🔓ひとりで死ね、は、暴言か~道連れにしたがる人々~

まえがき

人は人生に行き詰まり、また絶望したとき、ふと、自死に思いを巡らせる瞬間がある。それは、単に想像するだけのものから、実際に計画を立てたり、あるいは衝動的に自傷行為に及ぶもの、そして、計画的か衝動的かにかかわらず、結果として死亡してしまうものまで幅広い。

年間の自殺者は3万人を超え、10歳以下の子どもから80歳を超える年寄りまで自殺者のいない世代はない。
これらは社会問題とされ、その要因を社会に求める人々、家族間や学校に求める人など様々だが、いずれにせよ自死を選択しやり遂げた人からすれば、どれも「なんか違う、けどまぁいいか」程度のものだと思っている。

そういった自死を選択する人々の多くはひとりで旅立っていくわけだが、時に他人とともに旅立とうとする人々がいる。
同じ自殺の意思を持ち行う集団自殺、あるいは夫婦や恋人間に見られる完全合意の心中、さらには、無関係の他人を無差別に巻き込む通り魔的犯行まで、そのかたちも様々だ。

そういった、「誰かと死ぬ」「一人では死なない」という選択をした人々の事件をいくつかとりあげてみたい。

他人とともに死ぬということ

こう聞いて、まず思い浮かべるのはやはり心中事件だろう。個人的に、心中という言葉は使いたくなく、特に親が幼い子を道連れにするようなケースにおいては全部殺人だと思っている。
しかし一方で、完全なる合意のもとで行われる、それこそ「心中」と呼ぶ以外にないケースもあるだろう。病気を苦にした人が家族に殺害を依頼し、それに家族が応じたうえで自らも命を絶つというケースや、そこに全員の「死ぬ意思」がはっきりと見て取れるケースなどは心中に該当するのだろう。

病気を苦に、将来を悲観して、経済的な問題、男女関係の問題、理由は様々あろうが、家族以外の人間と、となるとその判断は特に慎重にしなければならない。

特に、男女関係におけるそれは、片方の身勝手な思い込みが介在していることが少なくない。大昔であれば、身分の違いから結婚を許されない二人が…などという話もあっただろうが、現代においてそんな身分はない。眞子さまだってこの状況でも結婚のお許しはもらえたわけで、一般庶民が許されざる関係に嘆いて心中、などというのはほとんどない。あるとすれば不倫関係か。であっても、数としてはそんなに多くないだろう。

家族間の場合は、よくある「あとに残される人間が不憫」という理由で全員連れていく、というものだが、それとて全員の承諾があったかどうかは本当のところはわからない。全員死んでしまえばそれで終わりだし、こういうケースで生き残るのはたいてい首謀者であり、その首謀者の言葉を鵜呑みにするのは当然危険である。
このサイトでも取り上げた、中津川の一家五人殺しも、首謀した一家の主が家族を殺害後、自らの首を切っていたこと(未遂)などから無理心中を図ったとされ、幼い孫まで殺しておきながら死刑を免れた。
一方、宮崎の一家三人殺害の場合は死刑判決が確定している。心中する「つもり」だったのかそうじゃなかったのかは、殺害した人の数よりも重要なのだ。

しかし道連れにされた(殺害された)家族の心はどうなるだろうか。
しかも、首謀者が道連れを画策したのが初めてではないとしたら。
平成13年と14年に青森で起きた二つの無理心中事件を紹介しよう。

【有料部分 目次】
七戸一家4人無理心中事件
岩崎村の兄殺し
・吐き気がするほどの身勝手
大宮のテレクラ殺人
・虚無の人生
・噴出した感情
永遠に自分のもの
・大胡町の事件
・優柔不断男の豹変
・愛憎の焔
・衝撃の判決
ひとりで死ね論争
道連れにしたがる人々

銃殺の家の女~可児市・廃墟で有名な家の事件とその後~

平成22年1月27日

名古屋市中村区。
宿跡町のアパートの一室から、「刺された」と119番通報があった。
中村署員が急行したところ、部屋には家主でカラオケスナック経営の五味猛さん(当時61歳)が腹部を血に染めて悶絶していた。
救急搬送された五味さんだったが、搬送先の病院で死亡が確認された。

当時部屋には、五味さんの知人である女がおり、警察は事情を知っているとみて話を聞いていたが、女は
「殺す気もないし、覚えてもいない」
という不可解な話をしていた。
その後警察は、五味さんを殺害したとして名古屋市中川区のパート従業員、佳山久仁子(仮名/当時59歳)を逮捕した。

久仁子は事件を起こす15年ほど前まで、岐阜で家族とともに生活をしていた過去があった。夫と子供らの5人家族。しかしその生活は長く続かなかった。
数年の時を経て、この名古屋の事件とはまったく関係のない話から、久仁子が暮らしたその岐阜の家がネット上で晒されることになる。

「銃殺の家」として。

続きを読む 銃殺の家の女~可児市・廃墟で有名な家の事件とその後~

はてしなく濃く、深く~宇佐市・知人男性殺害事件~

刑務所にて

「裁判員の人には感謝している。普通の人の感覚で質問してくれた。」

平成21年11月。読売新聞は大分刑務所で服役中の男に取材をしていた。
男は、大分県内初の裁判員裁判で懲役14年の実刑判決を受けていた。
「検察官とか、プロの人は決まりきった、慣れた聞き方しかせんでしょう。」
男はこの事件より前にも前科と裁判の経験があるため、検察官らの取り調べや法廷での質問がどんなものなのか知っていたのだ。

男は、知人男性を殺害した罪を背負っていた。
小さな田舎町の、どこまでも果てしなく深く、濃いその事件とは。 続きを読む はてしなく濃く、深く~宇佐市・知人男性殺害事件~

彼女が死んだ理由~倉敷市・11歳女児餓死事件②~

排除される女

一審では友里恵には家族がいたことが言及された。いわゆる天涯孤独の身ではなかったこと、また、友里恵自身、高校を卒業して信用金庫に就職するなど、知的な面でも社会的な面でも問題を抱えていたわけではなかったことなども挙げられた。
さらに、陽子さんの父親である人物から、養育費が振り込まれており、その通帳も当初友里恵が保管していたのだ。
残高はなんと340万円。おそらくだが、陽子さんの年齢と照らし合わせると、月々3万円程度がずっと振り込まれ続けていたのではないかと思われる。
にもかかわらず、それらに頼ることをしなかったのはなぜか。 続きを読む 彼女が死んだ理由~倉敷市・11歳女児餓死事件②~