京都・伏見認知症母親心中未遂事件その顛末①

2006年、2月。

その日は冷たい雨が降っていた。54歳になる息子は、86歳の母親の車いすを押しながら、思い出深い京都・伏見の桂川遊歩道を歩いていた。
まだ人影もない、真冬の早朝。ふたりは前日の夜中から、あてもなく極寒の冬空の下を彷徨っていた。

「もう生きられへん、ここで終わりやで」
そういう息子に、母は動揺もせずに答えた。

「そうか、あかんか。」

母との最期の言葉をかわし、息子はその母の首に手をかけた。

数時間後、自身も首を切って自殺を図った息子と、息子のそばで息絶えた母親が発見された。息子は死にきれなかった。

京都・伏見で起きたこの事件は、認知症の年老いた母親をたったひとりで抱える息子の苦悩と、福祉サービスの限界などもクローズアップされ、他人事ではないと感じる多くの人から同情が寄せられた。

判決は、懲役2年6か月、執行猶予3年という入れとも言える温情判決であった。
続きを読む 京都・伏見認知症母親心中未遂事件その顛末①

🔓京都伏見認知症母親心中未遂事件・その顛末②

行政、福祉とのすれ違い

康晴は、仕事を完全にやめてしまう九月までの間、何度か生活保護の申請のため福祉の窓口を訪れていた。 現状では近い将来、間違いなく収入が途絶えてしまう。働く意思は十分にあるが、何よりその仕事がない。
誤解の内容に、だが、仕事がないという意味は、康晴と母親の生活スタイルを考慮したうえで、母子が最低限生活していけるだけの収入を得られる仕事、という意味だ。
自分の食べることより、とにかく母親の生活を維持しなければならないという思いがことのほか強かった康晴は、「良かれと思い」先に福祉窓口へ相談に行ったのだろう。
しかし、後から考えると、この相談に行ったタイミングが悪かった。
そして、そのタイミングの悪さゆえにマニュアル通りの対応に終始してしまった福祉の窓口は、後に総バッシングされる羽目になる。

【有料記事 目次】
・母の回復と自分の死
・そして最期の夜へ
・裁判
・温情判決の是非

ここからは有料記事です

🔓町田DV殺人事件

平成19年5月6日。

町田市森野2丁目のとある2階建てアパートの一室で、結婚間もない夫婦が暮らしていた。
当時34歳の夫・仁志は、健康食品会社に勤務しており、28歳の妻は細身の美人で福島の出身だった。 何の変哲もない、ごくごく普通の若い新婚夫婦に見えたが、妻はその外見からは想像がつかない一面を持っていたという。
入籍からわずか3か月後のこの日、夫は妻の細い首に手をかけ、そのまま殺害してしまった。 犯行後、夫は冷静に知人に事の顛末を電話し、さらには予定していた新婚旅行と挙式のキャンセルを業者に伝え、自身は自宅の外で警察官の到着を待ったという。 計画的に見えるこの殺人事件。この夫婦に何があったのか。

出会いと、妻の抱える病

仁志が妻と出会ったのは平成18年の夏。たまたま居合わせた居酒屋で、彼女の方が声をかけてきた。
可愛らしい顔立ちに惹かれた仁志は、電話番号を交換し後日デートをする。そして、その後すぐに同棲をはじめ、翌平成19年の2月には入籍まで済ませるほどの早い展開だった。

結婚を強く望んだのも妻の方であった。当初から仁志に対して強い愛情を示していた妻だったが、そのうち異様な側面を見せ始める。
「最初は普通の人だった」 とは、夫・仁志の弁である。若く可愛い妻は、かねてより仁志のことを知りたがり、常に一緒にいたいという考えを持っていたが、それらは女性にありがちな甘え願望によるものであり、すべては愛情がさせていることだと思っていた。
過去に付き合っていた女性のこともひどく気にし、卒業アルバムなどで顔と名前を確認したりもしていたが、それらもやきもちの一種とも思えた。

しかし、だんだんと妻は理解しがたい言動を見せるるようになる。 ほんの些細なことでスイッチが入り、途端に不機嫌になり怒り始めるのだった。
理由は様々だったが、「部屋が寒い」「会話が減った」「メールの返信に絵文字がない」といった、他人には到底はかりようのない彼女の基準によるものだった。
その感情の振れ幅は次第に大きくなり、部屋中のものを投げつけたり、家具を壊す、押さえつけなければならないほどに暴れる、果ては自傷行為にまで及んだ。 夫・仁志は当初知識もなかったため、とにかく抱きすくめて妻の感情が静まるのを待つほかなかったが、妻が「パニック障害」を持っていることを打ち明ける。そこで初めて、妻の病を知ることとなったのだ。

しかし、妻が抱えていたものは、「パニック障害」だけではなかった。

プライバシーポリシー

スポンサードリンク

〇サイトでの広告掲載について

このサイトは、Googleアドセンス、アマゾンアソシエイト、各種ASPにて広告の配信を行っています。

広告配信事業者は、各ユーザーに合わせた広告配信を行うため、本サイトや他サイトへのアクセス情報(Cookie)を使用する場合があります。
※Cookieに氏名や住所、メールアドレス、電話番号等は含まれません。

Googleアドセンスにて、このような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法は、こちらをご参考下さい。

〇サイトのアクセス解析ツールについて

このサイトは、Googleアナリティクスでアクセス解析を行っております。
Googleアナリティクスでは、Cookieを使用しデータ解析・収集を行いますが、匿名でのデータ収集となるため、個人を特定してはおりません。

またお使いのブラウザの設定でCookeを無効にすることで、データ収集を拒否することも可能です。
詳しくはこちらをご参考下さい。

〇サイトへのコメントについて

このサイトでは、スパムなどの対策やWordPressの標準機能として、コメントの際に使われたIPアドレスを記録する設定となっておりますが、スパム対策以外で、このIPアドレスを使用致しません。

全てのコメントはサイトの管理人が内容を確認し、承認した後掲載されます。予めご了承下さい。
次の場合は管理人の判断のもと通達なしに削除する場合があります。

・特定の人、または法人を誹謗し中傷しているもの
・わいせつな言葉、内容を含んだ内容のもの
・公序良俗に反する書き込み

〇当サイト記事中における個人名について

過去の事件などを取り扱っている性質上、氏名や住所などが不可欠である記事がほとんどです。
しかし、すでに被告であった人が出所している場合や、被害者に不利益が生じる可能性がある場合については、原則姓か名のうちいずれかを仮名とします。

事件の重大性や話題性において、多くの人がその実名を知っている場合、また、ネットや出版物において氏名が明かされているもの、誰でも容易に知りうることが出来るものについては、その限りではありません。
現場住所についても、同様とします。

当事者が死亡している場合については、事件の内容によってその都度判断し、その旨記載します。
(たとえば、被害者や遺族が著書や講演会、記者会見などでメディアに実名で登場している場合や、氏名の公開を望んでいる場合などはそれにならいます)
少年犯罪(現在すでに成人していても)については、法律にのっとりいかなるケースでもこのサイトでは実名は記載いたしません。

はじめに。

思えば子供のころから事件モノが好きだった。

刑事ドラマや怖い映画も好きだったし、新聞の事件欄に目を通すのは日課だった。
私は一九七〇年代の生まれだが、昭和末期のその頃というのは、校内暴力の嵐が吹き荒れ、子どもが親を金属バットで殴り殺すとか、受験を苦に自殺するとか、とにかく未成年が荒れに荒れていたと記憶している。
幸い、私自身はせいぜい先輩に呼び出される程度のことで、大きなトラブルに巻き込まれるといったことはなかった。親も健在だ。
昔の事件は陰惨さが際立つものが多かった…

新聞報道でも、今のように「容疑者」扱いなどはなく、名前は呼び捨て、加害者は顔写真入りで新聞に掲載されるのが当たり前。事件現場どころか、被害者加害者の細かい住所まで新聞には掲載されていた。
ワイドショーは今のような生ぬるさはなく、被害者の葬儀に突撃は当たり前、加害者の親を捕まえてマイクを突き付けるのも当たり前だった。
テレビが娯楽の頂点だったから、リポーターも強かった。
そのせいで辛く悲しい思いをする人も多かっただろうけれど、今よりも規制が甘かったから犯罪マニア(?)には貴重な情報源だったのも事実。

私も人生半ばを過ぎ、記憶に残る事件も少しずつ薄れ始めている。
そこで、自分のためにも過去の「個人的に忘れられない事件」をまとめてみようと思う。
ウィキペディア的なまとめではなく、あくまでも事実に基づいたワイドショー的、小説的まとめ。

事件の大きさはあまり関係なく、有名なものでも取り上げないこともあるし、多くの人は知らないようなマイナーな事件を取り上げることもある。

それでは事件備忘録、はじまりはじまり