🔓Folie à deux~ふたり狂い~・敷島町・保険放火殺人事件~

アパートの火災

平成10年9月17日午後11時半、山梨県中巨摩(なかこま)郡敷島町の木造モルタル二階建てアパートの二階の部屋から出火。
火はその部屋を全焼して消し止められたが、焼け跡からは成人の焼死体が発見された。
その部屋に一人で暮らしていた男性と連絡が取れないこと、部屋はドアも雨戸もカギがかけられていたことから、この焼死体は住人の男性の可能性が高かった。

現場は町立敷島南小学校近くの住宅街で、近隣住民らは不安な夜を過ごしていた。

この男性は、約一か月ほど前に単身この部屋に入居したというが、21日になって、燃えた部屋の中から灯油の成分が検出された。季節は9月、灯油の暖房器具を使うには早かった。
鑑識の調べによると、特に今に敷いてあった布団の付近に灯油の成分が強く残っていたといい、死亡した男性はその布団から数m離れた窓際でうつぶせに倒れていた。
司法解剖の結果は一酸化炭素中毒。それ以外に、遺体に外傷はなかった。

ただ、実はこの男性、入居した直後の9月5日にも布団が焦げるボヤ騒ぎを起こしており、今回の火事との関連も考えないわけにはいかなかった。

警察は男性の親族や会社の関係者、知人などからトラブルがなかったかどうかを聞き、失火、自殺、あるいは放火による他殺の可能性も視野に捜査を進めていた。
男性は、会社員の米村文男さん(当時49歳)。

そんな中、火災から二日後の19日、火災で死亡した米村さんの元妻が自宅で服毒自殺を図った。

元妻の自殺未遂

幸いにも未遂に終わった元妻の自殺。当初は、別れた夫との関係に悩み、また、夫が死亡したことを知って後を追ったのか、そういう見方もあったが、入院中の元妻に任意で事情を聴いていくうち、この元妻が元夫の米村さんを殺害したことをほのめかしたため、さらに事情を聴いた。

元妻は「食べ物に睡眠薬を混ぜた。眠らせてから灯油をまいて火をつけた」と話したというが、捜査関係者らはどことなくその元妻の供述にあいまいな点があるのが気になっていた。

が、灯油を持ち込むのに使用したという複数のペットボトルが元妻の供述通りの場所から発見されたこともあり、24日、この元妻を殺人と現住建造物放火の容疑で逮捕した。
逮捕されたのは米村さんの元妻で、元旅館従業員の阿部佳寿乃(仮名/当時50歳)。佳寿乃は何らかの理由をつけて17日の午後10時20分ころ、米村さん宅を訪れた。そして、睡眠薬を仕込んだ葛餅を食べさせて眠らせた後、用意していた灯油をまき、火をつけて米村さんを一酸化炭素中毒で死なせたとされた。

司法解剖の結果、米村さんの胃の内容物から睡眠薬の成分も検出されていて、佳寿乃の供述はおおむね信用できた。

が、警察は佳寿乃がどうやら何かを隠している、誰かを庇っているような印象を持っていて、周囲の人々らに聞き込むなど身辺調査をした結果、この事件にはもう一人深く関与していると思われる人間がいることが判明。

佳寿乃は常々、その人物のことを「神様のような人。全幅の信頼を寄せている」と周囲に話していただけでなく、米村さんとの間にできた子供をその人物の養子にしていた。
さらに、警察は昨年の夏に米村さんと佳寿乃の離婚が成立した直後、米村さんに掛けられていた死亡時約4000万円の生命保険の受取人が、実弟に変更されていたことも掴んでいた。

佳寿乃が心酔していたというその人物は、米村さんの実弟の妻だった。

【有料部分目次】
義理の妹
東山梨の旅館
津久井の詐欺女
不協和音
弁護士との面会
父の声色と「神の子」
ふたり狂い

美しい人〜愛媛・偽装事故による嘱託殺人事件〜

平成7年12月8日

松山地裁はこの日、朝日火災海上保険を相手取って約2億7千7百万円の支払いを求めた訴訟に対し、その請求を棄却する判決を言い渡した。

紙浦健二裁判長は、「偶発的な事故として考えるには不自然で、偽装事故の疑いがある」とその理由を述べた。
事故は3年前、平成4年11月の終わりに起きた。 続きを読む 美しい人〜愛媛・偽装事故による嘱託殺人事件〜