破滅のロト6~舞鶴市・母親殺害幼児遺棄事件~

兄妹

平成17年3月29日午前9時50分、京都府福知山市。
その日、男性は仕事でダンプカーを運転し、曲がりくねった府道530号線を走行していた。
春の山里の景色が広がるその道は、普段あまり車の往来も地元民や工事関係者のみでさほど多くない。春先とはいえ、朝晩は気温が5度以下になるほど冷え込み、運転席の窓をすかすと気持ちの良い冷たい風が吹き込んできた。

ふと、道路沿いを流れる上三岳川が目に入った。
道路との高低差は5mほどあり、普段ならば気にも留めない小さな川だが、運転手は思わずダンプを停めた。

上三岳川の川岸に、なにか、いた。 続きを読む 破滅のロト6~舞鶴市・母親殺害幼児遺棄事件~

🔓Love & Father~八街市・父娘強盗殺人放火事件~

平成22年5月11日

男性はその日、火災発生を知らせる防災無線に耳をすませた。
場所によっては、消火活動をする必要もあるため、住所を聞き取ろうとして息をのんだ。
男性は急いで現場に駆け付けたが、その家はすでに2階から炎が噴き出し、手が付けられない状態となっていた。

その家は、男性が5年前に建築を請け負った家だった。

八街の放火

平成22年5月11日午後2時半ころ、千葉県八街市小谷流の民家が燃えていると、近所の住民から119番通報があった。
駆け付けた消防隊が火を消し止めたものの、木造二階建ての立派な家は見るも無残に焼け落ちた。

この家は、農業の中村行夫さん(当時76歳)と長男(46歳)、そして長男の娘ふたりの4人暮らしだった。
火災は平日の午後に起こっており、長男と娘二人はそれぞれ学校と職場へ行っており無事が確認された。行夫さんも、火災が起きた時いつも使用している軽四自動車が見当たらなかったことから、行夫さんも出かけていて無事なのでは、と思われたが、その後の現場検証で、1階の六畳間で遺体が発見された。

近所の人らは、「車がなかったからてっきりお孫さんを迎えに行っているのだとばかり思っていた」と話し、一家を襲った突然の不幸に同情を寄せた。

しかし、一つおかしな点があった。

住民らが言うように、普段行夫さんが使用していた軽四がなくなっていたのだ。
長男も使用しておらず、行夫さんが自宅で死亡している以上、行夫さん以外の誰かがその軽四を乗って出ていった、としか思えなかった。
警察では当然、事件を視野に入れて捜査したが、後日行われた司法解剖の結果、行夫さんの遺体には背中に刺し傷があったことが判明。さらに、胃の内容物から食後4時間ほどで死亡していること、そして、喉には微量のすすも認められたことから、刺されてすぐに火を放たれたとみられた。

警察は殺人事件と断定、目撃情報や、なくなった車の捜査を始めた。
まずもたらされたのは、行夫さん宅の近くの山道に放置されていた見慣れぬ自転車の存在だった。それは2台並べて置いてあり、最近とめられた、という感じだったという。
また、家の中では物色されたような跡もあり、さらには行夫さんの家族以外のなにものかが「食事」をした形跡があったという。
以上のことから、犯人が行夫さんを殺害後に室内を物色し、食事をして火を放ち、行夫さんの軽四を盗んで逃走した、と警察では見ていた。

そしてもうひとつ、重大なある事情がこの家には悩みの種として覆いかぶさっていたことも分かった。

行夫さんの孫娘の一人が、ストーカー被害に遭っていたのだ。

【有料部分 目次】
ストーカー
八街の父と娘
「愛に年齢は関係ないっ!」
父親の暴走
凶行
無罪主張の父
A子
少女たち

情けない男のメンツ~勝浦・隣人女性殺害死体遺棄事件~

平成13年9月

千葉県勝浦市の山林で、その山林の所有者が巡回中に白骨遺体を発見した。
遺体は女性で、服は着ていたが靴を履いていなかった。
服はパジャマにカーディガンのようなもので、発見時の状況から県警捜査一課と勝浦署は女性が事件に巻き込まれたとして捜査を開始した。

司法解剖の結果、死因の特定は断念され、死後半年以上経過、としかわからなかった。
現場は勝浦市と大多喜町の境に近い山中で、近隣の自治体から家出人届はでていなかった。

女性は40歳から50歳くらい、身長1m50㎝から1m60㎝と発表された。
勝浦署のサイトでは特設ページが解説され、歯型の公開もされたが、1年経っても有力な情報は得られていなかった。

身元判明

事件の進展がない中、平成15年5月になってとある女性が失踪しているという情報が入った。
公開されていた発見時に着用していたミッキーマウスのパジャマに見覚えのあった人がいたのだ。

失踪した時期も遺体の死亡推定時期と合致しており、その後の歯型、DNA鑑定で女性の身元が判明した。遺体は、千葉県夷隅郡大原町日在の和田啓子さん(当時39歳)。和田さんは借家に一人で暮らしていた。
和田さんの行方が分からなくなったのは平成13年の1月で、スーパーで働き始めた直後のことだったという。
家財道具もなにもかもそのままで、飼っていた犬まで置いていなくなった。
ただ成人女性である和田さんの行方を必死に捜す人や、警察に届け出るほどの人はいなかったとみえる。

近所の人によれば、和田さんは明るく、あいさつもしっかるする人で、借家を放り出していなくなるような人ではないということだったが、実は近所の人らが和田さんを捜さなかったのには理由があった。

和田さん宅の隣に住む住民が、
「和田さんは家賃が払えないから出ていくと言っていたよ、犬の世話を頼むと言われている」
と話していたのだ。

犯人逮捕

遺体の身元が和田さんだと判明して10日、千葉県警捜査一課は市原市に住む男を殺人と死体遺棄容疑で逮捕した。
男は和田さんの隣に住んでいた、あの住人だった。

さらに別の窃盗事件ですでに逮捕されていた、男の10代の息子二人が事件に関与していることも判明。
和田さんとこの親子の間に何があったのか。

それまで

逮捕されたのは市原市の土木作業員、田村和弘(仮名/当時52歳)と、長男(当時18歳)、そして次男(当時17歳)。
3人が日在の借家に暮らしていた平成10年5月頃、隣に一人暮らしの女性が越してきた。これが和田さんだった。
気さくな人柄の和田さんはすぐに和弘親子とも打ち解け、良き隣人として生活していたという。
当時和田さんには内縁関係の男性がおり、その男性と同居し始めて以降も和弘親子との関係は良好だった。
時には男性も交えて一緒に酒を酌み交わし、仕事の愚痴や子供のことも話し合える仲だったという。

しかし平成11年1月、その和田さんの内縁関係の男性が交通事故で死亡してしまった。
和弘は意気消沈する和田さんを慰め、買い物に付き添ったり食事を共にしたり、隣人として支えになろうとしていたという。
当然、男やもめの和弘は若い和田さんに対して恋愛感情も抱いていたというが、男女の関係にはなっていない。

その良き隣人としての関係は、突如崩れ去ることになる。

平成13年1月、和弘は用事でもあったのか、和田さん宅の玄関ドアをいきなり開けたという。その際、たまたま外出しようとしていた和田さんが転倒してしまった。
この時はすぐさま助け起こし、念のため病院に行くよう伝えて終わっていたが、直後から和田さんの態度が変わった。

豹変した隣人

顔を合わせれば、病院の治療費がかかると話し、そのたびに和弘は贖罪のつもりで8000円~1万円程度を和田さんに手渡すようになった。
しかしそれは延々と続き、さすがの和弘も断ることもあった。
すると和田さんは激高し、「馬鹿野郎!そんなことが言えるのか。いつ金を返すんだよ!」と和弘を罵ったという。

実は以前、和弘は少額ながら和田さんから借金をしていた。それの返済が済んでいなかったのか、はたまた互いのなにか勘違いがあったのか、話の着地点は見いだせなかった。

和弘はそういった点で負い目もあり、その後も和田さんの要求に応じることもあったというが、今度は和田さんがその額を上げてきた。
1回に10万から30万円と、どう考えても法外な治療費を請求するようになったという。
和弘はようやくここで、和田さんは自分をカモにしている、と思うようになる。

和田さんの要求は執拗だったといい、和弘は払う意思が歩かないかは別にして、先延ばしにすることで和田さんからの「口撃」をかわす日々だった。

平成13年1月29日、この日はすでに別の場所で暮らしていた16歳の長男が遊びに来ていたため、次男とともに3人でドライブに出かけることになった。
3人が表に出たところ、和田さんが立ちはだかった。

父親の威厳

和田さんが近づいてきたため、和弘は車から降りると、和田さんは
「金出来たんか、ふざけんな。約束はどうなった。バカ野郎」
と、あたりもはばからず喚いた。
さすがに頭にきた和弘が言い返すと、和田さんは「ふざけんな!」というと、和弘の顔を拳で殴った。

それは、16歳と当時15歳だった和弘の子供らの面前で行われた。それは、和弘の理性を吹き飛ばすに十分な行為だったのだろう、和弘は和田さんの首を両手で締めあげた。

和田さんはもがいて抵抗したが、和弘はやめず、あろうことかその光景を見ていた15歳の次男に加勢するよう頼んだ。
この次男にとって、和田さんと父親はどう映っていたのか。次男は和田さんの体を抑えつけ抵抗を封じると、手近にあったロープで父親とともに和田さんの首を絞めた……

和田さんが動かなくなった時、父と子の間でどんな会話がなされたのか。
殺害行為には加わっていなかった16歳の長男ともども、結果として3人は共謀して和田さんの遺体を車に乗せ、かねてからの予定通り、少し出発は遅れたものの「ドライブ」にでかけたのだった。

隠ぺい工作

殺害自体は、咄嗟の出来事だったのだろう。
しかしその後の親子の行動は明らかに隠ぺいであり、綿密な計画があった。
和弘は先述の通り、大家に対し和田さんが自発的に出ていったように装い、自身は犬の世話をするなどしてただの隣人を装った。
自転車をわざわざ駅前の駐輪場まで持っていったり、携帯や洋服も一部処分し、自発的な出奔と見せかけた。
しかし一方では、和田さんの家財道具を持ち出して自分が使用したり、和田さんの借家を家族に使わせるなどしていたという。

大家も和田さんがいなくなったことで家賃のことを気にはしていたが、勝手に解約もできず、また、それまでも家賃は遅れ気味だったこともあってそのままにしていたようだった。

裁判

裁判で検察は、偶発的な犯行とはいえ、隣人の小柄な女性の首を絞め挙げ、あげく当時15歳の息子にそれを手伝わせるなどといった行為は言語道断とし、懲役15年を求刑。
長男と次男は、すでにそれぞれ保護観察処分と中等少年院送致が決まっていた。

平成15年11月19日、千葉地裁の金谷暁裁判長は、
「被害者の言動に問題が全くなかったとは言えないが、かといって殺害に結び付くほどのこととは到底言えず、短絡的な動機に情状酌量の余地は乏しい。
遺体を山中に埋めるなど死者を冒涜する犯行であり、さらに犯行後の被告人の言動は罪に対する自覚や自責の念がうかがわれず、上場も芳しくない」
とし、和弘が遺族に何ら慰謝を講じていないことも含めて、懲役13年の判決を言い渡した。

和弘は事件後、間がない頃はビクビクもしたであろうが、遺体が発見されなかったことや、発見されたのちも身元判明に時間がかかったことでどうやら調子に乗っていた節があった。

家財道具を無断で使用したり、といったことのみならず、犯行を飲み屋で吹聴していたのだ。
ただこれは信じた人がいなかったのか、またはこの男にそんな大それたことが出来るはずがないと元々思われていたのか、通報した人はいなかったようだ。

二人の息子も、その後高校へは行かず働いていたとはいえ窃盗で逮捕されていることを見れば、真っ当な生活を送っていたとは到底思えない。
息子たちについては、親子の情からやむなく追従したに過ぎないとされたが、はたしてそれで片付けてよかったのか、とも思う。

和田さんはなぜ、仲の良かった和弘に態度を豹変させたのか。
きっかけは和弘が和田さん方の玄関ドアを勝手に開けたことでケガをしたことではあるが、この状況も実際よくわからない。
いくら仲の良い隣人とはいえ、勝手にドアを開けるというのはいささか度が過ぎているようにも思う。
ましてや、和田さんは女性の一人暮らしだ。

こういう、和弘の無神経さがかねてより和田さんの心を傷つけていた可能性はないだろうか。
裁判では和田さんにも落ち度があったとはされたが、殺されて何か月も一人寂しく山の中で朽ち果ててなければいけないほどの落ち度であったか。

しかし和弘にとっては、それに値するほどのことだったのだろう。
15歳の息子に手伝ってもらわなければ成し遂げられなかった殺人。
父親としての威厳を傷つけられたというが、その威厳とやらを見てみたいものだ。

 

🔓魔が刻~群馬・幼児ダム突き落とし事件~

平成11年5月3日

埼玉県妻沼町。
群馬県警の捜査車両は一台の車とカーチェイスさながらの追跡劇を作り広げていた。
運転していたのは男。男が運転していたのは、群馬県館林市内で盗まれた車であり、その車には、持ち主の子供たちが乗っていた、はずだった。

事件概要

平成11年5月3日、GWのさなかのこの日、その車は館林市松原の住宅展示場にあった。
所有者は館林市内在住の会社員、田島修さん(仮名/当時37歳)。妻と二人の子供とともに、この住宅展示場を訪れていた。
ぽかぽか陽気の中、子供たちは楽しい休日を満喫し、後部座席で寝入っていた。
田島さん夫妻は子供たちを起こそうとしたが、気持ちよさそうに眠っていたため、エアコンをかけエンジンをかけたまま車を離れた。
住宅展示場へ入って、目当ての家の二階に上がってふと、修さんが外に停めた自分の車のほうを見て驚愕した。
あったはずの車が、消えていたのだ。

「車がない!子供が乗ってるんだ!!」

展示場に入ってわずか6分。すぐさま110番通報し、直ちに緊急配備が敷かれた。

午後8時半、冒頭の通り国道17号線を群馬から埼玉に入ったところで捜査車両に行く手をふさがれたその車は、ガードレールにぶつかりながらも逃走を図ったものの、逃げ切れず逮捕となった。
が、肝心の子供の姿が車の中にはなかったのだ。

さらに、警察が男の身元を調べたところ、なんと別の事件で茨城県警に指名手配されていた男だということが判明した。
【有料部分 目次】
男のそれまで
暗雲低迷
どうしようもない男
誤算からの破滅
自責
その後

哀しき嘘つき女の涙~米子市・新生児誘拐事件~

市役所にて

とある私立保育園からの問い合わせを受け、境港市役所の健康推進課は騒然としていた。
「母子手帳?そんなの交付してないよ。申請すらない……
問い合わせの内容は、その私立保育園に子供を預けてけている母親が赤ちゃんを産んだという話だった。しかし、まったくその気配も体形の変化もなかったことから、私立保育園側が不審に思っての問い合わせだった。

世の中には妊娠しても出産するまで母子手帳交付を受けない妊婦もいるし、とんでもないプライバシーの問題でもある。
しかし、境港市役所はそんなことを言ってはいられなかった。

つい先日、米子市内の病院から、生まれたばかりの赤ちゃんが連れ去られていていまだ行方不明になっていたのだ。 続きを読む 哀しき嘘つき女の涙~米子市・新生児誘拐事件~