんを殺害しバラバラにして捨てていたのである。

修は取調べに対して殺害も大筋で認めており、捜査本部では遺体の残りの部位の発見に全力を挙げた。
そして、修の供述により由比町の現場から2キロ北の富士川町南松野の山中で頭部を、島田市神尾の雑木林で胴体と左腕を、焼津漁港の海中から遺体切断に使用したとみられる電動ノコギリとともに、しのぶさんの携帯電話も発見された。

しのぶさんの遺体が包まれていた新聞紙の日付から、8月16日以降に殺害されたとみられたが、9月2日にしのぶさんが自宅ベランダにいるのを見た人がいたこと、そしてその後の修の供述から、しのぶさんは9月9日に殺害されたことがわかった。
修はしのぶさん殺害後、自宅の浴室で電動ノコギリを用いてしのぶさんを解体し、それぞれの場所に捨てたのだ。

動機は、しのぶさんに自身の不倫が発覚し、離婚を迫られたことで絶望したと話していたが、実際にはこの動機は非常に不可解なものだった。

というのも、この不倫相手の女性は修にとって、悪くいう奴は殺してでも守りたいというほどの、異常なほどの愛情を示していた相手だったからだ。

【有料部分 目次】

囁かれる「茶畑の遺体」
コープしずおか
一転、自白
やつあたり
他人より、自分
絶対、嘘。
死刑判決
みっともない執着する男