流浪の運命共同体~長野・山梨・静岡・男女殺害遺棄事件①~

「なぜ母が殺されなければならなかったのか。そしてなぜ、姉がそれに加担したと言われるのか、まったく理解できません。
ふたりは仲の良い母娘でした……」

黒磯市役所で記者会見に応じた男性は、悔し涙をにじませた。
傍らには、妻の姿もあったが、この二人は一歩間違えれば今頃生きていなかったかもしれなかったのである。
ふたりは生き延びたが、入れ替わりに行方不明になった男性の母と姉は、壮絶な人生を送る羽目になってしまった。 続きを読む 流浪の運命共同体~長野・山梨・静岡・男女殺害遺棄事件①~

流浪の運命共同体~長野・山梨・静岡・男女殺害遺棄事件②~

金づる





上原は、この放浪生活は実に3度目だった。
1度目は1997年ころ、トラック運転手をしていた上原は闇金からの借金を逃れるために、当時の妻と自身の両親に、「暴力団と土地をめぐってトラブルになったので逃げよう」と騙し、2か月ほど各地を転々としていた。
その後は離婚しいったん落ち着いたものの、1998年9月に闇金に居場所を突き止められてしまい、今度は交際中だった現在の妻とともに車上生活を送る。その期間、なんと2年である。
上原は筋金入りの放浪のプロだったのだ。 続きを読む 流浪の運命共同体~長野・山梨・静岡・男女殺害遺棄事件②~

流浪の運命共同体~長野・山梨・静岡・男女殺害遺棄事件③~

母娘

警察は、上原のほかに、悦子さんの娘である美緒も、悦子さんを殺害した容疑で逮捕、送検していた。
しかも、当初暴行を加えたのは美緒であり、上原はそれに加担した、といった報道だった。
上原も、裁判では「もともと合流した当初から、母娘の中は悪かった。日ごろから美緒は悦子さんと口論が絶えず、存在を疎ましいと感じていた」といった主旨の発言をしていた。
そのうえで、殺害に至った当日も、口論から美緒が悦子さんに暴行を加えているところへ、上原と中里さんが加担した、とされていた。 続きを読む 流浪の運命共同体~長野・山梨・静岡・男女殺害遺棄事件③~

痛々しい、愛~広島・実母無理心中事件~

平成16年2月25日

冬の空に日差しが戻ったその日、1台の車が瀬戸内の橋を渡っていた。
昨日よりも5度ほど気温も高く、海風は冷たいながらも心地よいものだった。
助手席にいる母の横顔を、男はなんどもなんども確認した。
皺が刻まれた母の顔。女手ひとつで自分たちを育ててくれた、母。

どうしてこうなってしまったのか。

使われていないフェリー用の桟橋に車を乗り入れると、男はそのまま海へとアクセルを踏んだ。 続きを読む 痛々しい、愛~広島・実母無理心中事件~

家と家族を焼かなければ手に入らなかったもの~熊谷・一家3人放火殺人事件①




平成18年12月下旬

「誰がやったんだろう、怖いね……
埼玉県熊谷市のとある民家で、軒先の鉢植えに火がつけられる「事件」が起こった。
火の気がないのは明らかで、大事には至らなかったものの、誰が、なぜこのようなことをしたのか、その民家の住民のみならず、近隣では回覧板を回すなどして注意を呼び掛けた。

年の瀬でもあり、季節がら火を使う家も少なくないため、いくつかの家では煙探知機などの警報器をつけたという。

しかし、その「事件」からおよそ一か月、その民家から1.5kmほど離れた別の家が燃えた。 続きを読む 家と家族を焼かなければ手に入らなかったもの~熊谷・一家3人放火殺人事件①