不倫で始まり不倫で終わる私たち~練馬・夫殺害事件~

法廷にて

平成2年9月7日、東京地裁で開かれた判決公判で、女は懲役6年を言い渡された。
女の罪状は、殺人。
被害者は、女の夫だった。

女は夫との関係に悩んでいた。

女は、事件直前に夫と沖縄旅行を楽しみ、夫との関係も回復できると信じていた。

しかし、楽しかったはずの旅行が、結果として最悪の結末を迎える引き金となってしまった。
夫婦関係の改善のためだったはずの旅行だったのに。
旅行に行ったばっかりに、事態はさらに深刻になってしまった。 続きを読む 不倫で始まり不倫で終わる私たち~練馬・夫殺害事件~

早くアタシを迎えに来てちょうだい~亀岡・妻子不倫殺害事件~

亀岡のマンションにて

12月に入ったある日の夕方、そのマンションの住人は、訪ねてきた別の階に住む知人の男性の様子がおかしいことに気づいた。
真冬だというのに裸足で、慌てふためいている風でいて、放心状態にも見え、明らかに普段の知人とは様子が違っていた。

「あの……帰ってきたら、妻と子供が死んでるんです……」

知人男性の言葉が、すぐに理解できなかった。なにを言ってるんだろう。
しかし知人男性がそれだけ言うと泣き崩れたのを見て、とにかくその知人男性の部屋へと向かった。

部屋の中はひんやりとしていて、そこにはその部屋よりも冷たくなった母子の姿があった。 続きを読む 早くアタシを迎えに来てちょうだい~亀岡・妻子不倫殺害事件~

🔓その涙の意味~杉並・不倫保険金殺人事件~

平成10年12月10日、東京地方裁判所で行われたある事件の判決公判。
法廷には中年の女と、男の姿があった。

中山隆夫裁判長は、女に対して懲役15年、男には懲役7年をそれぞれ言い渡した。

量刑の理由で中山裁判長は、
「妻の不倫を知りながらも幼い二人の娘のために屈辱を忍び、両親の離婚の勧めにもかかわらず家庭再建を決意した直後に殺害された夫の無念は察するに余りある」
と厳しく二人を非難した。

被告の女は、不倫の末その不倫相手とともに夫を殺害し、さらには保険金を奪おうとしていた。

法廷では実行犯の愛人の男に罪を全てなすりつけようとした女だったが、この女の存在無くしてこの事件は起こり得ないと、誰もが思う事件だった。 続きを読む 🔓その涙の意味~杉並・不倫保険金殺人事件~

サレ男の逆襲~札幌・男性撲殺事件~

札幌の事件

平成18年6月17日午後7時30分、札幌豊平署に女性の声で通報が入った。
「月寒東のマンションで男性が大変なことになっている」
豊平署員がそのマンションに急行すると、鍵のかかっていない部屋があった。そして、その部屋の玄関で、成人男性が血まみれの状態で倒れているのが発見されたのだ。

男性はすでに死亡、その時点での身元は分からなかったものの、その部屋に暮らす男性と連絡が取れていないことから、死亡したのはこの部屋の住人の男性の可能性が高かった。

この部屋には、髙田雅史さん(仮名/当時56歳)が一人で暮らしていたといい、また、通報者が「高田さんの部屋」と具体的に言っていたことから、交友関係や目撃者について捜査を始めた。
髙田さんは棒のようなもので頭部や腕など上半身を集中的に殴られており、状況から殺人事件と断定。
後に、通報者がなんらかの事情を知っていると見て捜査を続けたところ、18日の夜に髙田さん宅を訪ねた男がいたことがわかった。
目撃されていたナンバーから男を割り出したところ、実は通報してきた女性がこの男の妻だったことなどから男に事情を聞いた。
その後、男がバールや手などで髙田さんを殴ったことを認めたため、殺人の容疑で逮捕となった。

逮捕されたのは髙田さん宅の近くに住む鉄筋工・橋本裕二(仮名/当時43歳)。
橋本は髙田さんと以前から知り合いで、二人の間にはトラブルがあったという。
警察ではトラブルの話し合いがこじれ、事件に発展したとみてトラブルの原因について捜査していたが、この事件、髙田さんが殺害されたその夜までは、実は髙田さんは加害者だった。 続きを読む サレ男の逆襲~札幌・男性撲殺事件~

限界破裂〜虐げられた人々の愛の事件〜

普通に生きていても、時に他人から不当な扱いをされることがある。
会社でのパワハラ、学校でのアカハラ、そして夫婦間、恋人間におけるモラハラ、DVなど。
相手との立場の問題や相手に対する感情の問題で、不当な扱いだとわかっていてもそれに抗議できず、ただ耐えることでやり過ごそうとする人も少なくない。
また、怒りがあったとしても同じ土俵に立ちたくないという思いで、あえて無関心を通そうとする人もいるだろう。

特に日本人はできるだけ、争い事を避けようとする傾向があるのも事実で、少々のことで騒ぎ立てるのはみっともない、そう思う人もいる。
限定していうと、男女間夫婦間における様々な問題は、第三者が介入し辛い面もあって気がつけば虐げられていた人は一人その理不尽な思いを抱き続けることになる場合が多い。

一方で人にはそれぞれ堪忍袋というものがあり、その容量は個人差が激しい。

虐げられた人々の我慢の限界が来た時、それまで蔑ろにしてきた本当の加害者は狼狽え、そして許しを乞う、自分がしてきたことを棚にあげ……

いくつかの我慢の限界を超えた男女の事件。 続きを読む 限界破裂〜虐げられた人々の愛の事件〜