🔓地獄列車~サンダーバード内強姦事件~

この記事はその性質上、完全有料となっています。
無断転載、クレジットなき引用、参照は固く禁止します

【目次】
平成18年12月21日午後10時半
午後11時20分
逮捕

サンダーバード内での事件
異常な男
半端もの
懲役18年
乗客
幼な妻

🔓小心者~三島市・短大生暴行焼殺事件②~

逮捕

警察では犯行現場から、「土地勘のある人間の犯行」とみて聞き込みに力を入れていた。
そんな中、不審者、夜間徘徊者リストに名前があった服部の、当夜の目撃情報に目を付けた。
事件後には三月と六月の二度、大規模な検問なども実施されていたが、この時に服部の事件関与は全く浮かんでいなかった。
というのも、服部は事件の直後にひき逃げ事件を起こしており、二月末に出頭して逮捕されていたのだ。

警察では住民らの協力の下、不審者リストを作り上げ、現場の地理に詳しいもの、住民目線で見て不審者、あるいは犯罪の臭いがする人物などを調べていった。
その一人一人のアリバイ、素行調査、証拠資料との照合などを地道に行う日々が続く中、不審者リストにある服部のDNAと、現場に残されたDNAが一致したのだ。
もし、住民らの協力がなかったら、おそらく服部は重要人物とみなされなかった。しかも本人は別の事件ではあるものの、自ら出頭して罪を認め、実刑判決を受けていたのだから。

DNAというゆるぎない証拠があったものの、当初服部は全面否認だった。
「コンビニでナンパしたが、家に帰した」
服部の当初の供述はこうだった。
警察も、DNAが現場にあったということから、佐知子さんと最後に接触した人物の可能性が強い、ということは言えても、殺人を犯した張本人とは言い切れなかった。
とりあえず逮捕監禁と強盗の罪で逮捕したものの、本人の口から供述を得られたのは逮捕から一週間後、佐知子さんの自転車を遺棄した場所を自白し、その後殺害を認めることとなった。

【有料部分 目次】
無期は嫌
死刑になると思ってなかった弁護人
ふてぶてしさの反面
小心者

あなたと、地獄の果てまでも~大和市・連続主婦強盗殺害事件~

令和元年八月二日

この日、元号が変わって最初の死刑が執行された。
ただ、先だってのオウム教団の死刑執行とは打って変わって、その元死刑囚らの事件にはピンと来ないという人が多かった。
一人は、福岡で三人の女性を次々と強姦したり強盗して殺害した鈴木泰徳元死刑囚(事件当時三五歳/執行時五〇歳)。
そしてもう一人は、神奈川県大和市において、短期間の間に2人の主婦を殺害して金品を奪い、また、別の女性に対しても強姦と強盗の罪に問われていた庄子幸一元死刑囚(事件当時四六歳/執行時六七歳)である。
この、庄子幸一元死刑囚の事件では、一緒に逮捕されて無期懲役となった女の存在があった。
そして、庄子に殺害された被害者の主婦らは、この女の知人であった。

平成一三年八月二八日

(注:こちらの事件については、被害者の名字は伏せ、かつ、加害者と被害者以外の人名は仮名とする。なお、この記事をまとめるにあたって、折原臨也氏に多大なるご協力をいただいたことをここに記します。)

大和市下鶴間、コートつきみ野。

「ただいま」
その日、仕事から帰宅した夫は、家に入ったところで異様な雰囲気を感じた。
いつも家にいるはずの、妻・弘子さん(当時五四歳)の声がない。夕食の準備をした形跡もなく、家の中もどこか様子がおかしい。
胸騒ぎをおさえられない夫が次に目にしたのは、首に何かが巻かれ、全裸状態で腹部に深々と包丁を突き立てたまま息絶えていた弘子さんの無残な姿だった。

現場の状況から殺人事件と断定、捜査の過程で自宅から現金二三万円、キャッシュカードの入った弘子さん愛用のリュックサックがなくなっていること、そして、その日の夕方四時ころ、横浜駅前にある東京三菱銀行のATMから弘子さんの預貯金四〇万九〇〇〇円が二回にわたって引き出されていることが判明した。

夫はその日いつも通りに朝七時四五分頃に家を出た。そして、これもいつも通り夕方の五時五〇分頃に帰宅したという。
自宅マンションの六畳間で変わり果てた姿となった妻を見つけた際、腹部の包丁を思わず抜いてしまった。
司法解剖の結果、夫が帰宅した時点ですでに死亡して三時間以上が経過していたこともわかり、正午から午後三時の間で殺害されたとした。
致命傷は首を絞められたことと腹部を刺されたことの、その両方と断定。首を絞めて間髪入れずに腹部も刺されていた。

家の中は特に荒らされた形跡はなく、単なる物取りというよりは顔見知り、宏子さんに恨みを持つ者の犯行として警察は交友関係を洗った。

そして、犯行時刻にこのマンションに出入りする二人の男女の姿が浮かび上がっていた。

平成一三年九月一九日

大和市鶴間、クリオ弐番館。

その日、学校から帰宅した長女(一一歳)と長男(一〇歳)は、いつもならかかっている玄関の鍵が開いていることが気になった。
専業主婦の母親は、いつも帰宅したときには在宅していた。しかし今日は、声をかけても母親の姿は見当たらない。
ふと、浴室を覗いたふたりは凍り付いた。
そこには、粘着テープをグルグルと顔面にまかれた母親らしき人が、水が張られた浴槽の中で倒れていたからだ。

被害者は、この家の主婦・文子さん(当時四二歳)で、同じマンションに暮らす義父母の病院通いの世話などを日課にしていたという。
しかしその日は、朝一〇時ころに義母を病院へ送った後、一一時半ころに迎えに来るはずがなぜか来ていなかった。

長女らが帰宅したのは午後二時二五分頃。
司法解剖の結果、一九日の午前一〇時以降、一一時二〇分ころまでには殺害されていた可能性が高いことが分かった。

そして、文子さんは浴槽内に沈められてはいたものの、死因は窒息死。溺死ではなかった。
さらに、その腹部には包丁が差し込まれており、二〇日前に起った同じ大和市内の弘子さんの事件とその手口が酷似していた。

指名手配から逮捕へ

神奈川県警大和署は、弘子さんに対する強盗殺人の容疑で、防犯カメラに写っていた男女二人の逮捕状を取った。
この二人の男女は、銀行のATMに設置されている防犯カメラにもその姿が映っていた。
平成一三年九月二五日。大和署はいずれも住所不定の庄子幸一(当時四六歳)と、無職の女(当時三八歳)を全国に指名手配した。

警察にはこの時点で弘子さんの事件と文子さんの事件にはつながりがあると考えていた。
というのも、そもそも二つのマンションは同一市内の二キロ程度しか離れておらず、さらに、指名手配の女は文子さんのマンションに昨年の一一月まで居住していた事実があったのだ。

女は山本章代(ふみよ)。
文子さんが暮らしていた大和市鶴間のクリオ弐番館の一〇八室に、夫と子供と暮らしていたのだ。
章代の子どもは当時中学生になっていたが、文子さんの子どもとほぼ同世代であった。
そのため、子供を通じて何らかの接点があったことは疑いようがなく、章代と文子さんも顔見知りかそれ以上の関係であると予想していた。

一方で弘子さんとの関係は、事件の一~二年前に章代が会員であった物品販売会社の大和支部長を弘子さんが務めていたことから始まっていた。

直接的な関係ではなかったが、その物品販売会社はいわゆるマルチ商法のような会社で、平成八年には破綻、当時の会長が逮捕されるなどした。
章代はその清算の過程で弘子さんと知り合っていた。会社が破綻しても弘子さんと章代の付き合いは続いており、体が不自由だった弘子さんの手伝いなどをする間柄だったという。

被害女性らはいずれも当初は章代の知人であり、庄子とは直接的な関係はなかった。

大和署特捜本部は、市民からの情報提供を求めて二万枚のビラを作成した。
特に庄子には、警視庁、群馬県警などからも無銭宿泊などで指名手配がかかっていたため、総力を挙げての捜索となった。

またその頃、文子さんの自宅にあったテーブルから、庄子の指紋も検出されていた。これで、文子さん殺害にも庄子と章代が関わっている可能性が極めて高くなっていた。

九月二十六日。
小田急線伊勢原駅構内において、県警の捜査員が二人の男女を取り囲んだ。
黒いチューリップハットをかぶった女は、最初ひとりで駅構内をうろついていたが、そこへ同じような色違いのチューリップハットをかぶった男も現れた。
張り込んでいた捜査員らは、「庄子だな」と声をかける。男は一瞬ハッとしたかに見えたが、すぐさま女に「逃げろ!」と叫んだという。
驚いた女が踵を返したが、捜査員らに阻まれその場にひっくり返った。
公開捜査から二九時間。実は県警には市民からの目撃情報が相次いで寄せられていたのだ。

横浜市瀬谷区の相鉄線瀬谷駅周辺の目撃情報は特に多かった。
そこで特捜本部は、相鉄線と、そこにつながる小田急線の主要な駅に捜査員六〇名を配置して庄子と章代が現れるのを待つ作戦に出たのだ。
そこへ、章代がひょっこり現れたことで逮捕となった。

二人の所持金は逮捕時合わせても二〇〇〇円程度だった。リュックを背負った庄子は髪を短く整え、章代はグレーのシャツにジーンズ、化粧品などが入れられた紙袋を所持していた。

逃走資金を得るために強盗殺人をやらかすかもしれないと危惧していた警察だったが、所持金が二〇〇〇円だったことを知り、もう少し逮捕が遅れれば再び犠牲者が出ていた可能性もあり、市民の協力と結果として当たった「作戦」に胸をなでおろした。

一〇月一七日に弘子さんへの殺人と強盗の容疑で起訴された二人は、文子さん宅から出た庄子の指紋などについても追及され、一〇月一八日、文子さんに対する強盗殺人などの容疑で再逮捕された。

警察では当初、住所不定で職もない二人が、事件より前から北関東一帯を転々とする生活を送りながら、金がなくなると窃盗、無銭宿泊などを繰り返していたこと、さらには庄子に対するいくつもの余罪が判明していたことから、逃走資金や生活費を得るためにこの強盗殺人を働いたとみていた。

しかし、裁判では事件が起こった背景に加え、庄子の異常な性癖やふたりの歪な関係性が次々と明らかにされていった。

🔓あなたと、地獄の果てまでも~大和市・連続主婦強盗殺害事件②~

庄子のそれまで

庄子幸一は昭和二九年一〇月に生まれ、両親と弟と四人で川崎市を中心に生活してきた。
父親は感情の起伏が激しく、家族は父親の顔色をうかがいながらの緊張した中で生活し、庄子も時に暴力を振るわれるなどして育った。中学二年の時に両親は離婚。母親に引き取られたものの、中途半端な時期の転校となったこともあり、中学へはほとんど通わなかった。この頃は附田(つくだ)姓であった。
中学を卒業した後、電気店などに就職はしたものの長くは続かず、怠惰な日々を送っていた。そんな中、庄子は次第に犯罪に手を染め始める。

最初は窃盗だった。しかし犯罪行為はエスカレートの一途をたどり、放火事件を起こして中等少年院へ。退院後も素行が改まることはなく、昭和五〇年に懲役五年の実刑を受ける。
その後、三年足らずで仮釈放となったものの、住居侵入、窃盗、強盗、強姦などの重罪を積み重ね、仮出所から一年もたたない昭和五三年一一月、懲役八年の実刑となった。
昭和六一年の暮れ、出所した庄子は母親のもとに身を寄せた。その際、離婚した父親が「庄子」の姓を継がせたいと希望していたことなどから庄子幸一に戻った。

昭和六二年の秋、母親とその内縁の夫、そしてその二人の間にできていた子供と埼玉県春日部市に引っ越し、きちんとした会社に一旦は就職した。
しかし半年で辞め、またもや以前のような無為徒食の日々を送るようになる。その後、母親らが川崎市へ戻ってからはひとり春日部市内に残ったものの、出所後間もなくから犯した罪(強盗強姦未遂、窃盗、強盗致傷など)で逮捕され、懲役九年の判決を受けた。
次に出所したのは平成一〇年七月のことである。

このように、庄子の人生は、少年院なども含めるとこの時点で人生の多くの時間を塀の中で暮らしていたことになる。
殺人こそ犯していないとはいえ、同じような犯罪を何度も繰り返すあたり、刑罰をもってしても矯正、更生には程遠いと言わざるを得ない男だった。

平成一〇年に出所した後は、東京都内で経理関係の仕事に就きはしたがここもすぐ辞め、当時横浜市瀬谷区に住んでいた母親の近くに住居を構えていた。
時折、近隣の県へ働きに行くなどしたともいうが、横浜市瀬谷区内のアパートを母親に借りさせ、生活費なども頼りながら怠惰なその日ぐらしが主であった。

そして平成一二年四月、大和市鶴間のスナックに行った際、ホステスをしていた章代と出会うこととなる

【有料部分 目次】
章代のそれまで
「藤原孝」
逃避行
保土谷の祈祷師
東京事件
5つの扉と、仇(あだ)なすもの
共同作業
摩訶不思議な供述
フミのことだけ
死刑台手前の告白と、異常性欲
章代という女
別れの時