禁断の死出の旅路~福島・男女服毒心中事件~

昭和62年10月29日朝 路上にて

「あんた!こんなとこに停めて邪魔やろ、あんた運転できんのか?」

愛知県西春日井郡西春町のニット製品会社の車庫前に、一台の赤い軽四自動車が停まっていた。
同社の社員が気付き、見慣れない車であること、車庫の前で邪魔なことから、運転席の女性に声をかけた。
すると、その若い女性は血色の悪い顔でこうつぶやいたという。
「ここまで来たけど、もう動けなくなっちゃった。」
わけのわからないことを言われた社員はイラつきながら、ふと車内を覗くと助手席に中年男性がいるのに気が付いた。そこで冒頭のように、その中年男性に声をかけたのだ。

男性はリクライニングを倒し、眠っているように見えたが、社員はその男性の胸の上で組まれた手を見てハッとした。
男性の手はぶるぶると小刻みに震えていたのだ。さらに、眠っていたと思った男性の目は、白目を剥いていた。
ただごとではない、そう感じた瞬間、今度は運転席の女性が口から白い泡が涎のように垂れてきた。慌てて119番通報したものの、搬送先の病院でこの男女は死亡が確認された。

続きを読む 禁断の死出の旅路~福島・男女服毒心中事件~

怨焔~大胡町・不倫仲裁逆恨み隣人焼殺事件

平成8年5月2日

群馬県勢多郡大胡町。
とある民家のガレージから火の手が上がった。
隣人らの通報で消防と警察が駆け付けたが、ガレージでその家に暮らす女性と思われる焼死体が発見された。

その数時間後、赤城山の大沼近くの旅館から、沼に車が突っ込んだ、という通報も入った。
しかも、「人を殺したと言っている」とのこと。
赤城大沼に突っ込んだ車は白の乗用車で、大胡町の現場から急発進して逃走した車も、白の乗用車だった。

捜査の結果、一命をとりとめた白い乗用車の運転手の男が、元交際相手だった大胡町の女性にガソリンをかけて焼き殺したと判明。
男の回復を待って、5年後の平成13年月に逮捕となった。

この事件、地元の人らの間では忌まわしいある過去の事件を思い起こさずにはいられなかった。

昭和の終わり、この事件と同じような事件がこの大胡町で起きていたのだ。

続きを読む 怨焔~大胡町・不倫仲裁逆恨み隣人焼殺事件

🔓女たち~3つの殺された女の話~

まえがき

女はいくつもの顔を持つ。貞淑な妻として、強くひとり生きる女として、子を思う母として。

しかしそれら表の顔とは違う顔を見せるとき、運命の歯車は軋み始める。

メールもLINEも携帯電話すらない昭和の時代、物が溢れ多くの人は意識せずとも中流と呼ばれたあの頃、必死で生き抜こうとする女、誰にも言えない暗い過去を背負った女、なんの不満もないはずの恵まれた生活にため息をつく女がいた。

昭和に生きた、3人の女の話をしたいと思う。

【有料部分 目次】
翻弄された女
上野の事件
それぞれのそれまで
女の意地
「あの女には負けたくない」
くれない族の結末
調布の主婦
違い過ぎる二人
男の過去
鬼か、それとも
身元不明の遺体
ゆきずりの女
女の罪
もがき疲れて

熟年ラプソディ~江東区・不倫男性殺害事件~

江東区大島

「もういい加減にしてよ!」

真夜中のビルの駐車場に、女の声が響いた。その女を追うように、もう一つの人影がふらふらと近寄っていく。
酒臭い息が迫る。あぁもう嫌だ、なんでこんな目に遭わなければならないの。

女は身に着けていたスカーフを手に取ると、そのまま男の首に巻き付け、そのまま力いっぱい締め上げた。

もう、終わりでいい。

事件概要

平成849日午前6時ごろ、江東区大島のマンション駐車場で、初老の男性が倒れているのを通行人が発見、119番通報した。
男性はすでに死亡しており、警察では事故、病死、そして殺人も視野に入れて捜査を始めた。

死亡していたのは、近くの米穀店経営・宇喜田泰利さん(仮名/当時66歳)。その日は知人女性と馴染みの居酒屋へ出かけており、その後帰宅していなかった。

警察ではその知人女性が何か事情を知っているとみて捜査をしていたところ、同日午後6時ころ、その女性が夫に連れられて城東署に出頭してきた。
そこで、宇喜田さん殺害を自供したため、殺人容疑で逮捕となった。

逮捕されたのは千葉県浦安市在住の主婦・稲川花代(仮名/当時59歳)。花代は夫のいる身でありながら、宇喜田さんとは10年以上の不倫関係にあったという。
この夜、花代は宇喜田さんに別れ話を持ち掛けたところ、宇喜田さんがそれに応じないばかりか、すべてを夫にばらしてやるなどと脅したうえで、肉体関係を強要してきたことから激高、咄嗟に手に持っていたスカーフで宇喜田さんの首を絞めた、とのことだった。

しかしその後の裁判では一転、宇喜田さんは突然死したのであり、花代は殺人を犯していないと主張し始めた。

熟年不倫の結末とは。

関係

宇喜田さんは昭和4年生まれで、江東区で米穀店を営んでいた。仕事柄、町内会の役員なども引き受け、地域の顔役のような立場で長年生活してきた。

昭和52年、その町内会の事務員として採用になったのが花代だった。花代は当時40歳くらいで、夫も子供もいる身であったが、昭和54年か55年ころ、宇喜田さんに誘われ仕事終わりに飲みに行くなどし始め、それ以降宇喜田さんと親密な関係へと発展する。

宇喜田さんにも当然妻がいたが、どうやら宇喜田さんはいろいろと女性と関係を持っていたようで、花代以外にも親しい女性がいる気配があったという。
昭和62年に宇喜田さんが町内会の会長になって以降も花代との不倫関係は続いていたが、平成3年ころ、宇喜田さんがどうやらほかに特定の不倫相手がいる、と花代は勘づいた。
宇喜田さんはそれを否定はしたものの、きっぱりとした態度ではなかったことから、花代の嫉妬心はその後もずっとくすぶり続けていたようだ。

ところで花代は、自身にも家庭があるにもかかわらず、宇喜田さんに対して相当な入れ込みようだった。
宇喜田さんから少しでも冷たくされると、酔った勢いで自宅に電話をかけ、妻に対して暴言を吐くにとどまらず、自宅へ押しかけて暴れるといったこともあった。
ある時は、玄関先にあった米袋(!)を担ぎ上げ、それを妻に投げつけるという暴挙にも出た。

当然、自分以外の不倫相手の女性に対しても、嫌がらせの電話をかけたりして自分の存在を誇示し続けていたという。

あまりにも身の程をわきまえないふるまいに、宇喜田さんの妻やもう一人の不倫相手の女性は花代の自宅に電話をし、花代の夫に苦情を申し入れる事態となった。
この時点で夫は花代の不倫を知らなかったようで、苦情の電話から花代の浮気を疑うようになる。

夫に問い詰められた花代は、「宇喜田さんに無理やり関係を迫られ、一度だけ応じた」というような話をしたという。もちろんこれは嘘である。

その事実を知った夫を交え、平成7年の春、花代夫婦と宇喜田さんで話し合いがもたれた。
ただこの時、話し合いは有耶無耶な状態で終わってしまったという。

夫の知るところとなった花代と宇喜田さんの不倫だったが、関係は終わらなかった。

そして、さらに町内会を巻き込むある事件を起こしてしまう。

ライトに照らされた下半身

夫を交えた話し合いからわずか一か月後の4月のある早朝、町内会にある公民館に警察が駆け付けた。
不審者が公民館に入り込んでいる、そういった通報が近隣住民から寄せられたためだったが、そこで警察官らが見たのはとんでもない「モノ」だった。

公民館の中には、男女の姿があった。それは、宇喜田さんと花代だった。
さらに警察官が踏み込んだ時、宇喜田さんは下半身を露出していたのだ。

公民館にはパトカーが来ており、なにごとかと出てきた近隣住民らの姿もあり、その中で宇喜田さんと花代は警察官に連れられ公民館から出てきたわけだ。
すでに町内会では二人の関係は噂になっていた。その噂は、この事件を機に噂ではなくなったどころか、多くの町内会の人がその事実を知るところとなってしまった。

町内会は頭を抱えたというが、とりあえず宇喜田さんと花代を町内会の職から外す、ということで決着をつけたようだった。

浦安で暮らしていた花代は、この事件以降東京へ行く口実がなくなってしまったこともあり、実質宇喜田さんとの交際は途絶えていた。
しかし、平成7年の年末、偶然宇喜田さんと再会したことから、ふたりの運命は最終段階へと突き進んでいく。

諦めきれない女

偶然再会した際、宇喜田さんは花代を飲みに誘っていた。
年が明けた平成815日、約束通り花代は宇喜田さんと会う。夫には、浅草に用事があると言って出掛けていた。

ただこの日、宇喜田さんからSEXの誘いがあったものの、花代はそれを断ったという。

花代には、よりを戻す前にどうしても宇喜田さんに確認しておきたいことがあったのだ。
それは、あの不倫相手の女性のことだった。

ここでは女性をAさん、とする。

花代は浅草で宇喜田さんと会って以降、何度かあった誘いを断り続けた。しかし、どうしても宇喜田さんを忘れることもできなかった。
3月、とうとう宇喜田さんの誘いに応じ、会うこととなった花代だったが、この時もSEXは拒否した。
理由は、飲んでいる最中に宇喜田さんが言ったこんな話が気にかかったからだ。

宇喜田さんは体調を悪くしており、入院していた期間があったというが、その時、Aさんが見舞いにも来なかった、そう宇喜田さんは花代にこぼしたというのだ。

これを聞いた花代は、宇喜田さんが自分を誘ったのは、Aさんとうまくいかなくなったからではないのか、と思ってしまう。実際そうだったのかもしれないが、花代の心には屈辱感と嫉妬心が綯交ぜになった複雑な感情があふれていた。

それなら金輪際会わなければいい、はずだったが、そうなるとA子さんと宇喜田さんがもっと親密になってしまうのではないか、それも花代にとっては耐え難いことだった。

その夜

結局、宇喜田さんを諦めきれなかった花代は、48日に宇喜田さんと会うことになる。夫には、友人と花見に行くと告げ家を出た。
夕方から居酒屋をはしごして飲み歩いた二人は、途中でとある馴染みの居酒屋の話になる。宇喜田さんはその居酒屋主催で毎年行われていた花見の話ををしたという。
その年、その居酒屋主催の花見は雨で中止になっていた。それを宇喜田さんがことのほか残念がっていたのを、花代は不愉快な思いで聞いていた。
というのも、その居酒屋は件のAさんも行きつけとしていて、さらには何年か前のその居酒屋主催の花見に、宇喜田さんがAさんを伴って参加していたことを思い出したのだ。

宇喜田さんが残念がっているのは、花見ができなかったというよりむしろ、Aさんと会う口実がなくなったからであり、ひいては今日こうして花代と会っているのも、Aさんの代わりなのではないか、そんな風に思えてならなかった。

花代は卑屈になり、酒の酔いも手伝ってAさんを持ち出しては宇喜田さんに絡み始める。
一方で、宇喜田さんはこの日も花代に肉体関係を迫った。ふたりは話が噛み合わないまま、それでも店を変えながら深夜まで飲み歩いた。まるで、先に帰ると言ったほうが「負け」であるかのように。

最後の店を後にしたのは、深夜2時を回ったころだった。
泥酔に近い状態の宇喜田さんは、いつになくしつこかった。ホテルへ行こうとの誘いに花代が乗らないと、
「お前の体のどこにほくろがあるのか、全部旦那にばらしてやろか」
などと、脅すようなことを言い始めた。
うんざりした花代が帰ろうとしたところ、立ちはだかった宇喜田さんがこう言い放った。

「おっぱいだけでも触らせろ!」

花代はぶちキレた。

裁判

裁判で花代と弁護人は、先に述べた通り「宇喜田さんは突然死である」と主張。
司法解剖によれば、宇喜田さんには目立った外傷がなかったものの、頚部に表皮剥奪、眼瞼結膜、表皮下に多数の溢血点、頚部リンパ節のうっ血が高度であるなど、頚部圧迫による窒息を示唆する所見は認められた。
一方で、解剖を担当した医師によると、確かに宇喜田さんには中程度から高度の動脈硬化、心筋梗塞巣が認められていた。そのため、検察が主張する頚部圧迫による窒息死とは断定できないと弁護側は主張したのだ。

解剖した医師は、鑑定書において
「死因は、頚部圧迫による窒息死が一番考えられるが、頚部圧迫により心臓に負担が生じ、窒息と心筋梗塞による症状が同時に起こって死ぬ可能性もかなり低いが考えられる」
としていた。

花代も、取り調べで刑事に誘導されたため、スカーフで首を絞めたと虚偽の供述をせざるを得なかった、といった主張をしていたが、裁判所はそのいずれも退けた。

花代が首を絞めていない、とした主張も、そもそも花代は家族に伴われ自首しており、自首以前に花代から話を聞いていた夫と娘婿も、花代自身から宇喜田さんをスカーフで首を絞めたと聞かされていたのであって、十分信用できるとした。

その上で、供述調書には花代の記憶違いについてもきちんと記載されており、花代の当初の供述が警察官の誘導や押し付けによるものではない、とした。

また、宇喜田さんが死亡したことと花代の行為との因果関係についても、たとえ窒息ではなく心筋梗塞が死因だったとしても、その心筋梗塞が起こった要因に花代が首を絞めたという行為があることに疑いはないと認定。
殺人罪の成立を認めた。

花代は懲役7年の判決を受け、おそらく確定したと思われる。

滑稽な人々

殺人事件である以上、あまりこういうことは言いたくないが、この事件を知った時私は込み上げる笑いを抑えきれなかった。
町内会という非常に狭い世界の中で繰り広げられた熟年カップルの不倫、というだけでもまぁまぁアレだが、それに加えてこのふたりの、立場を全くわきまえない言動はもはや喜劇である。

自分も家庭を持つ身でありながら、不倫相手の妻に米袋を投げつけるとか想像しただけで笑える。
公民館でパトカーの赤色灯に照らされ、踏み込んだ警察官と対峙したふたりの胸中はどんなものだったのだろうか。

さらに、70歳に近い男性がいくら酔っていたとはいえ、
「おっぱいだけでも触らせろ!」
と叫ぶ、あぁもう我慢できない。

しかし現実の結末は、一人が死亡し、もう一人は懲役7年という、笑えないものだった。
花代は、宇喜田さんの失礼な態度や煮え切らない態度にほとほと嫌気がさしていたのは事実だろうが、それ以上に、宇喜田さんをとられたくない、という思いも強かった。
Aさんの年齢などはわからないが、おそらく花代とそうたいして変わらない年齢だったのではないか。
面白いもので、こういう時相手の女性が若ければ若いほど、そんなに気にならないものでもある。
しかし自分と同年代、となると心中穏やかになれないというのは、私には非常に理解できる心理なのだが女性特有の心理なのだろうか。

確かに宇喜田さんは女性を甘く見、自己の欲求のおもむくままに無礼な態度をとっていた。
しかし、そもそも花代とて宇喜田さんに妻がいることは百も承知で始めた不倫である。さらに、日陰の身に甘んじることができず、自分の存在を誇示し続け、それがもとで何も知らなかった夫や家族をも傷つけた。
裁判所も、そんな花代のそれまでの言動には苦言を呈し、あの夜の執拗で無礼な宇喜田さんの態度も酌量には値しないと突き放している。

長年にわたってコケにされ続けた花代の夫は、それでも妻の出頭に付き添い、そして妻の帰りを待つと話した。

花代のあの晩の殺意は、宇喜田さんへの怒りからだったのだろうか。
それならさっさと帰ればよかったのに、帰らなかった花代。SEXを求められても拒否し、それでも何軒も店をはしごし、宇喜田さんに付き合い帰ろうとしなった。そこに、彼女が求めていたもの、本心が見えるような気がする。

So,I sing this rapsody for you.

**********************
参考文献
読売新聞社 平成849日 東京夕刊
産経新聞社 平成8410日 東京朝刊
竹内まりや「純愛ラプソディ」より

平成9年(合わ)138号 東京地方裁判所/刑事第16

D1-Law.com 判例体系

 

🔓愛について~茨城主婦殺害事件・吉祥寺男性刺殺事件~

まえがき

人を愛する、とはどういうことだろうか。
ただひたすらに相手を求める愛、与える愛もあれば、同じように相手を信じぬくことこそが愛である、という人もいるだろう。

恋人同士のみならず、家族愛、隣人愛、友人間の愛情などなど、愛のカタチはさまざまである。

ここで二つの事件を紹介しよう。
いずれも、ひたすらに愛された女性の話であり、ひたすら愛した男性の話でもある。
同じように愛されたこの女性が辿った末路は、極端なものになった。
そして彼女らをひたすら愛した男性の末路もまた、極端なものとなった。

被害者は本当に被害者か。また、加害者は本当に加害者か。

愛について。

【有料部分 目次】
牛久の事件
 ふたりのそれまで
 将来への期待
 母の勘
 崩壊
 玲菜さん
吉祥寺の事件
 ふたり
 入れ墨
 殺意
 信じ切れなかった女
  駿のその後